さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

中学生対決

新しい小説をすこしずアップしていきたいと重います。

長い間放置してすみませんでした。


それは、どこにでもある普通の中学校だった。

 

そこには「あきな」と「ゆうか」という2人の美少女がいた。

彼女たちは、中学生ながら抜群のプロポーションと容姿を併せ持っていた。

そんな彼女たちは、お互いのことをあまり良く思っていなかった。

自分の方が女として上だと信じていたから。

しかし彼女たちはそんなことは思わせないように、互いに接していた。

 

彼女たちは同じクラスだったから・・・

 

あきなもゆうかも、相手を意識しているのを他の友達に知られたくなかった。

あくまで、自分の方が上だというプライドがあったからだ。

 

だが・・・

それも他人がいる間だけ・・・

 

それは体育の授業の終わり。バレーボールの授業の終わりだった。今回の授業のあと片付けに、あきなとゆうかが選ばれた。

 

2人は、いやいやながら一緒に今回の授業で使った道具を片付けた。

ボールや得点番を体育倉庫にしまう。

 

そう、2人だけで・・・

 

周りには誰もいない。

 

仲が良くない2人が片付けているため、片づけがはかどらない。

幸いこの授業のあとは、放課後のため遅くなってもかまわない。

しかし、その状況が2人を戦わせることになった・・・

 

がたーーーーーーーーん!

 

あきな・ゆうか「!?」

 

体育倉庫の扉が閉じられた。

 

あきな「ちょっと・・・・・・」

 

あきなは扉まで走っていった。

 

あきな「んんん・・・・・・」

 

開かない。内側からでは開けられないようになっているようだ・・・

 

ゆうか「開けてください!!」

 

ガンガンガン!

ゆうかも扉まで走ってきて、扉を叩いた。

 

しかし、扉が開くことはなかった。どうやら扉を閉めに来た先生はすぐに帰ってしまったらしい・・・

 

2人は密室の体育倉庫に閉じ込められてしまった。

顔を見合わせる2人・・・

 

あきな「ちょっと・・・ゆうかのせいで閉じ込められちゃったよ?」

 

ゆうか「なんで?わたしのせいじゃないでしょ?」

 

あきな「ゆうかの仕事が遅いからでしょ?」

 

あきなはゆうかに近づき、手を伸ばした。ゆうかもその手に反応して、掴み返す。

 

ゆうか「あきなが・・・手伝ってくれないからよ!」

 

2人は手四つに掴みあったまま、言い合う・・・

 

ゆうか「んんんん・・・・・・」

 

あきなはゆうかを壁に押し付ける・・・

 

あきな「人のせいにしないでよ!」

 

2人とも体育の授業のあとで、ブルマ着ている。そんな美女2人が11で戦う。

今まで、あきなのゆうかに対して抱いていた憎しみが現れる・・・

 

スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2010/11/14(日) 01:30:01|
  2.   中学生対決|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中学生対決 2 | ホーム | 拍手コメントのお返事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/57-62d58fef

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。