FC2ブログ

さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

母VS先生2 ~雌獣の檻~ Part11

いろいろの方にコメント返信できてなくてごめんなさい。

イラストはAyaさんという方に協力の上、描いていただいております。
みなさま、是非Ayaさんの描いたイラストへの感想もお願いいたします。

AyaさんURL→こちら


★★★
ゆずな視点

返さないと負ける……返さないと負ける……鉛のように重くなった私の体に、この淫乱主婦の体がのしかかってきた。こいつの心拍音が乳を通して伝わってくる生生しい感覚……
こいつの乳に乳が押されて、さらに下半身ではクリトリスがぐりぐりとえぐられる……この屈辱を跳ね返したい一心で、ブリッジをするようにこいつの体を持ち上げて、体を捻った。
でも、こいつも踏ん張っている。がっちり私の足に絡みついてきて、簡単には跳ね返せない。ずっと上から潰して責めてくる。

涙が止まらない……歯を食いしばるがこいつの体をなかなか返せない。でも、こいつの口から唾液が吐かれて顔にかかった。相当辛そうな顔をしているのが見え、泣きながらこちらを見返してくる。
押しつぶして勝つ。そう言ってるようだった。

人生で味わったどんな苦しみより、今が一番苦しい。相撲で決着がつく寸前のあの一番力を入れた感覚が、延々と続く感じだ。
こいつも精いっぱい踏ん張っている。同じ苦しみを味わっているはずだ。

下にいる私の踏ん張りが効かなくなって、何度も上からマットに押し潰された。崖を登り切った後、再度突き落とされるように辛い。
マットに叩きつけられる度に、負け汁のように愛液を噴き出してしまった。

ゆずな「ああああああああああ!!!!んんんん!!!!!はぁはぁ!!!ああああああん!!アアン!!!あああああああああん!!!!」

かおり「むだよおおおぉ!!!こんどこそ、わたしの勝ちなのよおおおお!!!はぁはぁはぁはぁ!!!ハァハァ!!!んおおおおお!!!お、おええええ……」

こいつも限界が近いことはわかる。それだけが負けられない理由……
こいつに耐えられる苦しみは、私も耐えられなければいけない。

足が釣るほど力を入れて、こいつの下半身をまた持ち上げる。

ゆずな「んんんんんんんんんんんんん!!!!!!かえすうううううううううぅぅぅ!!!!!!!!ふうううんんんんんんん!!!!!!!!」

かおり「おおっおおおおおおおおおお!!!!!!おまんこ使えなくしてやるううううううううううううう!!!!!!!」

パン!パン!パン!!!ここに来てハンマーのようにおまんこを殴られる。強い刺激が股間にかかる。もうおまんこが締まらない……耐えられない……でも、愛する主人が……見ている……あの方の前で、私は絶対……

ゆずな「ぎいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!んああああああああああああ!!!!!!!!」

クリトリスをぐちゃぐちゃと擦り付けられた。

かおり「わたしが……かつのよおおお!!!!」

足ががくがくに震えたが、私も下から突き飛ばすように腰を振り上げた。

叩きつけ合い。こいつと私のクリトリスがガッチリと組み合った。

神奈「のこったぁ!!!のこったぁ!!先生もママもがんばってええ!!!!」

こいつの体が耐えきれる快感の量を超えたのか、体がふらついた。その一瞬体が軽くなった時に、私は体を反転させる。
死に物狂いの抵抗の成果か……
地獄のような苦しみを抜け、私とこいつの体が入れ替わった。

かおり「ああああああああああああ!!!!!ああああああああああああああ!!!!!!なんでよおおおおおお!!?」

ゆずな「まけないって言ったでしょおおおおおおお!!!!!」

そして私は飛び上がるように、下半身を跳ね上げた。これ以上勢いがつけられないくらいの高さから、私はクリトリスをクリトリスにぶつけた。

ぐじゃり!!!!

こいつのおまんこから、愛液が噴き上がり、ピシャッとガラスの壁にかかった音がした。
ほら……こいつも限界でしょ……
負けちゃいけないのよ……

一気にこいつが射精した。快感を全身に受け、白目を剝いたこいつの顔に、私の爆乳を叩きつけ、がっちりと両腕でホールドした。母乳がこいつの顔と乳の間から、ぶしゃぶしゃと漏れ出る。

ゆずな「死―――――――――!!!!!!んーーーーーーーーーーーーーー!!!!!でええーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

この乳で屈服させてやる。今度こそ本当に殺してやる

★★★
かおり視点

こいつの乳の中で最悪の気分で目を覚ました。顔にこいつの汚い乳が、押し付けられている。肌色の肉の海が一面に広がり、私がおぼれる。水中にいると錯覚するくらい音も消えて、酸素なんて少しも吸えない。この上ない屈辱……主人にも私のみっともない姿は見えているでしょうね。どんな醜態をさらしても……絶対……

ぶじゅううううううううううううう!!!!!!

