さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

短編小説 若奥様の遊戯 ①

すみませ~ん

東雲大学キャットファイト部の続きを書くとか言っておきながら、こんなものを書いておりました。

申し訳ない。
でも今回は、ファイトの内容をテンポよく表現することに成功してると思いますので、
是非読んでいただきたいです。
(ファイト自体は後編からですが。。。)

ファイトのアイデアはなかなかいいんじゃないかと、今回思ってます。
敢えて短編小説として書かせて頂きました。
好評なら、もう少し先も書いてみようかと思いますが、
まずは前編をご覧ください!





何かを選択するということは、何かを捨てることに近い。仕事をするということは、自分の自由な時間を削ることになり、趣味で読書を行うということは、その他の趣味に費やす時間を減らすということになる。

結婚もまたそれに近い。
だれかと結ばれるということは、幸せを得ると同時に自分の時間を削ることを意味する。
やりたいことも大っぴらにはできなくなる。子どもが生まれればさらに縛られる。ストレスが溜まることも当然多くなるだろう。

松尾莉乃(まつおりの)はある静かな町で暮らす主婦だ。歳は25歳。大学時代の先輩と2年前に入籍し、1歳の娘がいる。優しい夫と円満な家庭を送っていた。自分が幸せな部類にはいることはわかっていたし、取りたてて大きな望みはなかった。1つの小さな不満を除いては……

莉乃はカレンダーをチラッと確認すると、ゴミ袋を持ち上げた。火曜日は燃えるゴミの回収日。莉乃は靴を履き家を出た。アパートの2階から階段で降りて行き、1分ほど離れたところへゆっくりと歩を進めた。12月の風がマンションの間を突き抜けて走っている。少し前かがみになりながら莉乃は歩いた。その先には赤いコートを着た女性が立っていた。それを見て莉乃は微笑んだ。
彼女は近所に住んでいる佐藤静香(さとうしずか)という女性で、莉乃とは最近仲良くなり始めた。
歳は29歳で、この地域には4年以上住んでいる。言わば莉乃の先輩にあたる存在だった。ポケットに入れた手を出し、莉乃の方へ手を振った。

静香「おはよう、りのちゃーん!」

莉乃「おはようございます」

2人は朝のゴミ出しで顔を合わせるたびに、仲良くなっていた。最近ではそこからさらに歩を進めたところにある公園のベンチで2人で雑談するのがお決まりのパターンになっていた。

若奥様同士、ということで話は非常に盛り上がった。しかも類は友を呼ぶという言葉の通り、2人とも絶世の美女だった。静香にはまだ子どもはいないが、それでも歳不相応な若々しさを保っていた。

静香「この町はもう慣れた?越してきてもう1年くらいかしら」

莉乃「はい、おかげさまで!毎日楽しく過ごせてますよ」

静香「ほんとう?不満とかないの?悩みとかあったら教えてよ~」

莉乃「んん~~~~」

莉乃が言葉に詰まった。「なになに?」と嬉しそうに静香が詰め寄った。

莉乃「どうしても、体がなまっちゃってるんですよね。もっと運動したいというか、ストレスの発散先を作りたいんです。でも、子育てや家事でなかなか……」

静香「あれ?」意外そうな顔をして、静香はベンチから立ち上がった。「運動とかそういうの興味あったんだ!?おっぱいすごく大きいからそんなに得意じゃないのかと」

莉乃「おっぱい大きいとか関係ないですから!つつかないでください!」

静香「ごめんごめん。でももっと早く言ってくれたらよかったのに」

莉乃「え?」

静香「実は今そういう人向けの会を密かにやってるのよ……しかも私の家で!」

莉乃「そうなんですか!なにをやってるんですか?家でできることと言えば、エアロビクスとか、もしかしたら卓球とかですか?」

静香は顔の前で手を横に振った。

静香「違うよ。もっと激しい、簡単に言うと喧嘩かな」

莉乃「え?喧嘩ですか?」

静香「えっとね~、正確にはみんなで考えたルールの中での喧嘩だから、一種の名前の無いスポーツとでも思ってもらったらいいかな。喧嘩って言っても審判はもちろんいるし、危険な状況になったらストップは入るから」

