さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

ぶつかり合い

私たちも相当な疲労だった・・・

お互いに走れない。しかも地面はぐちゃぐちゃの泥。この追いかけっこは長くは続かなかった。

ユキは奪った腕輪を自分の腕につけ、私に振り返った。

逃げるのはもうやめ・・・・・・ってことか・・・

私たちは何も言わずに、向かい合った。そして両手を組み合って、相手を放さない・・・

両手を組み合った後の、髪のつかみ合い。

私たちはお互いの髪を引っ張って、相手を泥に引き込みあった・・・
しかし足場の悪いこの戦場、相手を崩しても自分まで崩れざるを得ない

私たちはほぼ同時に倒れこんだ。

どろどろの地面。体が凄く重い。今の疲労が一層それを感じさせる

ユキは私の髪を掴み、泥に押し込んできた・・・
苦しい・・・悔しい・・・・・・
負けずに顔を上げて、ユキの後ろに回る・・・・・・

そして、ユキの首を締め上げた。

しかし、苦しくなる前にユキは肘で私の横腹に突きを入れてきた・・・
くっそお!!だめ、我慢できない・・・・・・

首から手を放した・・・でも・・・・・・

ぎゅううううううううう!!!!!!!!

私はユキの胸を掴んで、そして立ち上がった。
ユキから叫び声が放たれる・・・
立ち上がる勢いで、胸を引きちぎるつもりで潰してやった・・・かなり痛いはず・・・・・・
そのまま、ぎゅっとユキの腰に手を回した。

そして・・・・・・

ジャーマンスープレックスに移った!!
思いっきり踏ん張って、ユキの頭を地面に叩きつけるつもりだった・・・
しかし、足場の悪さと、ユキの抵抗があってバランスが崩れた・・・

私たちの体は宙を舞い・・・

ズドン!!

私たち二人の頭が同時に泥に激突した・・・

ばったりと倒れる私とユキ。

その結末は?

続く
スポンサーサイト


    web拍手 by FC2
  1. 2010/06/25(金) 12:04:48|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

泥だらけの決闘 | ホーム | 三つ巴 2

コメント

No title

更新に気付いた瞬間、『うおおおおお!』って叫んじゃいました(笑)



今後とも期待してますo(^-^)o
  1. 2010/06/25(金) 21:38:00 |
  2. URL |
  3. ミニラ #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

> 更新に気付いた瞬間、『うおおおおお!』って叫んじゃいました(笑)

>

> 今後とも期待してますo(^-^)o



ありがとうござます。



ゆっくりになるかもしれませんが、更新していきたいと思います。

よろしくお願いします。
  1. 2010/06/26(土) 09:44:00 |
  2. URL |
  3. さくら #79D/WHSg |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/37-d20314e3

| ホーム |