さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

なるみ×なぎさⅡ2/4

ミニラさんの力作をアップいたします!

みなさま、コメントよろしくお願いいたします!
それにしてもこんなすばらしい作品を誰よりも先に読める僕は、幸せものです。


51.jpg


「あぁん!?こ、今度こそぉ!決着つけてあげるんだからぁっ!!!」

「うんん!?まけない!!!ぜったい負けないんだからぁぁっ!!」

がしッ! わしッ!

相手の背中に腕を回し、体操服の生地をつかんで引き寄せ、抱きしめ合う。前回とはワケが違う。初めからいっさい躊躇なしの“つぶし合い”が始まった…。

ぎゅうううっ!!ぎゅううううううっっ!!!

「あっ…あぐぅぅぅッ!!!!」

「うぅ…んぐぅぅぅッ!!!!」

互いの身体をしぼり合うように全力で抱きしめる。その腕は相手の背中、ちょうど胸回りを絞めつけ合っている。運動部員のような筋肉が付いていない、かよわい2人の身体が、こんな状態に長く耐えられるワケがない。

むぎゅぎゅうううううう!!!!!!!!!

「「いっ…あああああああああああッ!!!!!!」」

(お、おっぱいが痛い…苦しいよぉ…っ!!!)
(ほ、ほんとに…潰れちゃいそう…っ!!!)

互いの胸がいっきに痛みだした。
だがその痛みが、胸をライバルの胸に押し潰されることで発生しているのだと思うと、負けたくないという気持ちが上回る。

「っっ!!おっきな声だして…苦しいんじゃないの…っ!?んぐぅ!!!?」

「っっ!!そっちこそぉ…おっぱいみしみし言ってるよ…っ!?いぅうっ!!!?」

ぎゅうううううううううう!!!!!!

全く互角に潰れ合う成海と渚桜の胸は、まるでゴムボールの押し潰れ合い状態だ。
本来ならぶつかった物を軽々と弾き飛ばせるような、弾力抜群の両者の胸。その胸同士が今、限界まで押し潰れあっている。元の形状に戻ろうと激しく反発するそのゴムボールを、2人は互いに押し込み合う!。

ぐぐぐぐぐぐぐぐッ…!!!

「ああぁっ…!!!このぉぉ…つぶしてあげるぅぅ……っ!!!!」
「うぅぅぅ…!!!つぶれるのは…そっちぃぃ…っ!!!」

一瞬でも力を抜けば、相手の胸の弾力に潰されてしまうだろう。そんなこと、許すわけにいかない。

「っっぅっ…!はぁっ…!っっっっ…!!!!!」
「っっっぅ……!はぁぁ…!っっっっ…!!!!」

激しい絞めつけ合いに、ほとんど息継ぎをすることもできない。

(あぐぅぅぅ!?おっぱい…いたいよぉ…!)
(いうぅぅぅ!?おっぱいがくるしい…)

ぎちぎちと絞めつけ合う2人の身体は熱くなり、倉庫内に熱気が充満する。

(あ、あつい…っ!いきができないぃぃ……!)
(もうだめぇ……!でもっ…!!!)

2人は薄っすらと開けた目で相手を見た。目の前では、相手が自分の抱きしめによって苦しみ、顔を真っ赤にして喘いでいる。そして互いに目が合った…

「んぅぅッッッ!!!!ぜ…ぜったい!!渚桜ちゃんのおっぱいには…負けないぃ…!!!!」

「!!!!な…なによぉぉ!!!!こっちも成海ちゃんのおっぱいには…ぜったい負けないっ!!!」

これ以上強く抱きしめられないような状態から、更に限界を超えてキツく抱きしめあう!

むぎゅうううっ!!!ぎゅううううううううううっっ!!!!!!

「「……ッ!!!ぁ………ッッ!!!」」

単純な抱きしめ合いもココまで来ると、もはや危険なレベルだ。初っ端から意地の張り合いが行き過ぎたところまで行ってしまっている。

(こ…これでもくらえぇ…!!!)