莉乃「ええ~~~!静香さんも実際に闘ってるんですか?」

静香「ちょっとはね。でも本当にいい運動になるし、きっと楽しいよ。でも最近は審判として見てることが多くなったかな。それでもね~すごく興奮する」

莉乃「……」

ちょっと興味が芽生えた。結婚してからというもの、大学時代から続けていたテニスをすることもなく、運動不足を感じていた。周りには運動する場所も少なく、あってもなかなか利用する時間がない。

静香「いつも夜にやってるの。お子さんが寝た後に、その時間でゆっくり闘えるようにね」

次に聞こうと思っていたことを淡々と話してくる静香。体が勝手にその喧嘩のことをイメージしてしまう……心のどこかで、参加してみたい自分の存在を感じていた。

静香「莉乃ちゃん、今日の夜うちに来る?」

莉乃「今日やるんですか?」

静香「うん、実は莉乃ちゃんと同じように興味のある子を知ってるのよ~これを機にお試しで一回やってみない?観戦者は無しで、私が審判。その子vs莉乃ちゃんということで」

莉乃「どんな方ですか?」続けて「強さは?体格は?」と矢継ぎ早に質問した。

静香「ふふ……そこは会ってから知る方が燃えない?」

莉乃「……」

静香「ちょっと言っておくと、私たちと同じ若奥様よ。おっぱいも莉乃ちゃんくらい大きいかも」

莉乃「そうですか」

年齢はそう変わらないだろう。体力は落ちて来たとはいえ、一般の女性よりは持っている自信がある。どんな闘いかはわからないけど、勝てる自信はある。
そんなことを考えていた。

静香「興奮してきた?」

莉乃「そんなこと……」

静香「とにかく来てみて!きっとはまるから。」

莉乃「わかりました。行ってみます……」

静香「そうこなくっちゃぁ!」

静香は嬉しそうに顔を輝かせた。
その時はまだ、どちらも軽いスポーツをするような、そんなノリだった。莉乃も「楽しみです」と言わんばかりに、微笑んだ。

その夜…………。
午後九時のこと。

佐藤静香の自宅に、莉乃が到着した時、対戦相手はすでに到着していた。「いらっしゃ~い」と静香が中に招いたあと、正座していた対戦相手の姿を見た。

おしとやかな雰囲気の女性で、喧嘩なんてしたことないんじゃないかと思われるような振る舞いだった。おっぱいも確かに莉乃と同じくらい大きかった。

名前は加藤涼子という女性。
莉乃も互いに自己紹介したが、これから闘う相手と考えると落ち着かなかった。涼子も緊張しているように感じた。胸の鼓動が高まるのを感じる。
そんな中、静香が口を開いた。

静香「は~~い、それじゃあルールの説明をします!まあ、でも……」そう言いながら、静香は引き出しから、赤と青のあるものを取り出した。「まずはこれに着替えてね」

涼子「ええ!?廻しですか?」

莉乃「相撲するんですか?」

そんなもの付けたことも無い2人は、困惑した。しかしこれがこの闘いのメインだからと、静香の言うとおりに廻しを締めた。恥ずかしさは勿論あった。しかし不思議と体をぶつけ合う覚悟ができてきた。

「ここからはオリジナルルールなんだけど」、という前置きのもと静香はこれからやることの説明を始めた。

主な流れはこうだ。

1、 まず一般に言われる相撲をとる。
2、 マットあるいは壁に相手の体を倒し込んだ方が、勝者となる。
3、 その後勝者は、30秒間のサービスタイムが与えられ、その間敗者は何も抵抗することができない。
4、 1~3の繰り返し。この中のどこかで相手に「ギブアップ」と言わせた方が勝ち。

反則について
○試合を通して、いずれの時においてもあらゆる打撃攻撃・引っ掻き・噛みつきは禁止。サービスタイムにおいてもこれらは認められない。もし反則が見られた場合、反則を犯した者に1分間のペナルティが与えられ、その間何も抵抗ができない。

