さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

リターンマッチ4

たくさんのコメント本当にありがとうございます

めっちゃ嬉しいです!!

意見いただいてんですが、とりあえず今回はグラビアアイドル同士の対決にすると最初に言ってたと思うので、その対決を書こうと思います

上戸彩vs加藤あい

堀北まきvs宮崎葵

なども気になったのですが、これはまた今度にさせてください申し訳ありません。ただ、女優同士でリアルで不仲立ったり、喧嘩があったと噂されるというのは、非情に興奮します

そういう背景も考えながら、またいつか書きたいと思うのでそのときはお願いします

グラドル対決なんですが、対戦者はまだ考え中です

ただ、同体格・同年代でできれば巨乳にしたいと思います
年代は若くなくてもかまいませんが、30台前半までにしたいと思います

優柔不断ですみません

そのかわり、いいファイトを描きたいと思うのでよろしくお願いします



あと、僕の技量ではコメントでリクエストいただいたファイトを全て反映させることはできません。申し訳ありません。
リクエストに答えられなかった方でも満足できるような戦いにしたいと思います

これからもよろしくお願いします

とりあえずは、リターンマッチを書きます

それれではどうぞ


カナ「あなたなんかに負けませんわ!!!」

マヤ「はあっ!!はああああああ!!!くふうううううううう!!!!」

カナは長い足をマヤの腰に巻きつけ、締め上げた。自身の両足を絡ませることでしっかり密着させる。

カナ「はぁはぁはぁはぁ!!苦しそうでですわねぇ・・・!!いい表情ですわ」

マヤは思わずカナの胸から手を離してしまった。足を引き離そうとするが、なかなか引き離すことができない。

カナ「ふんんんんんんんんん!!!!」

マヤ「ぐえええええええええええ・・・・・・・ぇぇぇぇぇぇぇ・・・・・・・」

苦しさのあまり、マヤは口を開け舌が口から出る。息が詰まるように苦しい・・・真っ赤な顔はその苦しさを物語っている。
そしてさらにはカナはマヤの手を掴み、締め付けを邪魔させない・・・
マヤに自身のむっちりしたふとももを堪能させる

マヤ「ああっ!!あああ!!ああぁ!!!」

頭を後にのけ反ってしまうマヤ・・・

カナ「まあ・・・・・・逝きそうな顔しちゃって、恥ずかしい!」

みちいいいいいいいいいいい!!!

締め付け攻撃に苦しむマヤ・・・しかしマヤはそのまま痛みに耐えて、体を前に乗り出した。
手はカナに握られていて、思うように動かない。

マヤ(でも、胸を擦り付けるくらいは・・・!!!)

マヤは腰に足を巻きつけられながらも、カナの顔に胸を押し当てた。体重だけでカナの顔を圧迫する・・・これが見事にカナの呼吸を奪った。

カナ「はむううううううううう・・・・・・!!!」

マヤ「ひぎぃ!!!こ・・・こんなものぉ・・・・・・!!!私の乳をくらえぇぇぇ!!!」

ブレストスムーザーvs絞めつけ

どちらもじわじわといたぶる技。苦しむ両者・・・しかしどちらも引かない
だがマヤは直接、カナの呼吸を圧迫している。

カナ「ふぐうううううううう!!!!ふんむうううううううう!!!!」

息ができない。カナは絞めつけ攻撃でマヤに攻撃されないため、マヤの手を握っていたがその手を放しマヤの胸を押し上げようとした・・・・・・

マヤ「はぁはぁはぁ!!!!喰らいなさい!!この程度の胸で耐えられるかしら!!!!」

カナの動きを読んでいたかのように、マヤは開いた手でカナの乳首をはさんだ

カナ「ぎゃああああああああああああ!!!!!!!だめえええええええええ!!!!」

プチ!
そんな音が聞こえるかのような、力の入れ方・・・
カナの乳首に激痛が走り、思わず攻撃の手が緩まる。

カナ「は・・・・・・はううううぅ!!!!」
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2011/04/14(木) 01:27:01|
  2.   事故からのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リターンマッチ5 | ホーム | リターンマッチ3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/97-71d4fe10

| ホーム |