さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

爆乳親子キャットファイト2 Part7

Part7!

アップいたします。
どうぞ~

ご感想いただけると幸いです


横向きの69対決。
お互いに生きるために相手を先に落とそうと考えている。上半身を捻り合い、自分が上になって押し潰そうともがく……。2人の背中は相手の爪痕でいっぱいになっていた。後でヒリヒリと痛むだろうが、今はそれどころではない。
目の前の死闘に無我夢中であった。もう娘の声も聞こえない状態に陥っている。
酸素が足らなくなっていよいよ本当に辛くなってきた2人……

律子「んんぶううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!」

がたん!!!!
大きな音が響き、両者の体が上下に重なり合った。
上になったのは律子であった。

理央「負けないでええええ!!!!!相手ももう死にかけてるんだよおおおおおおおおおおおおおおおおお」

そんな理央の声が聞こえてか、はたまた自分が生きるためか、理恵は律子の体にしがみつくようにブレストスムーザーを仕掛けた。自身の体が浮くような全力の攻めに、上になることに全力を費やした律子は次の攻め合いに出遅れた。

むぎゅうううううううううううう!!!!!!!!

律子の手が力なく垂れ下がった。

明子「ああああああああああああああああああ!!!!!!おかあさあああん!!!!!!!!!」

と、同時に理恵の背中がドシンと床についた。上に乗られているぶん、律子のブレストスムーザーもまだ続いている。 

律子「…………」

理恵「ん…………あぶ…………」

一瞬だが確実に意識が飛んだ2人……理恵の体の上から律子の体が転がり落ちた。
天井を向いて必死に呼吸をする。

律子「はあぁ!はぁ!はぁ!はぁ!おええええええええ!!!!!!ぜえええ!!!ぜええ!!ぜええ!!!うええええええええ!!!!!」

理恵「んええええええええええええええ!!!!!!はぁはぁはぁはぁはぁはぁ!!!!!!!あぐうひいいいいいい!!!!!!はぁはぁはぁ!!!!!おぅえええ!!!!」

2人の裸体が仰向けになり、必死に息を整える……過呼吸のような状態で時折嘔吐するような声を上げながら、もがき苦しんだ。水に沈められた後のような苦痛が襲い掛かってくる。喉に手を当て苦しむ母の姿を見て、理央も明子も焦った。尋常ではない汗も噴き出ている。

律子と理恵が目線をちらっと横に向けると、相手の爆乳が呼吸に合わせて波打っていた。

律子「おえええ!!!!はぁはぁはぁはぁ!!!!!はぁはぁはぁはぁ!!!!ごんな乳にいいいいいいいい!!!!!はあああ!!!はああああ!!!まげるもんですかああああああああ!!!!!!」

理恵「があぁ!!はあああ!!あはああああ!!!はああ!!はあ!!はああ!!ごっぢだってえええええ!!!そんなものには!!!はあぁ!はぁ!おええええええええええ!!!ぜっだい゛まげないいいいいい!!!!!!!」

その後信じられないことにまたしてもブレストスムーザー対決を再開した2人……背中に腕を回し、相手の顔を乳から離さない……
絶対に離さない……

そう思ってはいるのだが……

理恵「が……ぁ……」

律子「……かっ……!!」

理央「何なの!?この闘い……」

明子「本当に……どっちかが……」

相手のブレストスムーザーに負け、絞めつけていられなくなる。どちらか一方がもう少し相手の窒息攻撃に我慢できれば、決着はついていたかもしれない。そんな絶妙なバランスで相打ちが続き、相手を絞め落とすことができない……
相手の乳に耐えられず離れてしまうという屈辱的な状況が、2人の悔しさを増長させた。それ故に何度も相手に向かって行くが、体が言うことを聞かず……

理恵「ああ!!!あああああ!!!がああああああ!!!うえええええええええええ!!!!ぐぞおおおおおおおおおおお!!!!おえええ!!おええええ!!!」

律子「んええええええええ!!!ごほ!げっほ!!ぜえ!!ぜぇ!ぜぇぜぇ!!おえええええええええええ!!!!もうすこしいいい!!!!もうずごじでええええええええ!!!!」

