FC2ブログ

さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

僕たちの夏休み 8月31日 ①

アップいたします。
そろそろ闘いです


修吾「あのお姉ちゃんが相手じゃなかったの……?」

まるで神のように扱われた菜々美の裸体を見ながら、修吾は思わず言葉を漏らした。一度しか瑞樹にあったことはなかったが、あの強烈な印象は忘れるはずがない。何より、瑞樹は赤い髪をしていたが、今泣きながら息を吹き返した女は、茶色の髪をしている。

困惑している修吾をしり目に、女たちが何人も集まって菜々美の体を持ち上げた。本当に神輿のように運び、勝者の体を村全体に披露していく。
傷だらけでろくに体も動かせないが、菜々美は堂々と座っていた。

村中の人が集まっている中を、菜々美が通っていく……
ある人は泣いて感動し、ある人は喜びの声を上げた。
周囲を見渡すと偶然その時、

金髪の女「やば……今の試合……あうっ、私逝っちゃった……」

ショートボブの女「どっちか死ぬと思ったもん。ていうか、あゆみの方は死んだようなもんだし……」

修吾は前回、菜々美の闘いを見に来たときにいた2人を見つけた。菜々美たちの闘いに興奮しすぎて、うずくまって秘部を押さえている。

修吾「ねえ、お姉ちゃんたち、教えて!おねえちゃんはどうなったの?勝ったんだよね?」

2人とも修吾と目を合わせた。一瞬きょとんとしたが、片方の女が口を開いた。

ショートボブの女「あ、菜々美のところで預かってる子じゃない?かわいー」

金髪の女「ほんとだ。でも、あんまりこの村のことは聞かされてないんじゃない」

よく見るとこの2人も、菜々美に負けず劣らずの美女だった。この村の血はそうあるのであろうか。だがそのことには気を留めず、修吾は聞き続けた。

修吾「ねえ、雌豹の儀に菜々美お姉ちゃんは優勝したんでしょ!?勝ったんだよね?」

金髪の女「違うよ」

修吾の周りの時間が一瞬止まったように感じた。

ショートボブの女「菜々美が勝ったのは、雌豹の儀への代表を決める闘い。雌豹の儀はまだ始まってないよ」

金髪の女「菜々美はこの村の代表として、雌豹の儀に参加する。この島のもう1つの村の女とやり合って……その決闘ではどちらかが死ぬの」


———その後、修吾は全てを聞き出し、そして確認して回った。
この島には村が2つある。そしてその村は双方、女性の割合が以上に高い村であった。
はるか昔からこの2つの村はいがみ合い、土地や食料を奪い合うため住人同士の決闘は頻繁に行われていた。

しかし決闘の毎日が続き、人口の減少とその先にある村の消滅が危惧されることになったある年、ある掟が結ばれた。
年に1度、2つの村の10代の女にどちらかが死ぬまで続く決闘をさせ、それをもって村の勝利とする。
それが雌豹の儀である。

負けた村は勝った村へ土地と食料を与えなければならない。そして何より、1年間敗北の屈辱を味わいながら生きなければならない。菜々美の住む村では、その重要な闘いへの参加者を大規模なトーナメント戦で行っていた。

———

菜々美「別に修吾君に隠そうとしてたわけじゃないけどね、この村はそういうところなの。何があってもあっちの村の女に負けちゃダメ。死んでも嫌なの」

夜の風が吹いている。
真夏の夜は、これでも熱いくらいだった。
今、修吾は裸の菜々美と話している。

そして、菜々美とその母が抱き合った。

菜々美「お母さん、行ってくるね」

強く抱きしめて笑顔で離れた。

修吾「負けたらだめだよ、お姉ちゃん」

菜々美「私が負けるなんてないもんねーまた喧嘩する?」

そういうと、修吾の目線までかがんだ。

2e66f76feb9fbb9d01b0adaa058e733b_t.jpg


菜々美「ねえ、帰ってきたら結婚しようか?」

修吾「え?まだむりだよ、僕まだ、」

菜々美「なーんてね。冗談よ。じゃあ、時間になったから行くね」

菜々美は不安な表情は一切見せず、決闘の場所へと向かっていった。それが無理をしてなのか、絶対の自信があるからなのかは、みんなにはわからなかった。ともあれ、今夜文字通り命を懸けた闘いに、菜々美は身を投じることになる。