渚桜が先手を打った。抱きしめ合った状態から顔を成海の耳に近づけ…

「はむっ…!」

ビクンッ!
「ひゃんっ!!!?」

成海の耳を甘噛みした。以前の戦いで効果があった技だ。
一瞬力が抜けたのを感じ、それを狙って渚桜はいっきに成海を押し倒しにいく。

「はんっ!!し、しまっ…」

ボフゥッ!!!!

渚桜が成海をマットの上に押し倒す。今日初めて均衡が崩れた。

「くらえぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」

むにいいいいいいいいいいいいい!!!!!

「あぁん!!!あああああああああああッ!!!!」

上から成海の巨乳を押し潰そうとする渚桜。等しく潰れあっていた両者の巨乳だったが、ついに渚桜の胸が元の形を取り戻そうと領域を広げ始め、逆に下敷きになった成海の胸はパンパンに押し潰れる。

「はぁ!はぁ!降参してもダメだからねっ!?成海ちゃんのおっぱいは、渚桜が――」

ぐにん!!

「ひぁぁんっ!?」

渚桜の言葉が途中で嬌声に変わった。すぐさま成海が下から両乳を突き上げたのだ。
前回の戦いでお互いの胸に刺激を与え合うことになったあの技を、早くも脱出技として使ってきた成海。なりふりかまっていられないのだ。

「このっ!このぉっ!!どいてよぉ!!」

ぐにん!ぐにん!ぐにん!

「はんっ!?ひゃうううううっ!!!」

バフッ!!!!

渚桜はせっかく取った有利なポジションから転がり落ちてしまった!

(せっかく押し倒したのにぃ…!ひぅぅ…)

びくんっ!びくんっ!両胸に電気のような快楽が走る渚桜。次の瞬間。

「お返しぃぃぃぃ!!!!」

むにいいいいいいいいいいいいい!!!!!

「はぐぅ!!!んあああああああああああッ!!!!」

脱出した成海が、渚桜の上に重なって両乳同士を押し付けた!今度は下敷きになった渚桜の胸がパンパンに押し潰れて苦しむ!

「はぁ!はぁ!渚桜ちゃんこそ降参なんてさせないよ!?渚桜ちゃんのおっぱいなんて、成海が――」

ぐにん!!

「ひぁぁあっ!?」

成海の言葉が途中で嬌声に変わった。体勢を入れ替えられた渚桜も、すぐさま成海と同様に両乳を突き上げたのだ。

「ばかな成海ちゃんっ!渚桜だって同じ方法で抜け出せるんだからぁ!!」

ぐにん!

「ひうぅ!!?そ、それなら成海だってぇ!!!」

ぐににん!!

「「あぁんっ!!!!???」」

2人の声が重なる。同時に胸を突き出し合い、相打ちになった。。
“痛み”の与え合いから一転、“刺激”の与え合いに。胸が過剰に感じてしまい、お互い感じるのを止められない。

「はぁん!!もうぅ…まねしないでぇっ!!」

ぐにん!!

「あん!そっちこそぉ!!」

だが、これでは前回と同じで消耗戦になってしまう。何より下敷きになっている渚桜は、早く不利な状態から抜け出したかった。

(そ、そうだ…!くらえ成海ちゃん…!)

ぐにっ!ぐにっ!ぐにん!!!

「あんっ!?ひゃうっ!はぁんっっ!!」

渚桜は機転を利かせた。成海に同じタイミングで胸を突き出されないように、不規則に両乳を突き上げた。
突然激しくなった刺激の連続に、成海は反撃できず――

「はうううっ!!やぁん!!!?」

「おかしく!!うんっ!?なっちゃえぇぇ!!!!」

ぐにっ!ぐにっぐにっ!!

「はぁぁぁ!!?も…もう駄目っ!だめぇぇっ!!!?」

バフッ!!!

成海も有利なポジションから転げ落ちてしまった。

(せっかく逆転したのにぃ…!はぁんっ!)