○サービスタイム中に敗者が抵抗した場合、さらに1分間のサービスタイムの追加が行われる。

静香「ざっくりこんな感じかしら。あ、それと相撲をするって行ったけど、それについて本物の相撲のルールを適用してるわけじゃないから。あくまでサービスタイムを得る人を決めたいだけだから、ルールの範囲内なら何してもOKよ。でもルール上相撲みたいな形になると思うわ」

予想だにしなかったルールを聞いて、莉乃も涼子も驚いた。相撲で負けたら何をされるのだろうか?逆に勝ったらどんなことをすればいいのか?そもそも相撲で勝てるのだろうか?そんな考えが脳裏を巡った。
それを見た静香も、「まあ、やればわかるって!」と、2人を立たせた。

2mくらいの距離を置き、2人が見合った。お互いの巨乳がぼみゅん、ぼみゅんと揺れた。どちらもそこに目が行った。2人とも気持ちの整理がついていない。何をしようか、何がしたいかなんてまだ決まっていない。

静香「それじゃあ、行くよ!はっけよーい、のこった!!」

しかし静香がそういって手を叩いたとき、莉乃も涼子も自分が想像していた以上の勢いでぶつかりに行っていた…………
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2015/12/06(日) 15:52:34|
  2.   若奥様の遊戯|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:18

短編小説 若奥様の遊戯 ② | ホーム | キャットファイト情報!

コメント

今回は相撲ですか。テーマ的には爆乳親子と違って明るくて
力を入れずに楽しめそうです。でもここからドロドロしそうな
気もしますが、どんな話になるか楽しみです。
  1. 2015/12/06(日) 05:53:30 |
  2. URL |
  3. 裏行戯 #mQop/nM. |
  4. 編集

別の小説を書いてもいいですよ。むしろありがとうございます。この戦いも楽しみですが、やはり爆乳親子のリベンジ戦が1番楽しみで、早く読みたいです。
  1. 2015/12/06(日) 10:16:45 |
  2. URL |
  3. 無名 #- |
  4. 編集

お疲れ様です。
サービスタイムシステムは画期的!30秒あれば何なりとできますもんね、短時間的ドミネーション展開とでも言うのでしょうか。それらを積み重ねるとどんな闘いになるのか今から楽しみです!
そして審判ばかりさせられるという静香の強さが気になりますw
  1. 2015/12/06(日) 11:29:41 |
  2. URL |
  3. のなめ #- |
  4. 編集

いつも見ています!この戦い、少しずつドロドロしていきそうで楽しみです!更新気長に待ってます(^^)
  1. 2015/12/06(日) 17:35:20 |
  2. URL |
  3. 7誌 #X5MGP6uo |
  4. 編集

また新たなアイディアの作品!凄くいいと思います。シリーズ化まで出来そうですね^_^

次の更新も楽しみに待ってます!
  1. 2015/12/06(日) 21:26:47 |
  2. URL |
  3. Yu-ki #FvLIUmYM |
  4. 編集

いつも楽しく見てます。
相撲ネタがいよいよ来ましたね。
是非続きがみたいです。
東雲大学も楽しみにしていますよ
  1. 2015/12/06(日) 22:52:50 |
  2. URL |
  3. 無名 #- |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/12/06(日) 23:54:50 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

新しいシリーズですか。いいですね。
たまに気分を変えて書いてみたくなります。
俺も書き掛けの小説完成させないとなぁ。

FC2ブログでの禁止ワードが増えたらしく、アダルト系サイトでは記事の更新に苦労してるところもあるようです。
表現力が必要な小説サイトでは、これから少し大変かもしれませんね。

年末年始まで日本でのんびりする予定ですが、取り敢えず新たに6冊ほどレズバトルシーンのある小説を取り寄せています。
4冊届きましたが、ワンシーンのエッチにレズバトルが使われているだけで、一冊ガッツリ書かれてる訳じゃないんですよね。
あとの2冊に期待したいところです。
やはり、趣味に突っ走る関係はweb小説やpixivの小説の方が強いかな。

続きも楽しみにしています。
  1. 2015/12/07(月) 11:44:00 |
  2. URL |
  3. まりも #- |
  4. 編集

相撲のレズバトルとかかなり好きなのですごく楽しみです〜
  1. 2015/12/07(月) 14:07:18 |
  2. URL |
  3. らぺ #- |
  4. 編集

