さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

事故からのキャットファイト ~真の女王はどっち?~ 4

そろそろ終盤かな・・・

アップします。


マヤ「あああ!!もう!!!本気で潰すわよ!!!」

カナ「その前にボロボロにして差し上げますわ!!!」

マヤ「生意気なのよ!!!このおおおおおおお!!!」

カナ「ふんんんんんんんん!!!」

マヤとカナはお互いの胸周りに腕を伸ばした。そのままきつく相手の胸を圧迫する・・・
ゴロゴロ・・・・・・
そして、砂場を転がりあう2人・・・
餅のように重なり、潰れる2人の胸は汗でぐちょぐちょになり、相手の巨乳を攻撃しあう

マヤ「うううううぅ・・・げふっ!ごふっ!」

カナ「ぐええええええええぇ・・・・・・あええええぇ・・・」

本気の締め付けあいに、ついに2人とも我慢できず声を漏らし始めた・・・
それでも相手の胸を潰すためなら、絞めつけをやめない
しかし体力は確かに奪われていった・・・

相手を抱きしめたまま転がっているが、ついに上下交替のペースが遅くなる・・・
下のほうが苦しいのだ・・・

マヤが上になった。

カナ「ぐうううううううええええ!!!ああぐ!!あぐううううう!!あぐ!」

マヤ「はぁ!はぁ!どう?苦しい!?苦しいでしょう!?もっと・・・もっと潰してあげるんだから!」

カナ「っぐっふうううううう!!!!あぐうううう!!まけ・・・・・・ぐえええぇう・・・まけません・・・!!!」

マヤ「感謝しなさい!!私の!生乳に!じきじきに潰されるんだから!!あんたみたいな、貧乳が私に潰してもらえるのよ!!!」

カナ「あがあああああ・・・・・・はぁはぁはぁ!!はぁ!はぁ!ふんんんんんん!!!」

カナが体勢を入れ替え、マヤの上になる。

マヤ「ひぎいいいいいいいいいいいい!!ひぎっ!!はぐう!はっぐううう!!!」

さっきまで圧倒していた巨乳が、今度は逆に潰される。カナの強力なバストプレスがマヤを襲う・・・

カナ「はぁはぁ!!勘違いしないでいただける!!?潰すのは!!この私なの!!!」

マヤ「ひふいふふぐううう!!!ああああああぐ!!!ああああ!!!!!」

カナ「ほらほら!もっと!もっといい声でお泣きなさい!!」

マヤ「はひいいい!!ひぎいいいいいぃい!!うぎいぃ!!」

そしてまた、マヤが上になる・・・
上になったほうが相手の胸を潰す。

また、体勢が入れ替わる・・・
今度はカナが上になった。

マヤ「うえええええええぇ・・・」

カナ「ぐえええええぇ・・・・・・」

下になったほうは、相手のバストプレスにより苦しみの声を漏らす。
何回も上になり、下になり転がりまわったあと、2人は横になったまま動かなくなった。
しかしその状態でも相手を締め付けるのはやめない・・・
相手の上に乗ることができない・・・
じれったい・・・
もっと・・・もっと潰したいのに・・・

マヤ「はぁはぁはぁ!!うんんんんんんんん!!」

カナ「はぁ!はぁ!くううううううううううううう!!!」

ひっくり返して、相手の上になろうとするが、力が足りない・・・
それは相手を潰したい執念がいかに大きくてもどうしようもなかった。

しかし、カナは最初に動いた。
この硬直状態を利用して、カナはバランスを保ち立ち上がろうとする。
マヤもそれを感じて、立ち上がろうとした。
立ち上がられたら、そのまま倒れこまれて上をとられる・・・

2人は相手を押し倒そうと立ち上がった・・・
しかしそれはほぼ同時。
すぐには押し倒せない。

マヤ・カナ「ふんんんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!」

2人は胸を押し付けあって、相手を弾き返そうとした。
弾力・・・そして大きい胸を持つほうが勝つ・・・

これが全くの互角・・・
ぶつかり合った乳は横に潰れ、体からはみ出る。

そしてついに2人はバランスを崩した。
相手をしっかり抱きしめたまま、真横に倒れる・・・

どしん!

マヤ「ああん!!」

カナ「ひいぃ!」

2人は同体で地面に落ちた。この瞬間2人は相手の絞めつけを解いてしまった。
ぶつかったときに頭を打ってしまったからだ・・・
くらくらする・・・

マヤ「はぁ・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・」

カナ「はあ・・・・・・はぁ・・・・・・・」

仰向けで倒れたまま動けない。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2010/12/26(日) 13:13:05|
  2.   事故からのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

事故からのキャットファイト ~真の女王はどっち?~ 5 | ホーム | 事故からのキャットファイト ~真の女王はどっち?~ 3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/80-65312387

| ホーム |