さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

爆乳彼女 Part7

というわけで、日曜日更新を続けます!コメント返信が遅くなるのは、申し訳ございませんがご了承ください。

街灯と月明かりのみが照らす橋の下、由美と架純が目をそらさず睨み合っていた。僕の存在など忘れてしまっているかのような険悪な空気だ。

 

由美「特別ルールって何?」

 

架純が指を2本立てて口を開いた。

 

架純「2本先取」

 

由美「は?」

 

架純「簡単に説明すると、1回はギブアップできるってことです。負けた方はそこでもう1戦やるかどうか選べます。まあ、あまりにも力差がある場合の救済措置ですね」

 

由美「2回負けた時は?」

 

架純「その時は、ギブアップしようが泣こうが、ボコボコに潰して大丈夫です。1回負けといて挑んでくる馬鹿が悪いのですから。あなたみたいにね」

 

由美が架純の制服の胸倉を掴んだ。

 

由美「自分が負けるって思ってないんだ?」

 

架純「思ってませんよ」

 

架純も胸倉を掴み返した。引き寄せ合って、爆乳同士が触れ合った。チラッとお互いが敵の胸を見た。

 

架純「こんなのに負けるわけありませんもの」

 

由美「はぁ……いいよ、そのルールで。どうせあんたが、2回落ちるだけだし」

 

架純「へえ、楽しみですね。他、確認したいルールはありますか?」

 

由美「顔面へのグーパン」

 

架純「ありです」

 

由美「あそこへの打撃」

 

架純「ありです」

 

由美「勝負は全裸でいいよね」

 

架純「いいですよ」

 

由美「いい度胸ね」

 

そう言い終えると、2人は恥ずかしげもなく服を引きちぎるように脱ぎ捨てた。靴下も靴もパンツも脱ぎ、あっという間に2人は全裸になる……突き出たロケット型の乳が大迫力で睨み合った。爆乳のアピールか、お互いが胸を揉んで挑発した。

 

由美「ころす」

 

架純「ぶっ潰してあげます」

 

睨み合っていると、そのうちに2人はゴングを求めて来た。ついに闘いが始まる……この爆乳のうち、どちらかが屈する。あいにくだが、綺麗なゴングを鳴らせるようなものは周辺に無かった。僕は大きく深呼吸をして、両手を開いた。2人の雌豹の目を交互に見た後、僕は思い切り手を打ち付けた。

 

パーン!!

 

いい音が鳴った。

 

スパーーーーーーン!!!!!

と、僕が手を鳴らしたと思った直後に、大きな音がなった。

2人の方を見ると、由美の顔が90度横を向いていた。架純の大振りのビンタが直撃していたのだ……おそらく由美も逃げようとしなかったのだろうが、その目を見たところ由美は切れていた。

由美が勢いよく向き直り腕を振り抜いた。

 

パアーーーーン!!!!バチーーーーーーン!!!!

 

倍返しだった。

バチーーーーーーン!!!!!パーーーーーーーーン!!!!パーーーーン!!!パーーーーーーン!!!!!

その後は、ビンタ合戦……一切避けず胸に顔にビンタを打ち合っていた。

手形がお互いの肉体に赤く染みついた。

驚いたのはどちらも一切苦痛の声を上げないことだった。意地で声を上げずにひっぱたいていた。

 

白熱する闘いのさなか、2人はガッチリと手4つで組み合った。

たぷん、たぷんと4つの乳房が震える……力は今のところ互角のようだった。2人の顔を伺うと、悔しそうな顔が見えた。押し勝って潰せるとしか思っていなかった顔だ。

 

どちらが勝つのかと心を躍らしていたその時、今度は向かい合っていた乳が正面からぶつかり合った。

パン!と肉と肉がぶつかる音が聞こえた。

 

架純「うぐっ!!」

 

由美「んぶっ!」

 

この時どれだけビンタを喰らっても声一つ上げなかったお互いの口から唾液が吹き飛んだ。

乳がぶつかって餅のように横に伸びている。どっちがどれだけ押し潰しているかわからない。

 

架純「辛そうですね……そんな小さい胸じゃ」

 

由美「口の端からよだれ流して……よく言うね」

 

架純「そっちこそ、泣いてるくせに」

 

由美「は?あんたでしょ?」

 

2人は爆乳同士をぶつけ合ったまま、パッと組み合った手を離した。

先に由美が架純の背中を抱き潰した。

 

架純「ぐぶうぅ!!」

 

慌てて抱き付き返そうとする架純だったが、お互いのおっぱいが邪魔して由美の背中に手が回らない……

その間に由美は胸を張り出し、タックルのように架純を押し倒した。

 

ばたっ!!!!

