さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

FLR Part4

FLR Part4です
まさかの二夜連続投稿です。

どうぞ~


ミラ「んじゅ!んむ!んむ!あん!ああん!!」

ジェニー「んむ!あああ!!ああああん!!んちゅうう!!!!」

とある通りで闘う美女2人はミラとジェニーのグラビア同士だった。2人とも膝を着き、抱きしめ合い激しいキスを始めている。キスバトルにおいて今大会で、この2人より激しい闘いをしている組みはなかった。ミラもジェニーもお互いの唾液を浴びるように口を近づけ、吸い付き、口をドロドロにする。

ジェニー「んじゅ!ううんんんんっじゅ!!!れろ!れえろお!!」

ジェニーはミラの口から口を外し、ミラの首筋に吸い付いた。跡が赤くなるほど強く吸い続ける!

ミラ「ふああ!あ!あ!あああああ!!!ん!!はむうううううううう!!!!!!」

ジェニー「ひいいいいいいっ!!!!!」

ミラは近づいてきたジェニーを逆に利用して、ジェニーの耳に吸い付いた。

ミラ「あむううううう!!!」

ジェニー「はむうううううう!!!」

しばらくすると、ジェニーからミラへの攻撃を止めた。それを見てミラもジェニーと向かい合った。そして目が合うと同時に2人は顔を近づけた。

ぎゅっ!ぎゅっ!

相手の後頭部に腕を回して、強く締め付け合う2人・・・・・・お互いの舌が交差し、深いキスの応酬となった。2人とも息が続く限界まで相手を絞め、キスを続けた。

ぷはあっ!!

2人が同時に顔を離す。それと同時に唾液が吹っ飛んだ。

ミラ「んあ!いいわ!ジェニー!もっと気持ちいいことし合いましょう!!あああああああああん!!!!!」

ジェニーがミラの耳に舌を挿入し、舐め回せばミラが喘ぎ声を上げ、

ジェニー「ん!!はううううううん!!そ、そこはあああああ!!!!」

ミラがジェニーの鎖骨に吸い付き舐め回し、ジェニーが悶えた。甘い喘ぎ声を上げながら、2人はお互いが繰り出すキス地獄を受け続けた。

●●●

そしてここは街の噴水付近。ウルティアとジュビアの闘う場所だった。むぎゅううううう!!! と、音を立てながら2人のムチムチの肉体が絡み合っている。今は完全に密着して立っている2人・・・・・・あまり動きがないようだが、激しい闘いが行われていた。

ジュビア「んぐううう!!!ハァハァハァ!!!んぎいいいいいい!!!」

ウルティア「はぁはぁはぁ!!負けはしない!!んいいいいい!!!!!」

お互いの肩に顎を乗せて、できるだけ接近して太股を擦り付けた。しかしその攻撃をすればするほど相手との距離は近くなり、反撃も喰らい易くなる。だがそんなことを気にする2人でもなかった。相手より自分の方が強ければそれで勝てるということなのだから・・・・・・
そしてウルティアがさらに激しい攻撃に移行した。ジュビアの腰に手を回し、彼女を持ち上げるようにして浮かせたのだ。その股間にウルティアは深く太股を差し込んで、スライドさせた!

ズリズリズリズリ・・・・・・ンジュ!!

ジュビア「んああっ!!ああっはあああああ♥」

ジュビアはその会館に背中を仰け反らせ、口を大きく開けてよがった。ウルティアのムチムチの太股のスライド攻撃を止めようと、ジュビアは太股で挟み返そうとしたが快感でそれができない。ウルティアの攻撃速度を緩めるくらいで、反撃できていない。

ウルティア「んんんんんんんんんんんんんん!!!!!!!!」

ジュビア(あ・・・・・・あ・・・・・・!何て、股の、威力・・・・・・)

しかしジュビアも責め返した。ウルティアに持ち上げられた体を前傾させ、胸をウルティアの顔面に押し付けた! 柔らかい胸は簡単にウルティアの呼吸を奪った。

ウルティア「ん!んぶう!!んぶ!!」

ジュビア「はぁはぁはぁあああああん♥」

ウルティア(息が・・・・・・目が・・・・・・)

視界も呼吸も奪っているジュビアのブレストスムーザー・・・・・・しかし股間からはウルティアの太股が襲ってくる。しかし、のしかかるように責めるジュビアはウルティアの体を押し倒しつつあった。息ができなく目も見えないとあっては、ウルティアも辛かった。

ジュビア「押し倒してえええ!!あげますうううう!!!!んっはあああああああああああああああああああ♥」

むちゅ!むんちゅ!んじゅ!!んちゅうう!!んちゅうう!!!

