さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

爆乳親子キャットファイト2 Part11(FINAL)

爆乳親子キャットファイト2 最後です。

応援ありがとうございました。


理恵は土俵際で持ちこたえる力士のように、律子の体を浮かせて無理やり優位にたった。顔は律子の乳に埋もれている……体力も随分使い息も荒くなる……しかしそんなフラフラの状態で今度は逆に律子の方へがぶりよった。

律子「ああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」

律子もつま先を地に着けて耐える……窒息させてやる……その意志はどんな状況になっても消えることはなかった……
理恵の懸命な反撃をぎりぎりで耐える。
まさにお互いの意地がぶつかり合い、曇った声が雨に溶けていく。命がけの相撲状態が続いた。

「もう流石に乳で絞め落とせる……」

律子がそう思った直後、理恵の両足が自分に絡みついて来た。ぎりぎりの状態で踏みとどまっていた律子の足を、両足とも理恵の足が刈り取った。理恵すら自分の体を支えるものは無い……捨て身の覚悟で、律子は胸を張り出して律子を後方へぶち倒した。

ガツン!!

押し倒された律子の後頭部が、固い石畳に激突した。

律子「あぐっ!!!」

理恵「はぁはぁはぁ!!!うえっ!!おえええええええ!!!!!」

律子の意識が飛んだ。
ばったりと動きが無くなる恐ろしい光景……

理恵「ぜぇ!ぜぇ!ぜぇ!ぜぇ!」

動かない律子の体を、今度は理恵が登っていく。そんな動かない律子の顔に、当然のように爆乳を押し付けていく……まるで、お前はこの乳の下にいるべきだと体で教えるように……

理恵「死んどけええええええええ!!!!!!!」

重い乳で顔を覆い返す……全く動かない相手に対して残酷な攻撃……だが死闘においては全く躊躇は無い。第一、さっき自分もやられたことだ……

律子「…………」

明子「あ、ああぁ……!」

明子の目の前で、母が髪を掴まれて顔を持ち上げられた。ブレストスムーザーによる窒息攻撃は続けたまま、律子の髪を掴んで地面に叩きつけた。

がんっ!!がんっ!びちゃ!びちゃ!

それを何度も繰り返す。
両胸をパンチのように押し出し、頭を地面に打ち付け続ける……

理恵「はぁはぁはぁはぁ!!!!しねええ!!!死ね!!!死ね!!!くたばれえええええええええええええ!!!!!!!」

頭に傷ができるくらい強く打ち付ける……
相手を壊す気で攻め続けた。

律子「んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!!!!!!!!」

体が壊れそうな痛みに目が覚めた律子……しかしそれと同時に呼吸できない苦しさが体を駆け巡った。命の危険を感じてひたすら暴れる……

明子「おかあさん!!!!にげてええええええええええ!!!!!!」

苦しみにもがく律子は、理恵の胸を横から殴りつけた。
ぐちっ!ぐちっ!と潰れる音がする……

理恵「うぎいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!」

弾丸のような理恵の悲鳴が轟いた。パンチを喰らうたびに、母乳が噴き出て律子の顔にぶっかけられる……
まさしく殺し合い。

理恵、律子の腕を掴む。
爆乳で殴り返す。乳を往復させこれでもかと殴りつける。

律子、重いメロンで殴られ、数秒意識が飛ぶ。
鼻から血が流れ始めた。
理恵の乳も赤く染まる。

理恵、鼻血を流し始めた律子の顔を再び乳で絞めつける。

律子、1分間無呼吸が続く。
死にかけの状態で理恵の爆乳を掴んだ。
握りつぶす。
爪を立てる。
そしてバックドロップのようにその乳首を石畳にぶつけた。

理恵、痛みと消耗で動けない
律子、酸欠と消耗で動けない

涙を流し歯を食いしばりながら起き上がろうする2人……
娘たちが最後の闘いを感じ、大声を上げた。

律子、今起き上がろうとしている理恵の頭を抑えつけ、
腰に尻を落とす。
キャメルクラッチのように理恵の顎を持ち上げる。
その顔に巨大なマシュマロおっぱいでふたをする……

