さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

僕たちの夏休み 2日目 その②

続きをアップいたします!


修吾は死闘を繰り広げる2人の光景を前に、一瞬体がこわばった。想像していたより、ずっと本気でおぞましい姿だった。あんなに泣いて、食べたものも吐き出しているのに、2人ともやめようとしていない。
本当に殺そうとしているように見えた。自分が殺される前に……

しかし、その2人の闘いを興味深く、緊張した面持ちで見守る村の人たちはいるものの、それを止めようとする者はいなかった。
すると、2人の知り合いの女子高生と思われる2人が、話している声が聞こえてきた。なんとその2人も口から少し血が流れていて、さらに顔や腕には青あざが見られた。おそらく同じように闘いを終えて、勝ったのと思われた。
柵に身を預ける形で、観戦している。1人はショートボブの女で、もう1人は金髪のロングの女だった

ショートボブの女「由美子の方が菜々美に乳勝負を挑んだらしいよ。あの娘最近、連続であの技で勝ってたから。あの乳で固められたら、さすがに菜々美だってきついよ」

金髪の女「それはお互い様だって。菜々美の爆乳も全く息ができないから」

ショートボブの女「さすが、この前窒息させられただけあるね」

金髪「うるさい。あんただって、フェイスシットで落ちたくせに」

ショートボブの女「仕方ないでしょ。あいつ強いんだから」

2人はお互いも、戦っている2人もよく知っているようだった。

金髪の女「でも見た感じ、同じくらい消耗してない?どっちも吐いてるし……あ、離れた」

ふと、修吾が菜々美と由美子と呼ばれた女の方を振り返ると、確かにお互いが相手の乳から顔を話していた。そのまま大の字で倒れ、嗚咽している。

金髪の女「うわ、顔もやば……菜々美も右目にいいパンチもらってるし、由美子も鼻血だらだらじゃん」

そして2人の休憩も束の間、目の恥で息をする相手をとらえるとまた2人は乳で相手の顔をとらえ、まさにそれで潰さんといわんばかりに抱きしめた。お互いの豊満な体が強い力で押し込まれ、小さくなっていく……

金髪の女「これをどんくらいやりあってんの?」

ショートボブの女「30分」

金髪の女「死ぬってそれ……」

女2人がそんな会話をしながら、2人の闘いをじっと見守った。その2人以外にも、子供の女の子も、大人の女性、少数だが大人の男も数人いた。だがやはり一番多いのは、高校生くらいの女たちだった。

由美子「げぼおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

菜々美「おぅええええええええ!!!!!!」

2人が口の前には乳があるにも関わらず、また吐いた。べちゃべちゃに体を汚し合う……
だが、そこから勝負は一気に加速した。

菜々美が全体重を両乳に預けるようにお尻を浮かせ、そこから時間が立つこと1分。由美子は海でおぼれて沈む人間のように、両足を地面にたたきつけるように暴れた。人が死ぬ間際の最後の抵抗のように……

ショートボブの女「もうでるね」

金髪の女「うん」

ちょろちょろちょろ……そう言ったが束の間、由美子のくっきり見えた股間から、尿が流れ始めた。勢いよく放尿するような感じではない。我慢に我慢を試みたが、苦しすぎて力が入らず、緩んだ膀胱からあふれるように流れ出ていた。

完全に抵抗がなくなったとき、菜々美がやっと由美子の上から離れた。ゲロが口周りについて、胸は相手のゲロで汚れていた。荒い呼吸を落ち着けることなく、由美子のほとんど動かない体にまた乳を押し付けた。しかし今度は一方的に……

今度の固め方は、絶対外れそうにないのが修吾にもわかった。腕は由美子の顔を引き付けるだけでなく、指も髪に絡めてある。おまけに由美子の足は、死んだカエルのように広げられて菜々美の足で絡み取られている。

最後の抵抗で、由美子は菜々美の髪の毛を引っ張って抵抗した。ぶちぶちという音が聞こえてくる……
しかしそんな抵抗では、何も変わらず、苦しみが死を覚悟するくらい大きくなった時、必死に菜々美の背中をタップした。
タップはした。
タップはしたが……