相手の横に喘ぎながら倒れてしまう……5回ほど窒息勝負を挑み、5回とも引き分けたあと、2人は壁を背にしてもたれかかった。

理央「!!」

それを見て理央は外へ走り出した。

明子「あっ!?」

同じことを考え、明子も外へ走り出す……外は大雨だった。無数の雨粒を被りながら、理央は参拝客が身を清めるための手洗い場へと向かって行った。置いてある酌を取り、流れていく水をそこに収めた。わずかに遅れて来た明子と、押し合いへし合いしながら、水を取り合う……

理央「絶対ママが勝つんだからぁ!!!!」

明子「うるさい!そっちなんかもう死にかけじゃん!!」

理央「そっちこそ死にかけでしょ!!?」

お尻をぶつけ合いながら水を汲み終えた2人は、母のいるお堂の中へ戻って行った。階段を慎重に駆け上がり、母たちの様子を確認する娘たち……彼女たちが帰って来たとき、何と律子と理恵は立ち上がって、闘っていた。
バチンバチンと鈍い音が鳴り響き、ボクシングのように乳肉と乳肉がぶつかり合っていた。そして娘たちの目の前で今、大振りの一撃が双方の乳に叩きこまれ、
ぐちゅ!っと不気味な音を立てた……
どしん!、どがっ!と2人が壁を背にまた動けなくなる……

明子「おかあさあああああああん!!!!!!!」

理央「ママあああああああああ!!!!!!」

叫びながら2人は母のもとへ走って行った。もちろん水の入った酌を持って……喘息のように荒い息を繰り返す律子の口元に、明子は水を運んだ。

明子「おかあさん……飲んでええ!!」

律子「あああ!!あああ!!!はぁあはぁはぁはぁ!!!はぁはぁはぁはあはぁ!!!!!んじゅうううううう!!!んぐ!んぐ!」

酌を奪い取るかのような勢いで律子はそれにしゃぶりついた。一瞬でそれを飲み干し、明子を抱きしめた。

律子「んはぁ!んんはぁ!!はぁはぁ!!おえっ!あとちょっとで……おわるからね~あきこ。はぁはぁはぁ!!ちょっと、はぁはぁ、まっててね、はぁはぁはぁ」

明子「だいじょうぶだよね!?勝ってよ!?おかあさん!」

律子「だいじょうぶよ、はぁはぁ、明子のはぁはぁおかげで元気になったから!はぁはぁ!!はぁはぁはぁはぁ!!!」

一方その向かい側で、理恵も水を一滴残らず飲み干していた。酌をそっと置き、理央を抱きしめている。

理恵「はぁはぁはぁはぁはぁはぁ!!ありが、とう、はぁはぁ理央~、はぁはぁはぁはぁはぁ!だ~いすき♡はぁはぁはぁはぁ……!」

理央「ママぁ……勝ってぇ…………!!」

理恵「もちろんよ~はぁはぁ、さあどいて……」

律子「明子、はぁはぁどきなさい……」

理恵と律子は娘を振り払い、四つん這いで相手に向かった。まず膝立ちになり、そこから両腕を開き……

むにゅん!!!!
ぶりゅうん!!!
と、爆乳が押し合わさった。

そして、渾身の力で抱きしめ、相手の爆乳を押し潰しあう!!!

律子「おええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

理恵「おえええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!」

目を固く閉じ、体が壊れそうな苦しみに耐える2人……嗚咽と同時に先ほど飲んだ水を口から吐き出してしまう……その吐き出した水が相手の背中をちょろちょろと流れ、床に流れ落ちた。ブレストスムーザーでなくても、相手の呼吸はこうして奪える……全力で絞めつけ、相手の肩に乗せあった顔から唾液をぶちまけあった……