ゆずな「うふふ……おっぱいおいしいです!?ほらあああああ!!!」

こいつにだけは負けることは許されないわ……
がりいいいい!!!ぎちいいいいいい!!!

乳房に噛みつき、肉を引っかかれる音がする。私がやっていることも他人事のように感じるような意識の中、必死にできることをやった。

だが、少々乳が傷ついたくらいでは、もう開放しないだろう。もう今更そんな次元の決闘ではない。

母乳は死ぬほど飲まされ、何十キロにも感じる肉のプレスを私は浴びた。カエルのように開いた私のお股から、苦しみの尿が止まらない。体が負けを認めてるみたいじゃない……
私が今まで潰してきた女もこんな状態だったのね。

体に力が入っていない部分がない。こいつも私も。まるで倒れても終わらない相撲を取り続けるように、お互いが死ぬ気で体をぶつけあっている。ただし、今度は私が下だ。

かおり「んあああ!!んぶうう!!んぶうう!んんぶうううう!!!ぐぶうううう!!!ごぶううう!!ぐぶうぶうう!!!」

ゆずな「いぎいいいいいい!!!!溺れなさいよおおおおおお!!!!!!さっさとねええええええ!!ふふ……相手の母乳が死因って無様ですわねぇ」

s19.png


ころす……ころす……ころす……何があっても潰し返す……あの人の前でこの女に勝つのよ。

かおり「んごぼおおおおお!!!!ンブブブブ!!!!ブブッ!!!ぐぶうううう!!!!」

こいつの乳を両側から拳でぐりぐりと殴り潰した。ぶじゃぶじゃ……ギチギチ……

かおり「んぶぐううううううう!!!まげるがあぁぁああああ゛!!!!」

おええええええ!!!吐きそう……母乳が気持ち悪いくらい流れて、顔や口に入ってくる。それと同時にこいつの叫び声が聞こえた。本気の乳房潰しよ……潰される痛みをこれ以上にないほど感じているはずよ。

ゆずな「はあああああああああああ!!!!!いだああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

かおり「んぐうううう!!あぶっ!!アッブ!!うぶ!んぶ……!ンンンンンンンン!!!」

ゆずな「はぁはぁ!!あぎいいいィィィ!!!……しんでよぉおお!!!」

ばこっ!
勢いよくこいつのパンチが、額に打ち付けられた。頭が割れそうな痛みが走ったが、それと同時に「パキッ」と何かが割れる音がした。

乳に埋もれた私の目の端に、青い何かが映った。

―――神奈にもらった「ヘアピン」だ

バキっと真ん中で割れて、2つになっている。
その瞬間、体が氷のように冷静になった。

t2.png
スポンサーサイト
[PR]

    web拍手 by FC2
  1. 2019/07/08(月) 00:50:12|
  2.  雌獣の檻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

母VS先生2 ~雌獣の檻~ Part12 | ホーム | 母VS先生2 ~雌獣の檻~ Part10

コメント

やっぱり互いの心境が出ているのはいい…
もうホントめまぐるしい攻防、感情のぶつけ合い。たまりません!
決着も近そうですね。二人の心情が出ているとどちらに勝って欲しいなどの感情をもたず(個人的に)二人の戦いに集中できて嬉しいです!
毎回破格のクオリティですね…続きも楽しみにしてます。
  1. 2019/07/08(月) 01:37:53 |
  2. URL |
  3. おから #- |
  4. 編集

更新お疲れ様です!!

さくら様、お忙しい中更新お疲れ様です!!
凄く気にしながら、また更新に出会えたことは嬉しく思います!!

本当に手に汗握る展開・・・やはりこのさくら様のそれぞれの人物像。
思いが分かりやすく、ツボに入るともう感情移入し過ぎて
溜まりません・・・

お願い・・・勝って・・・
  1. 2019/07/08(月) 03:57:32 |
  2. URL |
  3. 裏行戯 #mQop/nM. |
  4. 編集

毎回素晴らしい作品をありがとうございます!
そろそろ決着が着きそうで毎日サイトを訪問していました!
僭越ながら作品を書き終えたところで全Partをまとめた記事を出して貰えると大変嬉しく思います。ご検討お願いします!
  1. 2019/07/08(月) 08:42:02 |
  2. URL |
  3. 無名 #- |
  4. 編集

うおおお激しい戦い!
すごくドキドキします!次が早く読みたい。。。ですが、応援しています!
  1. 2019/07/08(月) 21:01:38 |
  2. URL |
  3. エルモ #Comedh.. |
  4. 編集

心情の描写が素晴らしいです。イラストを眺めながら読むと、臨場感が半端ないですね。
  1. 2019/07/08(月) 23:26:56 |
  2. URL |
  3. ヒロ #WGv/JGO2 |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/625-e2e0cf85

| ホーム |