ウルティアはジュビアの乳首に吸い付いた。しかも唇を当てるだけではない。赤ん坊が母乳を飲む時のように吸い上げたのだ! 

ジュビア「んううううううううううううっふうううううううう!!!!!」

その快感で喘ぎ声を上げながら、ジュビアは背中をのけぞってしまった。それによって呼吸と視界を取り戻したウルティア・・・・・・ジュビアの体ごと噴水に突っ込んだ!
バシャアアアアアアアアアアン!!!!

女性2人分の水しぶきが高く上がった。倒れた今、再び太股の擦り付け合いが始まった。お互いの太股の熱さをまんこに感じながら擦り付け合った。しかも水中での逝かせ合い・・・・・・水の魔道士であるジュビアでさえも魔力が使えない今は水に苦しめられる。抱き合いながら責める2人だったが、下になったほうは大きく体力を失った。

ジュビア「んじゅううう!!んぶうう!!ぶくぶくぶく!!んぶううう!!!」

ウルティア「んぶおおおお!!んぶうう!!!んぶうう!!!ぶぶぶう!!!」

上になり下になり、水の中を蹴って転がりながら股間を愛撫し続けた。そして体が横向きになって止まった。睨み合いながら股を擦り付け合う2人・・・・・・そこから2人の闘いはさらに激しくなる!

●●●

ぶつかり合ってからずっと激しい闘いを繰り広げているのは、エルザvsカグラだった。低い態勢でぶつかって、相手の腰に手を回し合う。そこから相手の体を押さえながら、まんこに指を挿入する。ものすごいスピードで責め立て、責められては逃げと激しい動きを繰り返している・・・・・・

ガシガシッ!
両手を取り合う2人・・・・・・エルザが頭を、クッと下げカグラの乳首を舐める。
それに対して歯を食いしばり一切のうめき声を上げないカグラ・・・・・・反撃に太股を突き上げるようにエルザのまんこに押し当てた。その勢いでひっくり返す・・・・・・
カグラは逆に上を奪って、エルザの乳首を舐め返した。エルザの大きな胸の先端を舌で舐めまわす! しかしこれにエルザも喘ぎ声を上げない! 唇を噛み締め快感を受けていることに気づかせない・・・・・・
エルザは腕を使って、自らの胸に吸い付いてくるカグラを締め付けた。フェアリーテイルで1、2位を争うほど大きな胸を持つエルザの胸がカグラを苦しめる。しかしそれも予想していたカグラは顔を横に向けて逃れていた。しかも横を向いたまま舌を伸ばし、エルザの乳首を舐め続ける! 
ブレストスムーザーに失敗したエルザ・・・・・・それならばと密着しているカグラのまんこに長い指をズブッっと差し込んだが・・・・・・

カグラ「んああああああああ!!!!」

エルザ「んうううううううう!!!!」

カグラも同じ攻撃を仕掛けていた。一瞬で急所を愛撫する2人のテクニック・・・・・・今まで喘ぎ声を上げるのも我慢していた2人だが、ついに喘ぎ声を上げてしまった。2人は一度距離を取った。

カグラ「はぁはぁはぁ・・・・・・」

エルザ「はあ・・・はあ・・・・・・」

少し息を整えただけで2人はまたぶつかり合った。カグラはエルザの上半身を抱き寄せ、キスを仕掛けた。それに応じるエルザ・・・・・・舌を差し込み合う・・・・・・普通なら逝くのを我慢して涙目になるものだ。しかし彼女たちは違った。わたしが逝かせてやる・・・・・・必ず勝つと言わんばかりの目で相手を睨みつける。じっと睨んだままのキス勝負・・・・・・呼吸に限界が来たのか、エルザが快感を与え少しだけ押し切ったのかカグラが、うっと怯んだ。その瞬間エルザは仕掛けた。

カグラの左足に両腕を回し、強引に押し倒したのだ!
その拍子にキス勝負は終了した・・・・・・そこからは、貝合わせ勝負となった・・・・・・
倒れ込んだ2人はお互いの足を捕らえた。エルザから仕掛けた貝合わせ勝負だったが、カグラも乗ってきた。相手の足を引き寄せ合い、お互いの貝を擦りあわせた!

