さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

白熱

ああああああ・・・・・・乳首がぁ・・・

思いっきりつねられ、握られ、体全体に痛みが走る

マキ「はあああ・・・・・・あああああああ!!!!!」

痛い!!だめ・・・いったん、メグミの手を振り払って・・・
パツン!

マキ「はぐううぅ!!」

乳首をつまむ手を弾くだけで、胸が痛い。相当強くつまんでいたんだ・・・
このバカ女!

私はメグミの髪の毛をぐっと掴んだ。

メグミ「はぁはぁはぁはぁ・・・」

マキ「立ちなさい!はぁはぁ・・・」

メグミ「ぐうぅっ・・・」

半分くらいメグミが腰を上げたところで、私は足を後に振り上げて勢いをつけた・・・

マキ「はぁはぁはぁ!喰らいなさい!!」

メグミの胸を思いっきり蹴ろうとしたとき・・・

マキ「なあ!!!?」

メグミは低い体勢から勢いよく、私に突っ込んできた・・・



私の腰のくびれに腕を回して、そこを全力で締め上げてくるメグミ・・・

マキ「ああ・・・・・・・・・ああああ・・・・・・・・・ぁぅ・・・・・・・」

メグミ「はぁはぁはぁはぁ・・・・・・・・・はぁはぁはぁはぁ・・・・・・・・・ふんんんんんんん!!!!!」

メグミのベアハッグだ・・・体が少し浮いている・・・
力が出せないぃ!!!

マキ「がぁぁ・・・あぁぁ・・・っぁっぁぁ・・・・・・・」

息が・・・・・・苦しいぃぃぃ・・・・・・・・・

メグミ「あんたの胸も・・・・・・はぁはぁはぁ、潰してやる・・・・・・・」

メグミは大きく口を開いた。そのまま私の左乳に口をもっていき、噛み付いた・・・

マキ「はああ!!はああ!!!はあああああああああ!!!!ひいいいいいいいいいいい!!!!」

メグミ「んぐうううううううううううううう!!!!!!」

マキ「んぁぁぁぁぁぁ!!!!!あああああああああ!!!!!」

ああああ・・・息が叫びと共に吐き出されていく・・・
苦しさが増す・・・その上、胸が裂かれるような痛み・・・
あまりの痛みに、目から涙がぁ・・・!!

涙が頬を伝わり、メグミの顔に落ちる。それでも噛み付き続けるメグミ・・・

ガリッ!!

マキ「ぁぁぁぁ!!!ぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

メグミの歯がしこりにあたり、激痛が走る・・・
もう完全に張りがなくなってしまった・・・
自慢の巨乳が・・・

メグミは噛み付く胸を入れ替えて、私の右乳も潰しにかかってきた

メグミ「これでぇ・・・・・・はぁはぁはぁはぁ・・・」

マキ「はぁはぁ・・・・・・だ・・・・・・・めぇ・・・・・・・・・」

意識も遠くなっていく・・・胸の噛み付きとベアハッグの同時を同時に出されて、もう・・・体力もかなり・・・・・・

でも・・・このままじゃ、潰される・・・

むにゅうううううううううううううう!!!!!!!

胸をメグミの口と鼻に押してけた。こっちも苦しいが、メグミだって私のフェイスシットを喰らって苦しいはず・・・
今なら私より先に落とせる!

メグミ「むん・・・・・・むぶぅ・・・・・・・・・・ぁぶ・・・・・・・」

マキ「はぁぁぁはあぁぁはぁぁはぁぁはぁぁはぁぁぁ・・・・」

そこから私とメグミのこう着状態が続く・・・立ったままの死闘が続く・・・

マキ「んん・・・ぁぁぁ・・・・・・・」

メグミ「ん・・・・・・むぅぅぅぅ・・・・・・」

白熱した戦いの末に・・・



マキ「ぁ・・・・・・ぁぁ・・・・・・・・・・・・ぁ・・・・・・」

私はぐったりと力無く、首を後に倒した・・・

だめぇ・・・もう苦しくて・・・・・・しかも・・・・・・
がりがりがりっ!
胸はもうどちらも潰された・・・悔しい・・・
潰れるのは、あの女の胸だけのはずだったのに・・・

苦しい・・・
もう、倒れそう・・・でも、その前に・・・

どがっ!!