娘の理恵が叫び声を上げた。
嫌な記憶が駆け巡った。
当然理恵にも。

前回と同じ光景……
律子の必殺技とも言える攻撃。
敵が動けなくなるまで技をかけ続ける。

律子「ああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」

攻めてる側の律子が大声を上げる。
必死だった。
理恵の顔にも爪痕がつく。それくらい力を込める。

理恵「ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛!!!!!!!」

酸素が足りない。
何とか顎の手を外そうと、手を伸ばすがなかなか外れない。
さらに胸の谷間から流れ込んでくる雨水が、理恵を苦しめる。
体がガタガタ震えだす。

律子「弱いほうが死ぬのよおおおお!!!!!!めすぶたあ!!!!!!わたしが最強なのよおおおおおおおおおおおお!!!!!!」

さらに角度をきつくするように、顎をひっぱる。

律子「いのちごいしなさいよおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!」

理恵「あぁあああ!!んっぶうう!!!ぐりゅううう!!!!!んぶうう!!!おっぶうううううう!!!!!…………っ!!!!!」

理恵、ここで下半身の力が抜け尿を漏らす……
もう本当の限界だった。

しかし……

その状況で、理恵は律子に見えるように中指を突き立てた。



意地でも……例え死にかけても相手に媚びたりはしない。

その姿を見て理央も必死に声を張り上げた。

律子「んんんんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!!!!!!!」

律子の髪が前方へ引っ張られた……
理恵の最後の力。律子の体が一回転し、石畳に激突した。大きく尻もちをつく。
その態勢からおっぱい69の体勢に持ち込む理恵……上から抑え込む。

律子「んんんんんんんんんんんんんむううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!」

律子の爆乳は顎で抑え込み、呼吸を確保する。
その状態でできるだけ呼吸を奪った。
思わぬ反撃を受け、律子も大ダメージを受けた。

返せない…………
返せ……な……

じょろろろろろろろろろろろ……

律子「…………!!!」

同じく限界を迎える律子……
尿を漏らす……
しかしここで理恵も倒れる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

雨音も聞こえなくなった2人。
しかし目の前の相手の乳を見ると、体が勝手に動き出した。

向いあう。
睨み合う。

もう4つん這いにもなれない。
それでも何とか上体だけを浮かせて、乳と乳を合わせた。

ぶちぶちぶち……

理恵「…………」

律子「…………」

ぎゅにゅうううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!
ぐにいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!

腕の力がお互い強くなっていく。
折れそうな力で抱きしめた。
そしてついに…………

どぴゅうううううううう!!!!
ぴゅぴゅぴゅ……

片方の爆乳が、もう一方の爆乳に負けた。

負けた方の乳首から止まらない量の母乳が噴き出す……

理央「……ママ…………?」

明子「……………………おかあさん?」

――――雷が鳴った。

雷光に2人の体が照らされた。



そこには、首が折れたように垂れ、乳首がへしまがった理恵の体があった。
その乳首からは母乳が噴き出ている。

理央「ママアああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!うああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」

泣き叫ぶ理央。
母のもとに向かおうとする……

しかし後ろから明子がしがみついた。チョークスリーパーでそのまま喉を絞める。

明子「お母さんの勝ちなんだああああああああああああああ!!!!!!!やっぱり私のお母さんが一番強いんだあああ!!!!!!」

死体のように口を開けたまま動かない理恵を、律子は離した。
倒れる理恵……
律子は呼吸を整えながら足を絡め、腕を封じ、絶対に脱出不可能なブレストスムーザーを仕掛ける。
酸欠で理恵は何度も気を失った。しかしそのたびに、律子はちょっと……ほんの少しだけ胸を浮かせて、呼吸を許した。

まさに拷問を始めていた。

目を醒ますたびにブレストスムーザーで窒息させられた。

地獄のような苦しみ。

いつまでも続く苦痛、悔しさ……
おぼろげな意識の中でそれだけを感じ取った。

律子「どうですか~2回も負ける気分は?誰を殺すんですって?」

ブレストスムーザー中に体力を取り戻した律子が、笑いながら問いかける。

理央「うあああああああああああ!!!!!!!!!かえしてええええええええええええええええええええ!!!!!!!!かえしてよママああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

律子「娘さんはそういってますよ?返してみてはどうです?」

自分の乳首を理恵の目にぶつけながら、律子は嘲笑った。

律子「この爆乳に!勝つんでしょ!宮本さ~ん」

理恵は動けなかった。もう精魂尽き果てていた。
ただただ涙だけが流れ落ちる。

明子「あんたなんかのお母さんが、わたしのおかあさんに勝てるわけないのよおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