そしてこの掟のことをあらかじめ調べていた修吾は、後を追いかけた。

PAK24_morinonaka1227_TP_V.jpg

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    web拍手 by FC2
  1. 2018/03/25(日) 06:31:33|
  2.   僕たちの夏休み|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

僕たちの夏休み 8月31日 ② | ホーム | キャットファイト好きの集会所

コメント

どんな喧嘩になるか誰が勝つかどきどきします!
  1. 2018/03/25(日) 07:14:31 |
  2. URL |
  3. Jkllm #DlezomwI |
  4. 編集

今になって明らかになる真実を見た瞬間、胸がとても熱くなりました! 一方が死ぬまでの女と女の死闘とはあまりに好みです! 夏休みが終わる日にどんな結末が来るか知りたいです! 事実、レミーお姫様の時も、母が敗北の悲哀を早く亡くなった部分で本当に興奮したがこれはさらに期待されています! さらに、結婚という不吉なプラグ!とても楽しみです!
  1. 2018/03/25(日) 12:25:57 |
  2. URL |
  3. Logcf #OQ.koiZM |
  4. 編集

やはり今回も・・・

さくら様、ついに始まりますね!!
魅入らさせられました。
また相手が死ぬまで・・・本当に殺されたことは
さくら様の作品にはなかったけど本当に死ぬ内容では
と思わされるから今回もどうなるか
気になっています!!
  1. 2018/03/25(日) 18:07:45 |
  2. URL |
  3. 裏行戯 #mQop/nM. |
  4. 編集

こ、怖い...

とうとう始まるのですね...
ここまで来ると食人描写とか出てきそうで怖いです...

何はともあれ、続き待ってます!
  1. 2018/03/25(日) 18:49:22 |
  2. URL |
  3. ムミョ~ン #- |
  4. 編集

おお!
死ぬまでやるんですか!
死ぬまでという明確なゴールが提示されている以上、自分もそのリスクを背負うことを承知しているわけで
自分が死ぬかもしれない戦いに向かっていく菜々美の姿はカッコイイというか、こう…(下半身に)グッとくるものがあります
最高ですね!
ゾクゾクが止まらん!
続き期待してます
  1. 2018/03/25(日) 22:03:44 |
  2. URL |
  3. 時々喋ってた名無し #- |
  4. 編集

投稿ありがとうございます!最終決戦は夜にやるんですね!?各村で最強同士の二人の闘い…その展開と結末、楽しみにさせて頂きます!!
  1. 2018/03/25(日) 22:14:08 |
  2. URL |
  3. ポムポムンクルス #- |
  4. 編集

どきどきする。 今までの戦いが、実は本当に一方が死ぬまで繰り広げられる女と女の戦いに向けた準備だっただけということがあまりにもどきどきする。 果たしてこの村との向こうの村でどれほど多くの娘と女性たちがお互いを死んで殺して戦い、何の知らせもなく消えたかも緊張している。 勝利したが、全身が傷だけ可能性もあり、2人とも死亡して、戦いが起こったかも知れないし、自分の家族を奪った敵の家族と会って今度こそで家門や家門の決着を負ったかもしれない。 そのような妄想が頭の中に飛び交いながら、手に何か取れませんでした それだけ今回の作品は桜さんの作品で本当に殺人という話が出るかわからないて衝撃的だった。 本当に良い意味で。とても負担感を与えて話するのだろうが雨の日、二人の爆乳オモニイ神社でとことん戦うのを見た私としてはあまりにも期待される。 主人公の愛の七生氏が生き残るだろうか? なければ最終ボスが勝利して、むしろ胸痛い思い出で終わってしまうのか? 本当にどんな結末が出てもすべてに納得するほど、今まで話と反転は衝撃的だ。 勿論、いい意味で言葉だ。
  1. 2018/03/26(月) 03:27:08 |
  2. URL |
  3. JK #OQ.koiZM |
  4. 編集

