さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

FLR Part13

FLR Part13になります

よろしくお願いします


半日前くらいに一度アップしたと思ったのですが、なぜか消してしまってました
すみません

その間にコメントいただいた、ロバさん、ありがとうございます!

それと、返信できていませんがいつもコメントをくださる皆様、ありがとうございます。読ませてもらって力にしています

それでは、どうぞ


ルーシィとフレアのお互いの長所を活かした闘いは、激しさを増していた。

ルーシィ「ふぎいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!」

ルーシィは大きな尻を活かしてフェイスシッティングからの手マンでフレアを責めた。視界と呼吸を完全に奪い、その状態からの手マンの威力は絶大だった。絶頂を一瞬で迎え、体力も精神力もフレアから奪っていった。

フレア「金髪ぅ・・・・・・わたしが仕留めてやるぅ・・・・・・!!!!!!」

フレアはパンパンに張った大きな胸を使ってルーシィの顔を潰しにかかった。ブレストスムーザーでひたすらルーシィを責めながら、さらにふとももでルーシィの股間を擦り上げた。摩擦でルーシィの股間が温まり、一層敏感になった股間を押しつぶすように愛撫する。呼吸を奪い、体が必死になって酸素を求めている状況でさらなる股間攻撃・・・・・・快感を我慢する余裕なんてどこにもなかった。

2人は胸と尻を使って大技を極め合いながら、もつれ合った。フレアがブレストスムーザーを極めては、それを何とか脱出したルーシィがフェイスシッティングでフレアを追い込む・・・・・・フェイスシッティングと同時に来る手マン攻撃に快感を感じながらも、フレアもルーシィの尻を両手で押し返して抜け出る。そこでもう一度フェイスシットを喰らっては致命的なダメージになるので、必死にブレストスムーザーで呼吸を奪い返す。ドロドロの展開になっていた。

戦い続けて数分が経ち、ルーシィがフェイスシットでまた押さえ込んだ。

ルーシィ「あんたには負けないんだからぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!!」

フレア「んぐううっ!!ぐう!!ぶ、ぶ、ぶううう!!!!」

ルーシィの今回のフェイスシットは、逝かせることよりも呼吸を奪うことに重点を置いている。お尻に体重を掛け、顔面全体を激しく圧迫する。しかし当然このまま落としてしまったら反則負けになるため、ずっと呼吸を奪うわけにもいかない。タイミングを見て股間攻撃に切り替える!

フレア「あ、ああ、ああああああああああん!!!!くるううううううううううううううううううううう!!!!!!!!」

ぷしゃああああああああああああああああああ!!!!!!!

フレア「んぶううううううううううううううううううう!!!!!!!」

逝かせた瞬間ルーシィはフレアの口を尻で蓋をするように塞いだ。苦しさと快感で倒れそうになるフレア・・・・・・体がピクピクと震え始めている。

ルーシィ「おわりよおおおおおおおおぉ!!!!!」

限界までルーシィは尻で呼吸を奪った。そしてもう一度行かせようと尻を上げた瞬間、フレアはルーシィの股間に指を差し込んだ!

ルーシィ「ひゃうううううううううううううううううう!!!!!」

フレア「う・・・・・・あう・・・・・・きん・・・・・・ぱつぅ・・・・・・!」

ルーシィが快感で怯んでいる間に、フレアはルーシィの体を横に押し倒した。ルーシィが起き上がるよりわずかに早くフレアはルーシィに覆いかぶさった。
正面から正面で覆いかぶさり、腕で腕を、足で足を抑える。

ルーシィ「か、かあ!んんんんんんんんん!!!!」

フレア「はぁはぁはぁはぁはぁはぁ!!!!んんんんんんんんんん!!!!!」

次の瞬間、フレアは飛び上がるように跳ねてルーシィの顔を胸で潰した。そしてルーシィの手から自分の手を離した。その手で自分の胸をルーシィの顔に向けて押し出し、今までよりずっと苦しいブレストスムーザーを仕掛けた。さっきまでの仕返しに呼吸を奪うことだけに集中する。

ルーシィ「く、んぶ!くうううう!!!!」

屈辱的な自分の姿にルーシィは歯を食いしばって耐えている。
ぐにゅううう!!ぐにゅううう!!!
フレアの胸が力強く押し込まれている!