理央「おえええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!」

理央も絞められ続けて倒れる寸前だった。

律子「宮本さ~ん、乳首舐めたら解放してあげますよ♡」

理恵「…………」

首を振る理恵……

律子「……ふふ……そうですよね」

そこからブレストスムーザーで失神すること3回……。
さらに乳ビンタを受けること30回……

理恵は拷問のような攻撃を受け続けた。

律子「明子~。ちょっと代わって」

明子「う、うん」

律子が理央の方に近づいていき、あの技を仕掛けた。

キャメルクラッチに加えて、ブレストスムーザー。子どもにも律子は容赦なく手を出した。

律子「宮本さん。これ見えます?」

理恵は号泣した。
自分が目の前の女に敵わなかったことに……

律子「りおちゃ~ん、ママとわたしどっちが強いかな~。わたしのおっぱいよね?」

一瞬で死にそうになる理央……
しかし……

律子「ん?」

理央は律子に向けて、小さな中指を突き立てた。
完全に頭に血が上った律子。

律子「…………ふ~ん。……そうなんだ」

理恵(理央ぉ…………)

ぶぎゅうううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!

本気のブレストスムーザーを極めた……
理央は失禁し、意識を失った。
そして再び、理恵のもとへ向かった。

律子「本当にむかつく親子ね」

その後、理恵も負けを認めることはなかった。

何発乳ビンタを喰らっても…・・・
乳首を押し潰されても……
何度胸で窒息しても……

朝が来るまで、拷問に耐え続けた。

律子「みやもとさん。もう朝なので、しつれいしますね~誰かに理央ちゃんと一緒に発見されてください」

負けた理恵は律子の5倍はボロボロになっていた。
律子は着替えながら、理恵の胸を踏みにじる。

律子「もしですけど~こんな姿にされて、本気でまだ私に勝てると思ってらっしゃいましたら~」

律子は最後のブレストスムーザーを極めた。

律子「いつでもお越しくださ~い♡♡おもてなししますわ~~~あははは!!!!」

理恵は何度目かわからない失神を迎えた。

明子「おかあさん、やっぱり最強だね!!!」

律子「ふふふ……明子は何にも心配しなくていいのよ~絶対負けないんだから」

竹内親子は笑顔で階段を下りて行った。



理央「うえええええええええええええん!!!!!ママぁ!ママあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

理恵「り………………お…………」

泣きながら母を抱きしめていた理央と理恵は、その後通りかかった神社の関係者に発見されたという。


爆乳親子キャットファイト2 完
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2015/10/18(日) 07:15:19|
  2.   爆乳親子キャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:20

なるみ×なぎさ ―ほけんしつのたたかい― | ホーム | 爆乳親子キャットファイト2 Part10

コメント

理恵さんに勝って欲しかったですが残念です。
  1. 2015/10/18(日) 14:34:51 |
  2. URL |
  3. ネコ1号 #- |
  4. 編集

理恵 lose is very sad
  1. 2015/10/18(日) 16:08:30 |
  2. URL |
  3. kc still #cgp12XGw |
  4. 編集

完結お疲れ様です。
やっぱり完全決着だとすっきりしますね
特に今回は最後の決着が格闘ではなく乳VS乳だったのが良かったです。
乳の格付けが付いてしまったというか…
個人的には最後の最後は宮本親子の心がへし折れてたりすると良かったかなとか思いました。
次回作も楽しみにしています。
  1. 2015/10/18(日) 16:13:29 |
  2. URL |
  3. ゴロ― #- |
  4. 編集

是非、宮本親子がリベンジを成功する小説が読みたいです。
  1. 2015/10/18(日) 18:05:42 |
  2. URL |
  3. 無名 #- |
  4. 編集

さくら様、終了お疲れ様です!!長文になると思いますがお許しください<(_ _)>
終了なので応援側を書かせて頂きますと以前同様、律子さんです。
もうファン過ぎて休みの日は30分に1回はアクセスする始末で、私生活もままならないと
言う、重度のファンの1人です。

人気があり過ぎる作品なので理恵さん好きの為には負けるのを覚悟して読み始めていたのですが、
他の方の意見同様、素晴らしい展開でもう生活はままならず、やはり律子さんが最強であって欲しい!!
気持ちが強くなり過ぎました。結果としてさくら様がこちら側を選んで頂けたのは非常に嬉しいです。