立った姿勢から、思い切り膝蹴りを恵みの股間に入れてやった・・・

メグミ「ひいいやあああああああああ!!!!」

私のブレストスムーザーのみに注意していたメグミ・・・突然の攻撃で後ろ向きに倒れた。

どさっ!
むぎゅううううううう!!!!!!!!!

私の胸がちょうど、メグミの呼吸を塞ぐようにたおれた

マキ「はぁはぁはぁはぁ・・・・・・はぁはぁはぁはぁ」

メグミも腰を締めるのをやめた・・・そして私の体をなんとかどかそうとしてくる。

マキ「落ちろぉぉぉぉぉ・・・・・・・・・はぁはぁはぁはぁ」

メグミ「んんん!!んん!!!んんんんん!!!!!」

返されないように、胸に体重を集中して圧迫する。だが私も体力が持たないし、メグミも死にもの狂いだ・・・
にゅうううううううう!!!
胸をつかまれ、そのまま引きずり倒された・・・

マキ「はあはぁはぁはぁはぁはぁ・・・・・・・・・はぁはぁ・・・」

メグミ「ごほっ!はぁはぁはぁはぁはぁ・・・・・・はぁはぁはぁはぁ・・・・」

砂浜に素っ裸で・・・

それも傷だらけ、砂だらけで倒れこむ二人・・・

暑さなんて関係無い・・・

もう体の痛みも、傷もどうでもいい・・・・・・

相手を失神させて、屈辱を与えさえすれば・・・・・・

もう私もメグミも声が出ない・・・

でも負けたときの屈辱的な相手の顔を見るために・・・闘う。


私とメグミは同時にお互いの正面を向くように転がった。

そして同時に胸をつかみ合う。

むにゅうううううううううううう!!!!!!!
ぐにゅうううううううううううう!!!!!!!

だが全力をすでに出し切っている私とメグミ・・・力が入らない・・・

メグミはすでに傷だらけの私の乳首を集中して潰してくる・・・同じ潰しあいでもダメージは私のほうが大きく喰らっている・・・

私はゆっくりと体を動かし、メグミの体の上に覆いかぶさった。

そしてあの技を繰り出した。

私は両肘を立て、メグミの両胸に押し付けた

メグミ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!」

声になっていないが、その涙がどれほど痛いかを語っている。これは最初の戦いで、メグミから喰らった技だ・・・
その屈辱も一緒に与えてやる・・・

このまま・・・痛みで・・・・・・失禁でもなんでもしろぉぉぉぉ!!!

でもすぐに反撃するメグミ・・・胸を揉むのを止め、私の腰に手を回し体を固定した。
そのまま私の股間に足を当てて、ぶるぶる振動させてきた・・・

マキ「ぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!!」

んはぁ!!だめぇ・・・・・もれちゃいそう・・・こんなところで・・・力が抜けたら・・・・・・やられる・・・・・・
やめさせないと・・・・・・

ブルブルブルブル!
私も同じように膝をメグミの股間に当てて、振動を与えた。
お互いの息が荒くなり、相手の顔に当たる・・・・・・
でも私の胸潰しはかなり効いているはず・・・
私が有利・・・・・・

どん!!

はぐうううううぅぅ・・・

私のお腹にグーパンチを浴びせるメグミ・・・快楽の後の痛み・・・き・・・効くぅ・・・・・・

どん!!どん!!!

マキ「おえぇぇぇ・・・・・・・・・」

空気が吐き出る・・・・・・でもメグミも苦しいはず・・・・・・もっともっと痛くするには・・・

私は砂をメグミの胸に乗せた。そしてその上から、肘で胸を潰した!!!

メグミ「はんぐうううううう!!!!!!!」

あまりの痛み声が出るメグミ・・・もうお互い体中がひどい痛みに襲われている。

どすん!!

私は強烈な一発をお腹に喰らった。

もう、だめぇ・・・・・・

肘を立てる力も無くなり、メグミの体に重なる

今、私たちは裸で抱き合っているだけ・・・

お互いに体力が無いのはわかっていた。

もうすぐどっちかが倒れる。そのこともわかっていた・・・
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2010/08/27(金) 01:15:04|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

そして最後の局面へ・・・ | ホーム | 負けられない

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/53-1a6ab1d5

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。