びくんっ!びくんっ!両胸に電気のような快感が走り、渚桜から一旦距離を取った成海。一方の渚桜も追撃できる状態ではなく、お互いマット上で数メートル離れた状態になり睨み合った。

「はぁっ…はぁっ…!」

「はぁっ…はぁっ…!」

いったい何十度あるのか分からない蒸し暑い倉庫内で、2人の美少女の息づかいだけが響く。遠くで響くグラウンドの音楽や生徒たちの歓声は、もう耳に届いていない。

「ど…どうしたの…?成海はまだぜんぜん平気だよ…?はぁっ…はぁっ…!」

まだ全然回復できていないにも関わらず、無理やり立ち上がる成海。

「!!な、渚桜だってぜんぜん平気だもん…はぁっ…はぁっ…!」

渚桜も全く回復していないが、意地を張ってフラフラと立ち上がる。

minira2to1.jpg


「くぅっ…!な、成海のおっぱいは…まだこんなに元気だもん!」

むにっ!

腕で自分の両乳をよせて突き出し、健在ぶりをアピールする成海。

「な…!!渚桜のおっぱいの方が…元気なんだからぁ!」

むにぃ!

渚桜も負けじと、自分の両乳をよせて突き出しアピールし返す。

ズキィ…

本当は成海も渚桜も、今の戦いで胸がズキズキと痛み、さらに刺激を受けたことでかなり敏感になってしまっている。だが張りも形も失っていないため、お互い相手の胸がノーダメージのように見えてしまう。

(も、もっと徹底的にやらなきゃ…!)
(おっぱい対決に…負けちゃう…!)

ごくっ。意を決した2人は、自分の胸を相手の胸にぶつけに行くつもりで走り出した!

「はあああああッ!!!」

ダダダッ!!!

「やあああああッ!!!」

ダダダッ!!!

だが、相手も同時に向かってきたため、思った以上に早く相手の身体に到達してしまい…

「「っ!?」」

ばちーーーん!!!!!!

「あぁん!!?」
「やぁん!!?」

なんと正面衝突。両乳を先頭に、勢いよく全身がぶつかり合い、両者は後ろへ転んでしまった!結局、また同じ距離に戻ってしまい…。

「はぐぅぅぅぅ…!!!」

「ひうぅぅぅぅ…!!!」

激しく痛む両乳を手でおさえ、悶える成海と渚桜。そのままキッと相手をにらむが、痛みと悔しさで表情はつらそうに見える…

「このぉぉぉ…!!くぅぅぅぅぅ……っ!!」

「よくもぉぉぉ…!!うぅぅぅぅ……っ!!」

相手に先を越されるわけにいかない。必死にもう一度立ち上がる2人。

「「やああああぁぁぁぁっ!!!!」」

だっっ!! 同時に飛び出し、胸同士をもう一度ぶつけ合わせに行く!しかし今度は…

ばちーーん!!!ビリッ…!

「「きゃん!!?」」

胸元から嫌な音がした。後方によろめいた後、尻もちをついた2人は、すぐに音がした箇所を見た。すると体操服の胸元の部分が破れ、肌色の谷間が露わになってしまっていた。

「ひゃ…ひゃあっ!?」
「は……はううぅ!?」

もともと高校生離れしたスタイルの2人ゆえ、体操服の胸回りはかなりきつく、生地が伸びてしまっていた。そこに先週の戦い、そして今日の抱きしめ合いと押し付け合い、そしてぶつけ合いによる負荷が掛かったのだ。破れてしまって当然だ。

(これじゃあ渚桜、グラウンド戻れないよっ…!)

(どうしよう…成海もう競技に出られないっ…!)

あせる2人。もう体育祭に出られない……こうなったら憎い相手の体操服をもっと破ってやれば良いかもしれないが、このまま破り合いになったら今度は倉庫そのものから出られなくなってしまう。

((……いったん引き分け?))