理恵さん派の気持ちも良く分かるのですが、この作品だけはダメですね。どうもある種、親子のイメージが
竹内家が家族、宮本家が女友達と私は感じ取っておりますが、全体的に竹内家が落ち着く気持ちです。
ただ前作の終盤はさすがに「やり過ぎだ。これは負ける(仕方ない)」と思ったのが理恵さん派が
主に感じると思う理央ちゃんに対するブレストスムーザーは頂けなく、今回は理恵さんも理央ちゃんを思う描写は
竹内派の私にも「そうだよね。前回のことを考えれば・・・」と思う反面、「勝ったら、竹内家を見下すだろうし、
理恵さんは好戦的だから律子さんを闘えない身体にする」と思うと、ここで律子さんには理恵さんの再戦意識を絶って
決着をつけて欲しいと続くたびに強くなりました。初めてさくら様の作品に触れた小説がこれですし、
やはり物凄い感情移入してしまうのでこれだけは譲れません。でも皆さん同じ気持ちなんでしょうが・・・
なので最後までコメントには応援している側を書かないようにしています。皆さん同じ気持ちで見守っている方々が
いらっしゃると思うと、終了するまでは表に出すべきでないと思うわけです。でも本当に良かった~(*´▽`*)
これで生活も規則正しく出来る~。

個人的には律子さんはこの時期はほぼ最強であって欲しく、むしろ彼女たちが子を産んだ時期は
最強ではなく、負かされる時も多かった気がするんですよ。どうも明子ちゃんの親思いも好きで、この子のためにも
律子さんはこの時期、最強であって欲しい。負けるところを見たくないと思ってしまいます。
何にしても私には最高の結果で、当分の間は胸のつかえがとれたのが朗報ですね。
  1. 2015/10/18(日) 18:57:56 |
  2. URL |
  3. 裏行戯 #mQop/nM. |
  4. 編集

『爆乳親子キャットファイト2』完結お疲れ様でした。
そして最高の作品をありがとうございます。

無事律子が勝利してホッとしています。何度ハラハラしたことか…ようやくぐっすり眠れそうですw
それにしてもすごい闘いでした。
台詞無しで客観的に限界ギリギリ死の寸前の攻防を描写する場面では読んでるだけのはずのこちらも力が入らずにはいられませんでした!そして満身創痍の中純粋に真っ正面に向き合っての潰し合いでの決着、素晴らしいです!これぞ爆乳同士の決闘の原点だと思いました!

負けはしましたが前回敗れた技を返し、身体が屈してもなお最後まで心までは屈することのなかった理恵も天晴れとしか言いようがありません。
そして理央ですよ…前回は律子に窒息させられかけた時に母の敗北を受け入れてしまった、心が屈してしまった。それが今回は屈することなく挑発仕返しすくらいに成長したというのがまたね、いいですね。
今回の闘いから確実に力をつけている、理恵の精神力をしっかり継承しているのがわかります。
もしも娘同士で闘うことがあれば明子も律子直伝の必殺技があるとはいえ苦戦は必至なんじゃないでしょうか。
とまぁ散々宮本家を誉めましたがその親子をねじ伏せた律子はやはり最高です!祝、二連勝!!

冒頭にも述べましたが、このような素晴らしい作品を生み出してくれたことに心より感謝申し上げます。
これほど更新が待ち遠しい作品はありませんでした!
  1. 2015/10/18(日) 20:58:42 |
  2. URL |
  3. no name #- |
  4. 編集

律子は強いですね。
最後 相撲のようになって決着というのが迫力ありました。
次回作も楽しみにしています。
次は理恵と理央のリベンジが見たいです
  1. 2015/10/18(日) 21:23:27 |
  2. URL |
  3. Seinu #- |
  4. 編集

最終回、決着編、堪能しました。
更新チェックを続け、旅先でpart11を貪り読みましたよ。
おかげで、ツーリング仲間を大いに待たせました!(笑)

帰宅後、part1~11finalまで通しで味わい直しましたが…
やっぱり心打つ作品でした。

さくらさんのこの作品に対する熱意に、感謝×100、では足りない。
ありがとう!