アニサン・フェリックスさん、白金さんのブログが見れないのは新しい規制が出来たからでしょうか。
本編と全く関係ないことですみません。
  1. 2015/12/09(水) 00:38:29 |
  2. URL |
  3. 無名 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
いろいろ皆様からご要望がございますが、爆乳~は人気ですね。
それらの続きは勿論のこと、他の人気作品も生み出していきたく思っています。

> 別の小説を書いてもいいですよ。むしろありがとうございます。この戦いも楽しみですが、やはり爆乳親子のリベンジ戦が1番楽しみで、早く読みたいです。
  1. 2015/12/11(金) 01:50:05 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

のなめさん、コメントありがとうございます!
結構いいですよね!短時間的ドミネーション、まさにそれです。
盛り上がったら別の展開も用意したいところですね

> お疲れ様です。
> サービスタイムシステムは画期的!30秒あれば何なりとできますもんね、短時間的ドミネーション展開とでも言うのでしょうか。それらを積み重ねるとどんな闘いになるのか今から楽しみです!
> そして審判ばかりさせられるという静香の強さが気になりますw
  1. 2015/12/11(金) 01:52:19 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

7誌さん、コメントありがとうございます!
応援ありがとうございます。
そう!ドロドロさを出して行きたいと思い、これからを練っております。
お楽しみに

> いつも見ています!この戦い、少しずつドロドロしていきそうで楽しみです!更新気長に待ってます(^^)
  1. 2015/12/11(金) 01:53:17 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

Yu-kiさん、コメントありがとうございます!
シリーズ化は僕のやる気次第でできるかと思いますw
頑張ります

> また新たなアイディアの作品!凄くいいと思います。シリーズ化まで出来そうですね^_^
>
> 次の更新も楽しみに待ってます!
  1. 2015/12/11(金) 01:56:32 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

良く気づかれました!
相撲ネタは初めてですよ!(ほとんど相撲と呼べる事させていませんが・・・)
両作品ともお楽しみください

> いつも楽しく見てます。
> 相撲ネタがいよいよ来ましたね。
> 是非続きがみたいです。
> 東雲大学も楽しみにしていますよ
  1. 2015/12/11(金) 01:57:42 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

まりもさーーん!コメントありがとうございます。
お元気でしょうか?

まりもさんの小説は非常に楽しみにしております。
是非書き上げてください!

FC2の話も聞きました。
もしかしたらうちも引っ越しがあるかもですね(笑)
今年もあと少しですが、頑張ります!
いつもありがとうございます


> 新しいシリーズですか。いいですね。
> たまに気分を変えて書いてみたくなります。
> 俺も書き掛けの小説完成させないとなぁ。
>
> FC2ブログでの禁止ワードが増えたらしく、アダルト系サイトでは記事の更新に苦労してるところもあるようです。
> 表現力が必要な小説サイトでは、これから少し大変かもしれませんね。
>
> 年末年始まで日本でのんびりする予定ですが、取り敢えず新たに6冊ほどレズバトルシーンのある小説を取り寄せています。
> 4冊届きましたが、ワンシーンのエッチにレズバトルが使われているだけで、一冊ガッツリ書かれてる訳じゃないんですよね。
> あとの2冊に期待したいところです。
> やはり、趣味に突っ走る関係はweb小説やpixivの小説の方が強いかな。
>
> 続きも楽しみにしています。
  1. 2015/12/11(金) 02:07:07 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

らぺさん、コメントありがとうございます!
今回はそのあたりが題材です。お楽しみに!

> 相撲のレズバトルとかかなり好きなのですごく楽しみです〜
  1. 2015/12/11(金) 02:08:58 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

あれ?
2週間ほど更新されてないようですが、僕は普通に見えました!
左のリンクから確認できました。
いかがでしょうか?

> アニサン・フェリックスさん、白金さんのブログが見れないのは新しい規制が出来たからでしょうか。
> 本編と全く関係ないことですみません。
  1. 2015/12/11(金) 02:12:13 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/469-bdc00a5e

| ホーム |