フレア「はぁはぁはぁはぁ!よくも!きたない尻で!!!!はぁはぁ!!よくもおおおおおおおおおお!!!!!!!」

ルーシィ「んぶ!んぶ!!んんんんんんんんんんんんん!!!!!」

ルーシィが愛液を噴出した!
フレアはルーシィの股間を太股で愛撫していたのだ。しかしブレストスムーザーに耐えるのが精一杯でルーシィは動けなかった。

フレア「はぁはぁ!逝き果てろぉ・・・・・・」

ルーシィ「んんんんっ!はっ!はっ!んっくうううう!!!!」

ぷしゅううううううううううううううううううううう!!!!!!!

ルーシィがまたしても愛液を噴き出す。しかし・・・・・・

フレア「んっはああああああああああああああああん!!!!!!!っくうううううううううううううううう!!!!!!!!」

ルーシィは舌を突き出して、フレアの乳首を舐めていた。ブレストスムーザーで呼吸が苦しい中舌を出すのは、かなり辛かったがフレアの武器である胸を直接攻撃した。

フレア「んああああああああああああああ゛あ゛あ゛!!!!」

ルーシィ「こんのおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

体が浮いたフレアの乳首を今度は握るルーシィ・・・・・・しかし今度はフレアのルーシィの乳首を握ってきた!

フレア「んんんんんっ!!」

ルーシィ「くんんんんん!!!!」

いつの間にかルーシィもフレアの股間を擦りだし、2人は横向きにって乳首と股間を愛撫しあった!

ルーシィ・フレア「んあああああああああああああああああ!!!!!!!!」

ぷしゃあああああ!!!!
ぶしゅうううううう!!!!!!

2人の愛液が飛び散り、相手にかかった。
そしてその絶頂を期に、2人は距離を取った。ごろんと転がり大きく呼吸をする。しかし2人ともゆっくりはしなかった。立ち上がり、相手を睨みつける。
そして次の一瞬だった。2人は詰め寄った。そして胸と胸、口と口を合わせて、相撲のような体勢で責め合った。しかも手マン状態・・・・・・できる限りの快感を与え合う。

ルーシィ(まけたくない・・・・・・負けたくないぜったいにぃ!!!)

フレア(まけるもんか・・・・・・まけるもんかぁあぁぁぁぁ!!!!)

全身での逝かせ合い。女と女の意地のぶつかり合い・・・・・・

フレア「んじゅ!んじゅ!!んああああああああああ!!!!!!」

フレアの足がガクッと崩れた。
どさっ!!!
体勢の崩れたフレアはルーシィに押し倒された!

フレア「くそおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

ルーシィ「はぁはぁはぁはぁ・・・・・・わたしの・・・・・・かちねええ!!!!」

快感の与え合いで負けたフレア・・・・・・精神的にダメージが大きかった。しかも押し倒したルーシィはさらにフェイスシットで追撃してきた。顔面を押しつぶして今度こそ終わらそうと責めようとした。

フレア「んぐ!!」

それを嫌ったフレアは、とっさに後ろを向いた。しかしそれにも関わらずルーシィはフレアの後頭部をお尻で潰した。

フレア「んぐううううううううううううううううう!!!!!」

地面に顔を押し付けられるフレア・・・・・・屈辱と悔しさで泣いていた。悔しさでうめき声を上げるフレアの首筋に座り込むルーシィ。さらにルーシィはフレアの腰に抱きつき、なんと逆エビ固めのように持ち上げた。