今日はこの余韻に浸りたいので、
小生の闘乳プレイ体験談は別の項でおいおいお話しますね。
  1. 2015/10/18(日) 23:26:30 |
  2. URL |
  3. 闘乳士 #- |
  4. 編集

散々引っ張って結局リベンジ失敗かよ
両方の派がいるんだし、その辺はバランス取ってくれるんだろうと思ってたのに
一方的な闘いよりは、ここはリベンジさせて第三戦の想像の予知を残してほしかった
  1. 2015/10/19(月) 06:20:34 |
  2. URL |
  3. 無名 #- |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/10/22(木) 01:16:39 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

次は

これで続きはないんですか?
理恵親子に同情します。
律子は娘理央ちゃんにまで手を出してるから
許せねぇ💢
次こそはリベンジを果たしてほしい
律子にこれ以上調子に乗らせないでムカつくから
  1. 2015/10/25(日) 21:15:20 |
  2. URL |
  3. トウヤ #coJgPNJs |
  4. 編集

Re: タイトルなし

ネコ1号さん

コメントありがとうございます!
理恵派には確かに残酷なことをしかたもしれませんが、
たまにはこういうのも書きたかったですね('ω')

> 理恵さんに勝って欲しかったですが残念です。
  1. 2015/10/31(土) 22:57:43 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

To kc still

I'm sorry you can not be meet the expectations

> 理恵 lose is very sad
  1. 2015/10/31(土) 23:00:20 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

ゴロ―さん、コメントありがとうございます。
乳と乳の勝負で勝敗をつけたかったというので、
こんな感じで書きました。
最後は負けながらもプライドだけは失わない2人というのを考えながら、書かせていただきました

> 完結お疲れ様です。
> やっぱり完全決着だとすっきりしますね
> 特に今回は最後の決着が格闘ではなく乳VS乳だったのが良かったです。
> 乳の格付けが付いてしまったというか…
> 個人的には最後の最後は宮本親子の心がへし折れてたりすると良かったかなとか思いました。
> 次回作も楽しみにしています。
  1. 2015/10/31(土) 23:09:41 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

続きの構想はあります。
今回応援している方が負けたかたも、そちらを期待していただければ嬉しいです

> 是非、宮本親子がリベンジを成功する小説が読みたいです。
  1. 2015/10/31(土) 23:11:52 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

裏行戯さん、コメントありがとうございます!
今まで全部の回にコメントしていただき、ありがとうございます。
非常にうれしかったです。

ここまでファンになっていただけるとは思いませんでした(笑)
頂いたコメントはいまでも読み返させてもらっています。
これからもどうぞよろしくお願いします

> さくら様、終了お疲れ様です!!長文になると思いますがお許しください<(_ _)>
> 終了なので応援側を書かせて頂きますと以前同様、律子さんです。
> もうファン過ぎて休みの日は30分に1回はアクセスする始末で、私生活もままならないと
> 言う、重度のファンの1人です。
>
> 人気があり過ぎる作品なので理恵さん好きの為には負けるのを覚悟して読み始めていたのですが、
> 他の方の意見同様、素晴らしい展開でもう生活はままならず、やはり律子さんが最強であって欲しい!!
> 気持ちが強くなり過ぎました。結果としてさくら様がこちら側を選んで頂けたのは非常に嬉しいです。
>
> 理恵さん派の気持ちも良く分かるのですが、この作品だけはダメですね。どうもある種、親子のイメージが
> 竹内家が家族、宮本家が女友達と私は感じ取っておりますが、全体的に竹内家が落ち着く気持ちです。
> ただ前作の終盤はさすがに「やり過ぎだ。これは負ける(仕方ない)」と思ったのが理恵さん派が
> 主に感じると思う理央ちゃんに対するブレストスムーザーは頂けなく、今回は理恵さんも理央ちゃんを思う描写は
> 竹内派の私にも「そうだよね。前回のことを考えれば・・・」と思う反面、「勝ったら、竹内家を見下すだろうし、
> 理恵さんは好戦的だから律子さんを闘えない身体にする」と思うと、ここで律子さんには理恵さんの再戦意識を絶って
> 決着をつけて欲しいと続くたびに強くなりました。初めてさくら様の作品に触れた小説がこれですし、
> やはり物凄い感情移入してしまうのでこれだけは譲れません。でも皆さん同じ気持ちなんでしょうが・・・
> なので最後までコメントには応援している側を書かないようにしています。皆さん同じ気持ちで見守っている方々が
> いらっしゃると思うと、終了するまでは表に出すべきでないと思うわけです。でも本当に良かった~(*´▽`*)
> これで生活も規則正しく出来る~。
>
> 個人的には律子さんはこの時期はほぼ最強であって欲しく、むしろ彼女たちが子を産んだ時期は
> 最強ではなく、負かされる時も多かった気がするんですよ。どうも明子ちゃんの親思いも好きで、この子のためにも
> 律子さんはこの時期、最強であって欲しい。負けるところを見たくないと思ってしまいます。
> 何にしても私には最高の結果で、当分の間は胸のつかえがとれたのが朗報ですね。
  1. 2015/10/31(土) 23:31:53 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

