さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

爆乳彼女 Part11

いろいろとすみません。

とりあえず続きをアップします。
謝罪やコメント対応等は、後日行います。

このたびは投稿の遅延申し訳ございませんでした。


由美「うぐっ!えっぐ!あんた、早く来なさいよぉ……2戦目……うえっぐ!!ひっぐ!!始めるわよ……胸でころしてやるうう!!!!!!!」

由美が一度負けた。屈辱の乳タップのあと、涙を流しながら悔しがっていた。
それでも由美は立ち上がり、再戦を求めた。相当な屈辱だったのだろう。涙を流しながら手をプルプルと震わせている。窒息しかけたため、吐息は荒い。

架純「あん!あむ!ふふふ……なおきさん、続きはあとでしましょうね♡なんだか一度負けた雌豚がうるさいので、わからせてきますね」

抱きついていた架純が僕から離れた。架純もかなりボロボロにされたのには変わりない。しかしそれでもギブアップを奪ったのだ。優越感に浸って、由美の前に歩み出た。

敵同士、再び向かい合った。

架純「ルールは知ってますよね?次はギブアップしても泣いても、窒息して漏らしても私が気が済むまで離しませんよ」

由美「調子に乗らないでよ……そんなんでビビるわけないでしょ……今度はあんたが苦しむ番よ」

架純「おっぱいタップして何とか助かっただけの癖に、随分と偉そうですね。わかりました今度こそ、息の根を止めてあげます」

由美「最後に乳の下で命乞いするのは、あんたよ!」

架純「あなたです」

由美「……」

架純「……」

ぐきっ!!ばきっ!!

ゴングの代わりにお互いの頬をグーで殴った音で、2回戦が始まった。この試合、さっき架純が言ったように、架純は由美がギブアップしても開放する義務はない。実際このままだと、架純は由美が死ぬまでその爆乳で絞めつけるかもしれない。

架純「んぐうう!!……」

由美「ぐぶうう!!!……っ」

意識がお互いに飛びかけるほどのパンチを放ちあった。そのあとお互いに相手の髪をつかみあったが、攻撃は由美のほうが早かった。

ぼごっ!!
目を覆いたくなるような勢いで、架純の腹に膝がねじ込まれた……
架純の背中が「く」の字に曲がった。内臓が圧迫されて、声も出していないが辛そうにしているのがわかる。

由美は髪を引っ張って架純の顔を引き上げた。
よだれがすでに流れている顔に、爆乳がビンタのようにぶち当てられた。あの爆乳2房でどのくらいの重さだろう?相当パンパンに張って重量感があるように思える。2㎏くらいだろうか……それが叩き込まれた。

架純「ぐうぅ……んうううううううううううう!!!!!このおおおお!!!!」

それでも架純も簡単には優勢を譲らない。腹パンを打ち込んで返していた。由美のお腹がへこんで、唾液が吹き出た。涙をさらに流しながら、由美はまた乳ビンタを放った。お互いに防御しないドロドロした戦い……本当に相手の肉体を停止させる勢いで攻撃している。
もう立ってるのもやっとなくらい殴り合い、潰しあったあと2人はクリンチにように抱き合った。

架純「おええええ!!」

由美「おぶううううううう!!!!」

抱き合って胸がぶつかった瞬間2人は嗚咽した。しかしぶつかりあってなお、押し込むように乳をぐりぐりと突きつけあっていた。
乳房がへし曲がり、殴り合ったせいで真っ赤に染まっている。さすがに傷つき敏感になっている2人……下の口からも愛液がこぼれだしていた。


由美「……どんな手使っても、つぶすから……」

架純「……楽しみですね……」

2人の手が同時に相手の股間に伸びた。
そして挿入される……

「ふっ!!」という短い息とともに2人は、相手の膣をかき回した。プラス、その指をひっかけるようにして、相手を浮かせようともがいた。
相撲のように密着して、女の闘いが始まった。
嫌いな女のあそこに指を差し込み、意地でも引き倒すというぶつかり合い……