フレア「くああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」

それを頭に座った状態でやるのだからフレアもたまったものではなかった。胸も顔もルーシィの尻で押しつぶされながら苦痛の表情を見せる。

ルーシィ「んじゅんじゅんんずううううう!!!!!」

フレア「はっあああ!!!ああああああああああ!!!!!くっそおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

どうしようもなかった。フレアはそのままルーシィが股間に舌を挿入させ、何度も何度もピストン運動するのをひたすら感じるしか出来なかった・・・・・・

フレア「くっそおおおお!!!くそおおお!!ああああ!!あああああああああああ!!!!!!!!」

無防備に股間を天に突き上げさせられた格好で、フレアは何度も何度も逝った。そしてそのうち何も考えることができなくなり・・・・・・

ぶしゅううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!

愛液を噴水のように上げた。

フレア「かっ・・・・・・・・・・・・!」

ばたっ!

ルーシィはフレアを離した。完全に気を失っている。

ルーシィ「はぁはぁはぁはぁ・・・・・・・・・・・・ふうぅ・・・・・・」

地面に手をついて呼吸を整えるルーシィ。今日3人目の相手だった。疲労もそれなりに貯まってきている。そして4人目の相手が目の前にいた。

エルザ「さすがだな、ルーシィ・・・・・・」

カグラ・ミネルバとの死闘で体力を消耗していたエルザ・・・・・・少しは回復したようで、ルーシィの方に向かって立っている。

ルーシィ「はぁはぁ・・・・・・いよいよエルザかぁ・・・・・・」

注目のカードが始まる。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2013/06/16(日) 18:25:35|
  2.   FLR|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

遊び | ホーム | FLR Part12

コメント

どうぞ とありますが、続きが見れないのは私だけでしょうか?
  1. 2013/06/16(日) 18:38:51 |
  2. URL |
  3. 774 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

774さんすみません!忘れておりました。ご指摘ありがとうございます!

> どうぞ とありますが、続きが見れないのは私だけでしょうか?

  1. 2013/06/16(日) 18:42:23 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

原作ではルーシィ酷い負け方したので、今回ようやく勝ててホッとしました。
それにしても、次はルーシィ対エルザですか!てっきり決勝で戦うのかと思っていましたが・・・。
先の読めない展開で、いつも続きを楽しみにしています!

あ、小説の続きUPしました。
結局、近いうちに書くと言ってから、一月半経ちましたが・・・。
アドバイスとか頂けたら嬉しいです。
  1. 2013/06/16(日) 20:49:27 |
  2. URL |
  3. アルパッカ #- |
  4. 編集

フレアといいミネルバといい敵女が苦しんでいる姿を想像するとすごい興奮します。
  1. 2013/06/17(月) 21:40:05 |
  2. URL |
  3. 無名 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

ネチネチと苦しむ姿を想像すると僕も興奮します(笑)
悪役が最後にはやられるというのは王道ですが、やっぱりいいですよね

> フレアといいミネルバといい敵女が苦しんでいる姿を想像するとすごい興奮します。
  1. 2013/06/18(火) 02:08:12 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

アルパッカさん、コメントありがとうございます!
そうですねー、原作ではあんな形で負けたのでこちらでは勝たせましたァ!でも原作の負けて悔しがる姿に萌えたのは内緒です(笑)
エルザとルーシィはここで闘います!どうなるか・・・・・・お楽しみに!

小説の方も読ませていただきました!感想を添えておきました。続きも期待しています!!

> 原作ではルーシィ酷い負け方したので、今回ようやく勝ててホッとしました。
> それにしても、次はルーシィ対エルザですか!てっきり決勝で戦うのかと思っていましたが・・・。
> 先の読めない展開で、いつも続きを楽しみにしています!
>
> あ、小説の続きUPしました。
> 結局、近いうちに書くと言ってから、一月半経ちましたが・・・。
> アドバイスとか頂けたら嬉しいです。
  1. 2013/06/18(火) 02:14:55 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/312-acfbd286

| ホーム |