そんなことが頭に浮かび、相手の方をうかがう両者。

だがそこには、つらそうにへたり込んでいる、今なら倒せそうなライバルの姿があった。そしてその体操服は胸元が破れ、今まで生地で隠されていた生の谷間が、自己主張するようにいやらしく顔をのぞかせていた。

「………やっぱり…」

「……今やらなきゃ…」

そう呟くと、2人は意を決したかのように自らの体操服を脱ぎ始めた。決闘を続けるためには、これ以上ダメージを負わせるわけにいかない体操服を脱ぐ必要がある…。あれだけ下着姿を友達に見られて恥ずかしがっていた2人が、自分の意志で下着姿になろうとしている。

このまま下着同士になって潰し合いの続きをすれば、今度こそどちらかは助からない。もし前回のように同時気絶などになれば、誰かに発見された時に下着姿では言い訳ができない。すなわち「引き分け」は許されないのだ。

バサッ…ぷるん…

バサッ…ぷるん…

脱ぎ終わる瞬間、体操服が引っかかってしまうほどの巨乳が解放されていやらしく揺れた。そのままブルマも脱ぎ、完全にブラとパンツだけの下着姿になる2人。

見たところ、相手も似たデザインの下着の色違いを身につけている。成海は水色、渚桜は桜色の下着をまとっていた。

「くぅっ…渚桜のまねしないでよ!似合ってないくせにっ!」

「ま、まねしてるのはそっちでしょっ!ぜったい成海が先なんだから!」

下着姿になった美少女同士の、いやらしい身体が接近しはじめる…

「いいもん、成海ちゃんのおっぱいぺちゃんこにして、もう着れなくしてあるんだから!!」

「それはこっちのセリフぅぅ!!!」

ばちん!!!むぎゅうううう!!!!

指を絡ませ、生の素肌をぶつけて押し付け合った!
たとえ身体の正面だけの押し合いでも、今度は生で触れ合っている面積が段違いだ。相手のカラダの体温・そして柔らかさを感じながら戦うことになる。それが一層2人の心に火をつける。

(あぁん!お、おっぱいも…おへそも…押し合ってむちむち言ってるぅ!!?)
「このぉ!!」

(やんっ!お、おんなの子の身体同士が密着したら…こんな風になるのっ!!?)
「やあぁ!!」

ほとんど互角のプロポーション、そして同じデザインの下着…。ふと成海は、昨夜のことを思い出した。
鏡に映る下着姿の自分に渚桜を重ね、身体を鏡に押し付けて妄想バトルしていた事を。
今の状況は、まさしくそれが現実となった状態だ――

「くぅぅ…よくも成海にぃぃ…!あんなことさせてくれたなーーーっ!!」

「き、急に何言って……きゃあ!!?」

バチーーーン!!!!

恥ずかしさと悔しさで顔を真っ赤にした成海は、力まかせに渚桜を押し込んでいく。その勢いを押し返すことができず、渚桜は組み合ったまま後退してしまい…

minira2to2.jpg



ガン!!!!

「あうぅ!!!」

渚桜を背中から壁に押し付けサンドした!! 抵抗できないように背中を壁に押しつけさせ、桜色のブラ1枚に守られただけのライバルの巨乳に狙いを定めると…

「これで!!つぶれてええええええ!!!」

バチーーン!!バチーーン!!バチーーン!!

「あふぅ!?あぃい!!ああああああっ!!!?」

壁に追い詰めた渚桜の胸めがけて、自分の胸を叩きつける成海!このおっぱい対決に勝ちたい一心で、渾身の攻撃を繰り出す!
下着だけになったことで、渚桜の胸がダメージを負って赤くなっていくのがわかる。

バチーーン!!バチーーン!!

「んあっ!!このままじゃ…あぐぅ!?おっぱい…つぶされちゃうぅ…!!」

「つぶすぅ!!成海のおっぱいが!勝つのっ!!!」

反動をつけて迎え撃ちたくても、壁に抑えつけられて身動きが取れない渚桜。
そうしている間にも、成海と渚桜の胸にはジワリジワリと“差”が出始めた。痛みを負いながらも張りを保っている成海の両乳に対し、渚桜の両乳は今のこの攻撃によるダメージで弾力を奪われはじめ、成海の胸を弾き返せなくなってきている。

「あぅぅ…!!いうぅぅぅ…!!!」

胸が痛みに耐えられなくなり、涙があふれ始める渚桜。それを見た成海は勝利を確信した。

「これで…っ!おわりぃぃ!!!!」

これまで正面からぶつけ合わせていた両乳を右に振りかぶると、胸で胸をビンタするように振り抜いた!!

バッチィィィィン!!!!!

