さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

続き

マキvsメグミです


試合が始まった

まずお互いに腕を取り合って、力比べを行う

やっぱりメグミの力は強い・・・押されるぅ・・・

マキ「はあ・・・はあ・・・はあ・・・」

メグミ「・・・はあ・・・はあ・・・行くわよ!!」

マキ「!!はぐうううう!!!」

メグミは私の手をいきなり放して、私のお腹に手を回してきた。そしてそのまま思いっきり締めつけられる・・・ベアハッグの状態となった
ぎゅううううううううううううう!!

マキ「うわああああああああああ!!!!!」

く・・・苦しい・・・・・・息が・・・

メグミ「ほら!苦しいでしょ!こんのおおおおおお!!」

マキ「ぐああああああああああ!!」

ほんとに力が強い。手を引き剥がすことができない。

メグミ「離さないんだからあ!!」

マキ「くうううううううう・・・・・・負けない!!」

引き剥がせないのなら、このまま攻撃してやる。メグミの髪の毛を掴み引っ張りあげる

メグミ「あああああああああん!!!!!」

これで手を放してくれればありがたかったのだが、メグミは攻撃をやめない。むしろ力を込めて締めつけてくる。

マキ「あうううううううううううう!!離してえぇぇ!!!」

メグミ「あんたこそおぉぉぉ!!」

私は髪を引っ張るのをやめて、メグミの横腹にパンチを入れ始めた
あまりに体が密着しすぎて力が入らないが、何度も何度もパンチを入れる

メグミ「ぐううううううううううう・・・・・・」

マキ「はあ・・・・・・はあ・・・・・・ああああああああ!!!」

我慢比べだ。先に力が尽きるとそのままやられてしまう・・・けど・・・もう苦しすぎて・・・力が入らない・・・・・・

マキ「このおおおおお!!!」

どごっ!意識が遠くなる寸前に、思い切り一撃を入れてやった。

メグミ「はっ・・・はぐうううううううう・・・・・・」

ついにベアハッグから解放された。バタンと倒れこむ私とメグミ・・・
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2010/03/24(水) 14:48:06|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

続き その2 | ホーム | 新作開始

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/4-fd110ac8

| ホーム |