 

架純「んぎいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!」

 

由美「ざーこ」

 

自分の先輩に一度も上を譲ることなく倒した架純を、由美が先手を取って倒した。

架純の屈辱の顔と、由美のまず一本取った優越感に浸る顔に、僕は興奮をせざるを得なかった。

スポンサーサイト


    web拍手 by FC2
  1. 2016/04/17(日) 01:48:39|
  2.   未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

爆乳彼女 Part8 | ホーム | 爆乳彼女 Part6

コメント

今回の作品は本当に凄い。

さくら様、規約通りの更新お疲れ様です!!
ついに始まりましたね。というか凄い。魅入られてしまいました。
特別ルールは敗者への追撃的と感じていましたが、2本ルール
1回ずつ勝ち越す場合もあるわけですよね。凄く気になります。
どちらがどのように屈辱を味わうのか・・・待ち遠しいです。
  1. 2016/04/17(日) 04:11:55 |
  2. URL |
  3. 裏行戯 #mQop/nM. |
  4. 編集

さくら様
いつも更新を楽しみにまっています。
私は、会話が多い方が想像力を高められ興奮します。
勝手な要望ですが、出来るだけ会話を多くお願いします。
  1. 2016/04/17(日) 23:41:03 |
  2. URL |
  3. 無名 #- |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/04/18(月) 00:57:06 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

実現・・・?

2本先取、いいね!
「爆乳親子」の律子と理恵はタイプの違う爆乳同士の熟女対決、柔らかいJカップvs張りのあるJカップ、自分的には現実味が感じられて「どこかで実践してみたい」感覚にとらわれました。
今回の「爆乳彼女」の架純vs由美、同じロケット型、かつ若い高校生同士で(多分)パンパンに張りのある爆乳対決、現実が想像できない…
(現実のものとして、実現させようと想像している自分が怖い)(笑)
しかし、目の当たりにしたら、気絶するくらいの迫力なんだろうな!

…ってなことを妄想させてくれるさくらさん、ありがとう^^
次回も期待しています。
  1. 2016/04/18(月) 22:51:35 |
  2. URL |
  3. 闘乳士 #- |
  4. 編集

Re: 今回の作品は本当に凄い。

裏行戯さん、コメントありがとうございます!

このルールが闘いにどのような結果をもたらすか・・・
お楽しみに!

> さくら様、規約通りの更新お疲れ様です!!
> ついに始まりましたね。というか凄い。魅入られてしまいました。
> 特別ルールは敗者への追撃的と感じていましたが、2本ルール
> 1回ずつ勝ち越す場合もあるわけですよね。凄く気になります。
> どちらがどのように屈辱を味わうのか・・・待ち遠しいです。
  1. 2016/04/24(日) 18:06:06 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

会話は確かに感情移入しやすくいいですよね。
ただ、やはり兼ね合いがございますので、適度に考慮しながら作成いたします。
宜しくお願いします。

> さくら様
> いつも更新を楽しみにまっています。
> 私は、会話が多い方が想像力を高められ興奮します。
> 勝手な要望ですが、出来るだけ会話を多くお願いします。
  1. 2016/04/24(日) 18:36:14 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
ルールを付け加えることで、毎回違う感じにしております。
ご心配ありがとうございます。
がんばりますー

> もう素晴らしいです。しかも話の度に良くなっていってるのがわかります。
> しかもこの特別ルールも素敵ですね。毎回話が同じパターンにならず、読んでいて息を呑みます。
> 何年もお世話になっていますが、最近は特にお忙しそうですね。
> お疲れ様です。続きも楽しみにしています。無理はなさらないでくださいね。
  1. 2016/04/24(日) 18:41:22 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: 実現・・・?

闘乳士さん、コメントありがとうございます!
流石ですね、爆乳親子の方との違いをわかってらっしゃってるとは……
闘乳士さんでもロケット型おっぱいはあまり見ませんとおっしゃってましたもんね。
やはり現実的には難しい構図のようです。

それでも是非実現させてください(笑)
その際はお話を伺いたいです(笑)

> 2本先取、いいね!
> 「爆乳親子」の律子と理恵はタイプの違う爆乳同士の熟女対決、柔らかいJカップvs張りのあるJカップ、自分的には現実味が感じられて「どこかで実践してみたい」感覚にとらわれました。
> 今回の「爆乳彼女」の架純vs由美、同じロケット型、かつ若い高校生同士で(多分)パンパンに張りのある爆乳対決、現実が想像できない…
> (現実のものとして、実現させようと想像している自分が怖い)(笑)
> しかし、目の当たりにしたら、気絶するくらいの迫力なんだろうな!
>
> …ってなことを妄想させてくれるさくらさん、ありがとう^^
> 次回も期待しています。
  1. 2016/04/24(日) 18:44:07 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/484-c6e9baa8

| ホーム |