さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

事故からのキャットファイト ~真の女王はどっち?~ 3

クリスマスなんかどうでもいいし!

アップします。


しかしその体勢は、圧倒的にカナが優勢だった・・・

カナ「ほら!ほら!!ほら!!!どうですか!?あなたの胸・・・苦しそうですわよ!!!」

マヤ「はあ!はあ!そんなこと・・・!!!」

鉄棒にしっかりとマヤの体を固定し、ぐいぐいと締め付けるカナ。

カナ「ひれ伏しなさい!!!はぁはぁはぁ・・・」

マヤも不利な体勢ではあるが、必死に抵抗する。苦しいのを承知で胸を突き出し、カナの巨乳のプレスに対抗する。

カナ「ぐうぅ・・・生意気です!!!」

マヤ「くううううう・・・まけないぃぃぃぃ!!!」

お互いの巨乳を自身の巨乳で押しやりながら、相手を睨み付ける。相手への敵意を爆発させる2人・・・当然胸はぶつかっているが、額同士もぶつかる。

カナ「はぁはぁはぁはぁ・・・いい加減に・・・大人しく・・・潰されなさいよ・・・!!」

マヤ「はぁはぁはぁはぁ!んんんんんんんんんんんんんんん!!!!」

カナ「往生際が・・・!!悪いですわ・・・・・・!!!」

マヤ「あんたみたいなおんなに・・・はあ!はあ!負けられないのよ!!私の胸が最強なのよ!!!!」

カナ「あああああああああああん!!!」

この瞬間・・・締め付けに体力を使いすぎたカナは、手を放してしまった。何より、マヤがずっと巨乳を突き出して、カナに休ませなかったからだ・・・
鉄棒を利用した固め技から脱出したマヤ

マヤは胸を突き出していたため、そのままカナと一緒に倒れこむ。

どしーーーん!!!
背中から倒れこむカナ。
そしてその上から一緒に倒れこむマヤ。
その勢いを利用して、一気に巨乳を押し付けるマヤ・・・

カナ「あああぐ!はぐううぅ!!」

カナは転んだときに下になったダメージと、その巨乳がゆがむことによる苦しみに襲われた。その隙に上半身を思い切り密着させ、体重を乗せてカナの胸を潰しにかかる・・・

マヤ「んあっ!んはっ!潰れろおぉぉぉぉぉ!!」

カナ「んんんんん・・・・・・はぁあぁぁ・・・あぐうううう!!」

苦しむカナ・・・頭を打ったせいでクラクラする。

マヤ「んんんんんんんんんんんんんんん!!!!」

カナ「ぐええええええええええええ・・・・・・っぇぇぇ・・・」

マヤは抱きしめて、巨乳を圧迫させる・・・

マヤ「んんんんんんんんん・・・・・・足りないわ!!!」

マヤは潰したりなかった・・・自分をあれほど苦しめたこの女が憎くてしょうがなかった。

マヤ「邪魔よ!!こんなもの!」

マヤはカナの上着を引っ張って脱がせ・・・そしてシャツの胸元を掴んで、思い切り横に開けた。
ぼいーーーーーん!
カナの巨大な・・・それでいて整った胸があらわになった。

それを見て一気に頭に血が上った、カナ

カナ「きゃああああああ!!!何するのよ!!!」

ビリビリビリ!
どーーーーーーーーん!

カナの胸とどちらが大きいかわからない・・・まざに一歩も引かない胸が現れた。

マヤ「はぁ!はぁ!やめなさいよぉ!!」

マヤは現れたカナの胸の大きさに驚きながら、その胸を覆っているブラジャーを掴んだ。

一方、カナもマヤの胸のボリュームに焦りながらも、そのブラジャーを掴む。そして2人は同時にブラジャーを引き剥がし始めた。

マヤ「こんのおおおおおおおおお!!!!」

カナ「邪魔ですわあああ!!!!」

ぶち!ぶちん!
マヤとカナの生乳があらわになった。
改めて、生で見たときの大きさで、相手の胸が気に入らなかった。

マヤ「はん!下品で汚い胸ね!なにそれ!?」

カナ「そんな貧相な胸で偉そうにしないでくださる?自分の立場をわきまえなさい」

相手の胸をけなす・・・あくまで真の巨乳は自分だけ・・・
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2010/12/25(土) 21:22:16|
  2.   事故からのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

事故からのキャットファイト ~真の女王はどっち?~ 4 | ホーム | 掲示板

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/79-79a50e1e

| ホーム |