no nameさん、コメントありがとうございます!
ずっと応援いただき、ありがとうございました。
リアルに影響を与えるほど、楽しみにしてくださっていた方も多いようで、
非常にびっくりしました。

律子の強さと,乳に対するプライドが表せれたら幸いです。
本当に応援ありがとうございました

> 『爆乳親子キャットファイト2』完結お疲れ様でした。
> そして最高の作品をありがとうございます。
>
> 無事律子が勝利してホッとしています。何度ハラハラしたことか…ようやくぐっすり眠れそうですw
> それにしてもすごい闘いでした。
> 台詞無しで客観的に限界ギリギリ死の寸前の攻防を描写する場面では読んでるだけのはずのこちらも力が入らずにはいられませんでした!そして満身創痍の中純粋に真っ正面に向き合っての潰し合いでの決着、素晴らしいです!これぞ爆乳同士の決闘の原点だと思いました!
>
> 負けはしましたが前回敗れた技を返し、身体が屈してもなお最後まで心までは屈することのなかった理恵も天晴れとしか言いようがありません。
> そして理央ですよ…前回は律子に窒息させられかけた時に母の敗北を受け入れてしまった、心が屈してしまった。それが今回は屈することなく挑発仕返しすくらいに成長したというのがまたね、いいですね。
> 今回の闘いから確実に力をつけている、理恵の精神力をしっかり継承しているのがわかります。
> もしも娘同士で闘うことがあれば明子も律子直伝の必殺技があるとはいえ苦戦は必至なんじゃないでしょうか。
> とまぁ散々宮本家を誉めましたがその親子をねじ伏せた律子はやはり最高です!祝、二連勝!!
>
> 冒頭にも述べましたが、このような素晴らしい作品を生み出してくれたことに心より感謝申し上げます。
> これほど更新が待ち遠しい作品はありませんでした!
  1. 2015/11/01(日) 00:11:21 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

Seinuさん、コメントありがとうございます!
最後乳が乳をねじ伏せるという、爆乳親子キャットファイトの最後に
ふさわしいと思う展開にいたしました。
今後にもご期待ください

> 律子は強いですね。
> 最後 相撲のようになって決着というのが迫力ありました。
> 次回作も楽しみにしています。
> 次は理恵と理央のリベンジが見たいです
  1. 2015/11/01(日) 00:15:21 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

闘乳士さん、コメントありがとうございます!
いつもチェック&コメントしていただいてありがとうございます!

旅行いいですね~
まさかそんなところで読まれているとは思いませんでしたが(笑)

感謝なんてとんでもないです。
いつもありがとうございます!

> 最終回、決着編、堪能しました。
> 更新チェックを続け、旅先でpart11を貪り読みましたよ。
> おかげで、ツーリング仲間を大いに待たせました!(笑)
>
> 帰宅後、part1~11finalまで通しで味わい直しましたが…
> やっぱり心打つ作品でした。
>
> さくらさんのこの作品に対する熱意に、感謝×100、では足りない。
> ありがとう!
>
> 今日はこの余韻に浸りたいので、
> 小生の闘乳プレイ体験談は別の項でおいおいお話しますね。
  1. 2015/11/01(日) 00:23:23 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

今回はこういう形にいたしました。
どういう結果がbestか、というのは人によって違いますので
答えがあるものではないのが難しいところですね(;'∀')
続きの構想はありますので、そちらをご期待ください

> 散々引っ張って結局リベンジ失敗かよ
> 両方の派がいるんだし、その辺はバランス取ってくれるんだろうと思ってたのに
> 一方的な闘いよりは、ここはリベンジさせて第三戦の想像の予知を残してほしかった
  1. 2015/11/01(日) 00:29:39 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/459-2256c1be

| ホーム |