由美「んあんんんんんんん!!!!!」

架純「んむううう!!あひいいいいいいいいい!!!!!」

今までと違う喘ぎ声が響いた。びちゃびちゃと白濁色の液体も飛び散った。
乳首が擦れ合うたびに行き場のない快感が体を襲った。
快感を感じながらの、力と力のぶつかり合いに2人は意識がどうかなりそうだった。

由美「んぐうううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!」

架純「ああああああああああああああああ!!!い、いくぅううううううううううううううううううううう!!!!!!!!」

2人は相手の肩に噛みつきあった。
恐ろしい状況に手に汗握った。全力で潰しあっている。できる攻撃は全部している感じだ。

そして、お互いに釣り合ってついに片足ずつ浮いた……

ぐちゃああああああああああ!!!!

由美「んあああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

ぎゅうううううううううううう!!!!!!!!!

架純「あひいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!」

フルパワーの投げ合いに、指に力も入る。
そして次の瞬間、片方の女が背中に土をつけることになった。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2016/05/23(月) 01:14:37|
  2.   爆乳彼女|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

爆乳彼女 Part12 | ホーム | 更新の遅延

コメント

謝罪なんてする必要ないですよ
書いて頂いているという気持ちで読ませて頂いています
定期更新大変ありがたいですが
ご自身のプライベートを優先してください

  1. 2016/05/23(月) 03:09:55 |
  2. URL |
  3. ドラッグ #- |
  4. 編集

ドラッグ様の仰る通りですね。

さくら様、更新お疲れ様です。
ドラッグ様の仰る通りです。予告があったので気にはなっていましたが、
やはり趣味とプライベートの重要度は違いますから、書いて頂けるだけで
嬉しいものです。

しかし、勝負そのものがどうなっていくのか?全く読めませんね。
やはり強気同士、どっちが屈服するかドキドキしながら読んでしまいますね。
少なくとも予想外か予想通りでどれだけのダメージを負うのか?
かなり気になりますね。
  1. 2016/05/23(月) 04:12:59 |
  2. URL |
  3. 裏行戯 #mQop/nM. |
  4. 編集

不定期連載読み物、良いじゃないですか!?
小説の中身もさることながら、いつ投稿されるかハラハラ、ドキドキ…(笑)

私には感謝しかありません\(^o^)/
  1. 2016/05/23(月) 17:46:03 |
  2. URL |
  3. 闘乳士 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

ドラッグさん、コメントありがとうございます!
お気遣いありがとうございます。
おっしゃる通りプライベートのほうも現在忙しく、このような状態です。

無理にならない程度に続けられるように頑張ります!

> 謝罪なんてする必要ないですよ
> 書いて頂いているという気持ちで読ませて頂いています
> 定期更新大変ありがたいですが
> ご自身のプライベートを優先してください
  1. 2016/05/24(火) 01:17:59 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: ドラッグ様の仰る通りですね。

裏行戯さん、コメントありがとうございます!
わかりました!
あまり気にすることなく、とにかく完結できるように努めたいと思います。

いつもありがとうございます!
作品のほうはここからいつもと違う感じになる予定です。
お楽しみに!

> さくら様、更新お疲れ様です。
> ドラッグ様の仰る通りです。予告があったので気にはなっていましたが、
> やはり趣味とプライベートの重要度は違いますから、書いて頂けるだけで
> 嬉しいものです。
>
> しかし、勝負そのものがどうなっていくのか?全く読めませんね。
> やはり強気同士、どっちが屈服するかドキドキしながら読んでしまいますね。
> 少なくとも予想外か予想通りでどれだけのダメージを負うのか?
> かなり気になりますね。
  1. 2016/05/24(火) 01:19:46 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

闘乳士さん、そう言っていただけると嬉しいです!
そしてこれからの展開は闘乳士さん好みの展開になることを約束します。
お楽しみに。

> 不定期連載読み物、良いじゃないですか!?
> 小説の中身もさることながら、いつ投稿されるかハラハラ、ドキドキ…(笑)
>
> 私には感謝しかありません\(^o^)/
  1. 2016/05/24(火) 01:21:00 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/490-eb872207

| ホーム |