菜々美「『雌豹の儀』にタップなんてルールないんだから……」

諦めたかのように、由美子の目が白目を剝いた。

由美子「あぐぶ………………」

続いて、由美子の手から髪の毛がはらりと落ちた。同時にその手がだらんと垂れ下がった。

ショートボブの女「相変わらずエグイね」

金髪の女「本当にああなるから……あれやられると」

一人の女が菜々美に潰される瞬間が、修吾の目に焼き付いた。

10秒間……2人は全く動かず、勝者と敗者の図が続いた。菜々美は散々やりあった由美子を捨てるように話した。とどめに菜々美が、フェイスシットで由美子の顔を潰そうとした瞬間、周りの女性たちが止めに入った。

「菜々美、おわりおわり!!」
「水いっぱい持ってきて!」
「由美子!まず大きく息して!」

助けに来た数人の女性が、由美子をかばった。菜々美はゆっくりと柵から出てきた。すごい姿だった。胸周りは由美子の鼻血で真っ赤に染まっていて、左目には殴られた跡があり、大きく腫れていた。
修吾と菜々美が顔を合わせた。
どんな反応になるかとドキドキした修吾だったが、菜々美の顔は我に返ったかのように表情が穏やかになっていった。

菜々美「修吾君見に来てくれたんだ~」

菜々美が修吾の方を向いてピースサインを作った。

菜々美「朝ごはん、全部吐いちゃったけど……さあ、一緒に帰ろ!」
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2017/07/30(日) 21:06:20|
  2.   未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

僕たちの夏休み 挿絵① | ホーム | 僕たちの夏休み 2日目

コメント

Wow

予想よりとても早く来、来て、本当に嬉しいです! 相手を殺してしまう勢いの戦いの描写が本当に気に入ります!
  1. 2017/07/30(日) 23:22:11 |
  2. URL |
  3. Jkllm #- |
  4. 編集

Hmm

展開がちょっと不安ですね~菜々美氏が序盤からあまりにも強力でこのままでは後に悲惨に敗北してひどい場合は、死ぬかも知れないという気さえします。 絶対強者は敗北するために存在するんじゃないですか。 まあ、それはそれなりに魅力的な展開だが(笑)
  1. 2017/07/30(日) 23:46:25 |
  2. URL |
  3. Jkllm #- |
  4. 編集

どうなるか本当に気になります。

さくら様の世界観がさらに生かされていますが、
今回は主人公が決まっている分、展開が本当に気になります。
安心できる場合と最後には無残な敗北とどっちにいくか
本当に分かりませんからね。
  1. 2017/07/31(月) 03:07:29 |
  2. URL |
  3. 裏行戯 #mQop/nM. |
  4. 編集

Thanks for finally writing about >さくらのキャットファイト小説 僕たちの夏休み 2日目 その② <Liked it!
  1. 2017/08/01(火) 07:19:23 |
  2. URL |
  3. Adrienne #- |
  4. 編集

Re: Wow

Jkllmさん、たくさんのコメントをありがとうございます。
返信が遅くなっており、申し訳ございません。

気に入っていただけてうれしいです。ちょっと時間がなくて、小説は更新できておりませんが、
少しでも退屈をしのいでいただければと思います。

> 予想よりとても早く来、来て、本当に嬉しいです! 相手を殺してしまう勢いの戦いの描写が本当に気に入ります!
  1. 2017/08/08(火) 03:14:17 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: Hmm

Jkllmさん、コメントをありがとうございます。

展開を予想いただきありがとうございます(笑)
果たして今後菜々美を待ち受けるものとは・・・ご期待ください。

> 展開がちょっと不安ですね~菜々美氏が序盤からあまりにも強力でこのままでは後に悲惨に敗北してひどい場合は、死ぬかも知れないという気さえします。 絶対強者は敗北するために存在するんじゃないですか。 まあ、それはそれなりに魅力的な展開だが(笑)
  1. 2017/08/08(火) 03:16:07 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: どうなるか本当に気になります。

裏行戯さん、展開を気にしていただいているようで、ありがとうございます。
今後の展開も楽しみにしていただけると嬉しいです。
いつもコメントありがとうございます

> さくら様の世界観がさらに生かされていますが、
> 今回は主人公が決まっている分、展開が本当に気になります。
> 安心できる場合と最後には無残な敗北とどっちにいくか
> 本当に分かりませんからね。
  1. 2017/08/08(火) 03:25:01 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

Dear Adrienne san
Thank you for your comment!
I am happy to read my novel.
Kind regards,

> Thanks for finally writing about >さくらのキャットファイト小説 僕たちの夏休み 2日目 その② <Liked it!
  1. 2017/08/08(火) 03:30:37 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/530-7b075b50

| ホーム |