「あああぁぁぁぁぁぁんっ!!!」

ドサァッ!!

渚桜は横へふっ飛ばされ、仰向けに倒れた。

「あうぅぅぅ…!!おっぱいがぁぁ……痛いぃ…!!?」

「はぁ…はぁ……どう!!?」

胸の痛みに悶えヒィヒィと喘ぐ渚桜の上に成海がまたがった!

「成海のおっぱいの方が強いって……はぁ…はぁ……わかったでしょ!?」

ぷるんっ!
張りの違いを見せつけるように、渚桜の顔の前に両乳を突き出した。

(く…くやしいよぉ…!でもこの光景……前にどこかで…)

成海に上からのし掛かられる――そんなことが以前にもあった気がして、渚桜は一瞬考える。そして、すぐに昨夜のことを思い出した。夢の中で成海に上からのし掛かられる夢。今まさに、それが現実化した状態だ。

たしか夢の中で、この体勢から成海に両乳を鷲掴みにされた…。それを思い出すと、余計に悔しくなってきた渚桜。

(まだ…終わってないんだからぁ…!!)

渚桜は両手を成海の胸へ伸ばした。そして…


minira2to3.jpg


ぐにゅうううううううううううううう!!!!

夢の中でやったように、下から成海の両乳を鷲づかみにした!

「んああッ!!?い、ひぎぃぃいいいいいいいいい!!!?」

両手の指に力と憎しみを込めて、思いっきり握りしめる渚桜!!

「そんな…っ!!て…手でぇっ!?んああああああ!!!!」

前回の戦いも、今回の戦いも、お互いに相手の胸に手を触れたことは一度もなかった。互いの胸と胸をせめぎ合わせてはいたが、ついに相手の胸に対する直接攻撃が始まった。

「さっきはよくも!!好き放題してくれたなああ!!?このぉぉぉ!!!!」

ぐにゅッ!ぐにゅうううううううううッ!!!!

「あぎいぃぃい!!!そ、そんな強く握ったら…!ホントにおっぱい潰れちゃうぅ…っ!!!!」

まさか胸を手で握られるとは思っていなかった成海。あまりにも無防備に両乳を差し出してしまったのがアダとなった。渚桜にとっては、たわわに実ったライバルの果実が目の前にぶら下がっていたのだ。昨夜の夢を思い出して、やらないわけにいかない。

「本気だもん!!ホントに握りつぶしてやるんだからぁぁ!!」

ぐにいいいいいいいいいいいいい!!!!

「ひぐぅぅ!!ひううぅぅぅう!!!!」

2人の胸に生じ始めていた“差”が再び無くなろうとしていた。指が食い込むほどの握りしめ攻撃によって、成海の胸も渚桜同様に赤くなり、本来の弾力が失われ始めたのだ。

「あぎぃぃ!!あうううぅぅぅッ!!!」

あまりの痛みに耐えられず、今度は成海の瞳から涙がぽろぽろとこぼれ始めた。それを見た渚桜はチャンスとばかりに形勢逆転をこころみる。

「痛いんだったら…!はやくどいてよぉぉ!!」

ぐぐぐ…むぎゅうううううううううう…

渚桜は成海の両乳を握りしめたまま、力いっぱい押し始めた。上に乗られて仰向け状態だったが、じわじわ起き上がって体勢を五分五分まで戻すことに成功する。

(よし!!このまま押し倒し返して、成海ちゃんのおっぱい潰し―――)



そう考えていた渚桜の両乳にも、突然の激痛が走った。

むぎゅうううううううううううう!!!!!

「んあああああああああぁぁああぁ!!!?」

「渚桜ちゃんにはぁぁぁぁッ!!!まけないぃぃぃぃ!!!!」

なんと成海も渾身の力で、渚桜の胸を鷲づかみにして握り返したのだ!
反撃されて思わず手を離しそうになる渚桜だったが、当然負けられない!

「ま、まねしないでよぉぉぉっ!!!!」

minira2to4.jpg


むぎゅうううううううううううう!!!!!

