さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

決着

メグミはまだ私の乳を潰してくる・・・

メグミ「はぁはぁはぁ・・・潰れなさい・・・・・・二度と戦う気も・・・はぁはぁはぁ・・・起きないくらいにね・・・・・・」

マキ「あああ・・・・・・・・ああ・・・・・・んああ・・・・・・」

もう・・・叫びすぎて・・・・・・声が・・・声が出ない
痛い・・・・・・そして悔しい・・・・・・



涙が止まらない・・・・・・

悔しいよぉ・・・・・・


立ち上がろうにも・・・

体が言うことをきかない・・・

何より胸が痛くて、痛くて・・・それどころじゃないよ・・・


メグミ「はぁはぁはぁ・・・・・・おちなさい・・・・・・はぁはぁ・・・」

ブレストスムーザー。メグミは私の顔に自分の胸を押し付けて窒息を狙ってきた・・・
やられた相手は相手の胸の中で落ちるという、屈辱の技・・・

マキ「んん・・・・・・んんんん・・・!!」

なんとか顔を横にずらし耐え続ける・・・

メグミ「はぁはぁ・・・はやく・・・・・・おちなさいよお・・・・・・」

いや・・・

負けたくない・・・ 負けたくない・・・・・・

メグミ「私の・・・・・・はぁはぁ・・・かちよ・・・・・・」

むぐうううううううううう・・・・・・
私の口の中に、何か柔らかいものが押し込まれた・・・

マキ「むぐううううううううう!!!!!んんんん!!んんんんん!!!!」

それはメグミの巨乳・・・・・・

メグミ「ああん!はあああん・・・どうよ・・・私のおっぱいで窒息する気分は・・・・・・」

くうううううう・・・・・・

このおんな・・・・・・・・・・・ どこまで私を・・・・・・・・・

マキ「んんんんんんん!!!!」

もう・・・・・・呼吸が・・・・・・続かない・・・・・・

鼻もメグミの片方の胸で防がれてる・・・

メグミ「ふん・・・・・・わたしの・・・・・・かちのようね・・・・・・」

もう・・・・・・だめ・・・・・・

涙が・・・止まらない・・・・・・

メグミ「はぁはぁはぁ・・・ふ・・・・・・あんたの胸より・・・私の胸のほうが・・・・・・強いってことね・・・・・」

いやああああああ

負けたくないよ・・・・・・・

負けたくないのに・・・・・・

この女には・・・負けたくないのに・・・・・・

動けない・・・・・・



こんなやつの・・・・・・ 胸に・・・・・・
呼吸が奪われるなんて・・・・・・

こんなやつにぃ・・・・・・わたしがぁ・・・・・・




気がついたときには

メグミはもういなかった。

私は始めての敗北を味わった

スポンサーサイト


    web拍手 by FC2
  1. 2010/03/27(土) 00:06:32|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おさらい | ホーム | 続き その4

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/8-419f4980

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。