律子「んんんんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!!」

この拮抗した絞めあいから、律子がさらに自身の爆乳を腕で絞め、より圧力をかけた。自分の乳を押し出し、理恵の爆乳をぐにゃりと圧迫する。

理恵「がああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!おえ!おええええ!!!!」

そらに律子は腰をへし折らんばかりの力で、理恵の引き締まったウエストを締め上げた。

理恵「がああああああああああ!!!!ぐううううううううううううう!!!!!!!
おええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!はぁはぁ!!!んぶうううううううううううううううう!!!!!」

理恵の体が反り返り、泡を吹いた顔が理央の目に入った。

理央「あああああああああああああああ!!!!!!!!!まけないでえええええええええええええええええ!!!!!!!!」


律子はそのまま理恵を押し倒し、押し潰して終わらせようと考えていたが、意地で理恵が踏ん張った。
それどころか、なんと理恵は両足で踏ん張り、立ち上がった。

理恵「やってくれましたわねえええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!」

今度は理恵の反撃が始まった。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2015/09/06(日) 19:34:15|
  2.   爆乳親子キャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

爆乳親子キャットファイト2 Part8 | ホーム | 巨乳専用車両①

コメント

Part7のようです!

本当に熾烈な母親たちの戦いとても良いです! 二人の一つが死んでもおかしくないほど危険ですね!
  1. 2015/09/06(日) 21:29:54 |
  2. URL |
  3. Log #OQ.koiZM |
  4. 編集

さくら様、更新お疲れ様です。
息をするのを忘れて読み入っています。
本当にどうなると固唾を飲んで続くことに
何時まで苦しむのやら(笑)
  1. 2015/09/06(日) 22:06:33 |
  2. URL |
  3. 裏行戯 #mQop/nM. |
  4. 編集

いやー。ハラハラさせられますね
これほど面白いキャットファイト小説は
見たことありません。流れ的に子供達の真の最強も決めて欲しいです。
  1. 2015/09/06(日) 22:11:53 |
  2. URL |
  3. 2118 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

Logさん、コメントありがとうございます!

Part7でした!ありがとうございます。
結構危険な技仕掛けているイメージです。
こういうのリアルでみてみたいですよね~

> Part7のようです!
>
> 本当に熾烈な母親たちの戦いとても良いです! 二人の一つが死んでもおかしくないほど危険ですね!
  1. 2015/09/07(月) 00:33:59 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

裏行戯さん、コメントありがとうございます!
長い間苦しめてすみません。
次は今までよりは早く更新できると思っています!
お楽しみに!

> さくら様、更新お疲れ様です。
> 息をするのを忘れて読み入っています。
> 本当にどうなると固唾を飲んで続くことに
> 何時まで苦しむのやら(笑)
  1. 2015/09/07(月) 00:40:03 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

2118さん、コメントありがとうございます!

めちゃめちゃ嬉しいお言葉ありがとうございます!
今後の動向にご期待ください

> いやー。ハラハラさせられますね
> これほど面白いキャットファイト小説は
> 見たことありません。流れ的に子供達の真の最強も決めて欲しいです。
  1. 2015/09/07(月) 00:42:16 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

『りそう』

さくらさん、久々にコメントします。
社会人一年目、多忙な中でも情熱を失っていない…。見上げたものです。
「爆乳親子CF」続編、小生もドキドキしながら楽しみにしている読み物です。
繊細な描写、心理の表現、臨場感…どれをとっても一級品ですね。
このところ実際の闘乳からは遠ざかっていますが、さくらさんの小説で、瞼を閉じると、目の前で『理想の闘乳』が繰り広げられています。ありがとう、です。
この闘いでは、小生は「律子派」です。小学6年生の子供がいる母親の爆乳は、律子タイプの爆乳の方がリアリティがあるからです。理恵のように「張りのあるキレイな球形」の爆乳は殆ど実在しません。小生の数少ない経験からは…。
この小説は繰り返し読み返していますが、これをを参考に『理想の闘乳』を求めて、また実戦復帰しようかな…なんて、考える今日このごろです…(笑)
続き、楽しみです。


  1. 2015/09/07(月) 22:51:10 |
  2. URL |
  3. 闘乳士 #- |
  4. 編集

更新お疲れ様です。
すごいですね。本当に死んでもおかしくないような激しい闘いで読んでるこちらも息を止めてしまいそうになります。
個人的に今乳ボクシングにはまってるので両者の全身全霊の一撃をぶつけ合っていたシーンにグッときました!