「ああああんっ!!なによぉぉぉっ!?このぉぉぉっ!!!!」

「いやあああんっ!!!そっちこそなによぉぉぉっ!!!!」

互いに指が相手の乳肉にめり込むくらい強く握り合う。両者とも指の間から肉がはみ出ては、握りなおして再び潰し合う。

ぐにゅうううう!!!ぐんにゅうううううううう!!!!!

「「やあああああああああん!!!!!!?」」

握り合ったまま、成海が立ち上がろうとする。させまいと渚桜は、成海の両乳を下にグイーッと引っ張った。

「あぐぅぅぅ!!?」

ドサッ!成海は立ち上がれず、膝立ち状態になる。すぐに今度は渚桜が立ち上がろうとするが、成海も渚桜の両乳を下にグイグイと引っ張って阻止した。

「はぐぅぅぅ!!?」

両者とも膝立ちで向かい合い、真っ赤な顔で涙をこぼしながらも、相手の胸からは絶対に手を離そうとしない。自分の胸の痛みをかばうより、相手の胸へもっとダメージを与えることしか考えていない。

ぐにぃ!!!

「ああん!!成海ちゃんッ…痛いんでしょ…!?いい加減…あきらめなよぉ!」

ぎゅうぅ!!!

「んぁあ!?痛がってるのは…渚桜ちゃんのおっぱいでしょ!?成海のおっぱいは…これくらい平気だもん!!」

どちらの巨乳が先に耐えられなくなるか……もはや意地の張り合いだ。
相手の握りしめてくる握力に、自分の乳が耐えられるか。乳の強さだけの勝負だ。

「いぅう!!渚桜のおっぱいの方が…張りがあって痛みにも長く耐えられるの!!」

ぐにゅうう!!!

「んぅう!!ちがうぅ!!こんのぉぉぉぉ!!!!!」

成海は渚桜の両乳を力いっぱい握ったまま、上下左右へ無茶苦茶に引っ張り回し始めた!

ぐいい!!ぐいぃぃいいいいい!!!

「んああああああああああぁぁぁっ!!!!?まけないぃぃぃ!!!!!!」

渚桜も成海の両乳を握ったまま、上下左右に引っ張り回し返した!

ぐにゅううっ!!!ぐいっ!!ぐりいいいいっ!!!!

「んあああああああああぁぁぁっ!!!!?まけないもんんんん!!!!!」

胸に激痛が走る両者。泣きじゃくりながらも、目の前で同じ痛みに耐えている相手のおっぱいには絶対負けたくないという気持ちで、無慈悲に痛めつけあう。
その結末は…

「「あああああああああああああああああっ!!!!!!!!」」


ブチッ!
ブチッ!


胸を握りしめての無茶苦茶な揉みしだき合いに、ブラが耐えきれず…
2人のブラは引きちぎれてしまった。

「「きゃあっ……!!?」」

自分のブラがちぎれた音に驚き、相手の胸から手を離してしまった2人。同時にブラが外れ、キツいキツい拘束から解放されたかのように「ぷるん!」と4つの巨乳が弾け出た。

とうとう、両者の生乳同士が向かい合って対峙した…。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2016/08/07(日) 22:02:09|
  2.   投稿小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

なるみ×なぎさⅡ3/4 | ホーム | 母VS先生①

コメント

本当に素晴らしいです。

ミニラ様の続きも凄く気になります。
さくら様の作品とはまた違う魅力があり、今回は決着がつくようですし、
胸の勝負からついに手まで出してここから更なる展開が待っているのか?
など期待が募ります。

しかし本当にイラストも上手い。個人的には・・ちゃんが当初から好きです。
勝ってくれると良いな~。両方同じ文字数の名前なので応援側が伝わらないのも
有り難いですね。
  1. 2016/08/07(日) 23:00:16 |
  2. URL |
  3. 裏行戯 #mQop/nM. |
  4. 編集

すごく面白い。いいね。今回はもっとエロいになりました。
  1. 2016/08/08(月) 18:18:14 |
  2. URL |
  3. すえひろふ #- |
  4. 編集

私は個人的に引き分けが治ったらいいですね~~~
  1. 2016/08/09(火) 01:56:03 |
  2. URL |
  3. 木 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/503-d4176913

| ホーム |