Re: タイトルなし

Logさん、ありがとうございます。
よく読んでいただいてうれしいです。
続きが気になるところだと思いますが、ご期待くださいませ。

> 今になって明らかになる真実を見た瞬間、胸がとても熱くなりました! 一方が死ぬまでの女と女の死闘とはあまりに好みです! 夏休みが終わる日にどんな結末が来るか知りたいです! 事実、レミーお姫様の時も、母が敗北の悲哀を早く亡くなった部分で本当に興奮したがこれはさらに期待されています! さらに、結婚という不吉なプラグ!とても楽しみです!
  1. 2018/04/01(日) 15:44:00 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: やはり今回も・・・

裏行戯さん、コメントありがとうございます!
魅入ってくれてうれしいです。
ここからもっとドキドキする展開になると思うので、ご期待ください。

> さくら様、ついに始まりますね!!
> 魅入らさせられました。
> また相手が死ぬまで・・・本当に殺されたことは
> さくら様の作品にはなかったけど本当に死ぬ内容では
> と思わされるから今回もどうなるか
> 気になっています!!
  1. 2018/04/01(日) 15:45:16 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: こ、怖い...

ムミョ~ンさん、コメントありがとうございます!
そろそろですね。
どうなるか、続きをご期待ください!

> とうとう始まるのですね...
> ここまで来ると食人描写とか出てきそうで怖いです...
>
> 何はともあれ、続き待ってます!
  1. 2018/04/01(日) 15:46:23 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

時々喋ってた名無しさん、コメントありがとうございます。
菜々美は確かに勇ましいところはありますよね(笑)
もちろん相手も同等の覚悟があります。
そんな2人の全力の闘いが書ければと思います。

> おお!
> 死ぬまでやるんですか!
> 死ぬまでという明確なゴールが提示されている以上、自分もそのリスクを背負うことを承知しているわけで
> 自分が死ぬかもしれない戦いに向かっていく菜々美の姿はカッコイイというか、こう…(下半身に)グッとくるものがあります
> 最高ですね!
> ゾクゾクが止まらん!
> 続き期待してます
  1. 2018/04/01(日) 15:47:43 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

jkllmさん、コメントありがとうございます!
気になるところだと思います。
盛り上げていきますので、ご期待くださいませ。

> どんな喧嘩になるか誰が勝つかどきどきします!
  1. 2018/04/01(日) 15:49:06 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

ポムポムンクルスさん、コメントありがとうございます。
決戦は夜ですね。
決闘にふさわしいかと勝手に思っています(笑)
ご期待くださいませ。

> 投稿ありがとうございます!最終決戦は夜にやるんですね!?各村で最強同士の二人の闘い…その展開と結末、楽しみにさせて頂きます!!
  1. 2018/04/01(日) 15:50:11 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

JKさん、コメントありがとうございます。
いろいろと考えながら読んでいただいてうれしい限りです。
読んでいただいて、結構衝撃を受けてくれたことが伝わりました。

これからもっと盛り上げられるように努力いたします。
応援よろしくお願いいたします!

> どきどきする。 今までの戦いが、実は本当に一方が死ぬまで繰り広げられる女と女の戦いに向けた準備だっただけということがあまりにもどきどきする。 果たしてこの村との向こうの村でどれほど多くの娘と女性たちがお互いを死んで殺して戦い、何の知らせもなく消えたかも緊張している。 勝利したが、全身が傷だけ可能性もあり、2人とも死亡して、戦いが起こったかも知れないし、自分の家族を奪った敵の家族と会って今度こそで家門や家門の決着を負ったかもしれない。 そのような妄想が頭の中に飛び交いながら、手に何か取れませんでした それだけ今回の作品は桜さんの作品で本当に殺人という話が出るかわからないて衝撃的だった。 本当に良い意味で。とても負担感を与えて話するのだろうが雨の日、二人の爆乳オモニイ神社でとことん戦うのを見た私としてはあまりにも期待される。 主人公の愛の七生氏が生き残るだろうか? なければ最終ボスが勝利して、むしろ胸痛い思い出で終わってしまうのか? 本当にどんな結末が出てもすべてに納得するほど、今まで話と反転は衝撃的だ。 勿論、いい意味で言葉だ。
  1. 2018/04/01(日) 15:54:50 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/556-c4ef8694

| ホーム |