次回理恵の反撃がくるでしょうがなんとか耐え抜いて律子が最後に勝利を収めてほしいです。頑張れ律子!
  1. 2015/09/10(木) 01:41:07 |
  2. URL |
  3. no name(律子推し) #- |
  4. 編集

更新お疲れ様です。 小説は読みながらその状況が頭に描かれていくのが理想だと思いますがさくらさんは誤字も脱字もなく読みやすくテンポもあり最高です。改行の仕方も読みやすく私は一文読むごとに状況を投影、反映しながら読み進めています。今後の更新も無理せずに進めて下さい。楽しみに待ってます。
  1. 2015/09/12(土) 08:45:43 |
  2. URL |
  3. 文ちゃん #- |
  4. 編集

Re: 『りそう』

闘乳士殿!
お久しぶりでございます!

今でもキャットファイトに対する情熱は熱いですよーー!
頑張っております!

闘乳士さんの実際の経験、もっと語っていただきたく思います。
やはり実際のものを見て来たとなるとご意見をお伺いしたくなります(^^)/

爆乳親子キャットファイト2も見ていただいて光栄です。
これからもどうぞよろしくお願いいたします

> さくらさん、久々にコメントします。
> 社会人一年目、多忙な中でも情熱を失っていない…。見上げたものです。
> 「爆乳親子CF」続編、小生もドキドキしながら楽しみにしている読み物です。
> 繊細な描写、心理の表現、臨場感…どれをとっても一級品ですね。
> このところ実際の闘乳からは遠ざかっていますが、さくらさんの小説で、瞼を閉じると、目の前で『理想の闘乳』が繰り広げられています。ありがとう、です。
> この闘いでは、小生は「律子派」です。小学6年生の子供がいる母親の爆乳は、律子タイプの爆乳の方がリアリティがあるからです。理恵のように「張りのあるキレイな球形」の爆乳は殆ど実在しません。小生の数少ない経験からは…。
> この小説は繰り返し読み返していますが、これをを参考に『理想の闘乳』を求めて、また実戦復帰しようかな…なんて、考える今日このごろです…(笑)
> 続き、楽しみです。
  1. 2015/09/14(月) 02:05:50 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

no name(律子推し)さん、コメントありがとうございます!

感情移入していただき、うれしいです。
律子のファンのようで……今後の闘いっぷりも見て行ってください!

宜しくお願いします

> 更新お疲れ様です。
> すごいですね。本当に死んでもおかしくないような激しい闘いで読んでるこちらも息を止めてしまいそうになります。
> 個人的に今乳ボクシングにはまってるので両者の全身全霊の一撃をぶつけ合っていたシーンにグッときました!
>
> 次回理恵の反撃がくるでしょうがなんとか耐え抜いて律子が最後に勝利を収めてほしいです。頑張れ律子!
  1. 2015/09/14(月) 02:12:00 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

文ちゃんさん、コメントありがとうございます!
小説の読みやすさについて、そのように言っていただけると嬉しいです。
おっしゃる通り、テンポがよくなるようにと考えておりまして、本当は小説としてはダメなのですが、
『』の前に名前を書いたり、一文を短くしたりと工夫をしております。
ちょっとそれが逆にダメだなーと思う時はあるのですが・・・・・・

続きアップいたしました!
できればまたコメントのほどよろしくお願いします!

> 更新お疲れ様です。 小説は読みながらその状況が頭に描かれていくのが理想だと思いますがさくらさんは誤字も脱字もなく読みやすくテンポもあり最高です。改行の仕方も読みやすく私は一文読むごとに状況を投影、反映しながら読み進めています。今後の更新も無理せずに進めて下さい。楽しみに待ってます。
  1. 2015/09/14(月) 02:14:53 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/451-10a70f37

| ホーム |