カグラ「んっ!んんあ!!あっ!ああ!!」

エルザ「んん!!くっ!!くはあ!!」

カグラ「貴様には!もう負けん!!んあああ!!!んんん!!!!」

エルザ「私とて!妖精女王の名において!!必ず!!んあああ!!ああああ!!!勝ってみせる!!!んうううううう!!!!!」

歯を食いしばりながら貝合わせで責め合う2人・・・・・・相手の強さに驚いていた。2人とも貝合わせでは今まで他の者の追随を受けない強さを持っていた。それが互角で、まさかここまでやるとは思わなかったのだ。
長時間貝合わせを続け、お互いの貝が潮を噴き出し、襲いかかる快感に頭がおかしくなりそうな時、2人の傍にある女が現れた。

「楽しそうじゃな」

エルザ「はぁはぁ・・・・・・貴様は・・・・・・」

カグラ「ちょうどいい・・・・・・はぁはぁ・・・・・・貴様は、死んだほうがましというくらい・・・・・・逝かせてやる・・・・・・」

ミネルバ「ふふ・・・・・・いいから早くわらわも混ぜてくれんかの?」

立っていたのは、和風美女のミネルバだった。胸・尻ともに張りのある裸体を見せつけ、挑発する・・・・・・

エルザvsカグラにミネルバが加わる・・・・・・このことがどう闘いに影響するのか?
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2013/05/04(土) 02:45:23|
  2.   FLR|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

FLR Part5 | ホーム | FLR Part3

コメント

 二日連続はすごいですね♪これからも頑張ってくださいq(^-^q)
 エルザとカグラの戦いにミネルバが入ってきましたね。この三人の戦いはとても見たかったですし、またさくらさんの小説の中で1対1対1はあまりなかったのでとても楽しみにしています。頑張ってください
  1. 2013/05/04(土) 19:08:07 |
  2. URL |
  3. タネ #- |
  4. 編集

エルザVSカグラVSミネルバの戦い非常に楽しみです^^
原作通りの展開となるのか、それともまた違う展開となるのか……そしてフレアはどうなったのか?
これからも楽しみにしてます^^
  1. 2013/05/04(土) 19:51:10 |
  2. URL |
  3. 774 #- |
  4. 編集

2日連続の更新お疲れ様です。キャラの個性を生かした展開に驚嘆です。色々なシュチェーションを同時に楽しめて又それがごちゃごちゃにならない書き方にさくらさんの文章構成の巧みさを感じてます。今後の展開に期待膨らませてます。特にエルザ絡みの展開に
  1. 2013/05/04(土) 23:42:52 |
  2. URL |
  3. 文ちゃん #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

タネさん、コメントありがとうございます!
最近単行本37巻が発売されましたけど、この3人が表紙でしたね。めっちゃ良かったです。この3人が全裸でキャットファイトでもしてくれれば・・・・・・とか思いましたけど、マガジンでそんなの有り得ませんよねww
でもその有り得ない対決をこのブログで書くのが何となく楽しみです。
応援ありがとうございます

>  二日連続はすごいですね♪これからも頑張ってくださいq(^-^q)
>  エルザとカグラの戦いにミネルバが入ってきましたね。この三人の戦いはとても見たかったですし、またさくらさんの小説の中で1対1対1はあまりなかったのでとても楽しみにしています。頑張ってください
  1. 2013/05/05(日) 04:32:00 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

774さん、毎回コメントありがとうございます!
この3竦みは気になるところですよね・・・・・・このコメントでは敢えて何も言いませんが、ご期待ください!

> エルザVSカグラVSミネルバの戦い非常に楽しみです^^
> 原作通りの展開となるのか、それともまた違う展開となるのか……そしてフレアはどうなったのか?
> これからも楽しみにしてます^^
  1. 2013/05/05(日) 04:35:00 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

文ちゃんさん、コメントありがとうございます

原作はもっとキャラに個性がありますが、それが僕の力では出し切れてないですね><
取りあえず皆様にわかりやすいように、を第一に書いています。
文ちゃんさん、原作を少し読まれましたか?エルザもいいキャラですよね。エルザ絡みの展開、ぜひご期待下さい

> 2日連続の更新お疲れ様です。キャラの個性を生かした展開に驚嘆です。色々なシュチェーションを同時に楽しめて又それがごちゃごちゃにならない書き方にさくらさんの文章構成の巧みさを感じてます。今後の展開に期待膨らませてます。特にエルザ絡みの展開に
  1. 2013/05/05(日) 04:39:13 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/300-8a4c7576

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。