さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

エロバトル!!

羽交い絞めされていた腕を振りほどき、

私は体を反転させ、密着させたままアイカの体を抱きしめた

アイカ「いやああああああ・・・・・・・・・」

私たちの胸が密着したまま、抱きしめたのでお互いの胸が戦う・・・
胸と胸が主張し合って、潰そうそうとする

胸を圧迫されるというのは、苦しい・・・
潰されれば潰されるほど苦しみは増す・・・

マキ「落ちちゃえぇぇぇ・・・・・・・・・」

アイカ「うえぇぇぇぇぇぇぇ・・・」

下になっていて苦しいのか、アイカは私の髪の毛を引っ張ってきた。
痛いいいいいいいいい!!

マキ「ひぎいいいいいいいいい!!!」

アイカ「んおおおおおおおおおおおお・・・・・・」

私もアイカの髪を引っ張って、反撃する。やられたらやり返す・・・相手にも同じ痛みを味合わせてやるんだから!

マキ「ほら・・・あんたの胸、潰れっぱなしよ・・・私の巨乳に勝とうなんて・・・不可能よ・・・」

アイカ「何よ・・・調子にのってるんじゃ・・・ないわよ・・・私のは形がいいのよ・・・・・・」

マキ「ふん・・・・・・負け犬ね・・・・・・」

アイカ「うるさいわね・・・・・・あんたの胸の弱点なんか・・・・・・わかってんのよ・・・・・・」

マキ「ひゃああああああ!!」


アイカは私とアイカの乳の間に、無理やり手を入れてきた。
そのまま私の乳首を・・・

マキ「ああっ!あああああん!!」

またしてもクリクリといじってくるアイカ。
ああっ・・・力がぁ・・・!

マキ「あっ!だめえぇぇぇ!」

アイカ「ほらほら、自慢の胸でしょ?」

マキ「くううううううううううううう・・・」

アイカは体を起こしてきた。力が抜けた私は簡単にひっくり返されてしまった。形勢が逆転する・・・
なされるがままに仰向けにされた私。その後すぐに私の目の前から、2つの大きな丸が近づいてきた・・・

マキ「んんんんんんんん!!むんんんんんんん!!」

そして目の前が真っ暗になる・・・アイカの胸に私の顔が押し潰されている
く・・・・・・苦しいぃ・・・・・・悔しい
さっき私のほうが胸が大きいと言ったからか、その胸を使った攻撃をしてくるアイカ

頭を強く胸に押し付けていて、脱出ができない。苦しくてもがいてみるも、無駄だった。

アイカ「くらえぇぇぇぇぇ!!」

マキ「ぶぐうううううううううううううううううううううう!!!」

呼吸が苦しい・・・アイカのやつ思いっきり顔を締め付けてくる・・・
乳が・・・口や鼻を密閉して・・・

マキ「んんんんんんんんんんんんんん!!!」

だめええ!負けちゃう・・・・・・何とか・・・何とかしなきゃ・・・・・・

ペロ・・・

アイカ「な・・・・・・なに・・・・・・・・??」

マキ「んんんんんんんんん・・・」

アイカ「はあっ!ああん!はああああああああああああ!!!」

私はアイカの胸に顔を押し潰されていた。その状態から私は舌を出して、アイカの乳首をなめまわした。

アイカ「は・・・いいいいいやああああああああん・・・」

アイカは私の顔からその巨乳を離した・・・でもそうはさせない。私はその胸を掴み、再び吸い付く・・・
アイカの胸を口に含み、舌で乳首を転がす・・・かなり動きが鈍るアイカ。

アイカ「はぁはぁはぁ・・・しょうぶ・・・・・・・・・!」

そう言うとアイカは私の胸に手を伸ばし、またしても揉みほぐして来る・・・

ペロペロペロペロ・・・
むにゅううううううううううううううううう・・・

私が胸を舐めて、アイカが胸を揉む・・・
そんな戦い。

マキ「はあっ・・・はあっ・・・はあっ・・・おかしくしてやるぅ・・・・・・」

刺激のし合い・・・
体は泥だらけ・・・顔はお互いに真っ赤・・・

アイカ「私は・・・・・・負けない・・・・・・はぁはぁはぁ・・・・・・」

巨乳の攻め合い・・・

痛みを与え合うわけでもない戦いが続く

アイカ「はぁはぁはぁ・・・私の勝ちね・・・・・・」

マキ「んあ・・・あ・・・なんでよ!?」

アイカ「私はまだ・・・・・・乳首を攻めてないのよ・・・・・・」

マキ「!!!んんんんんん!!」

はああああっ! 

そんな・・・

乳首は・・・・・・・

マキ「あああああああああああああ!!!!」

・・・・・・・・・

アイカ「はぁはぁ・・・・・・?まだ・・・・・・意識があるみたいね・・・・・・」

マキ「は・・・・・・はぁ・・・・・・」

だめ・・・・・・起き上がれない・・・・・・

だがさすがにアイカも力を使ったらしく、私の体を押さえ込むだけで攻撃はしてない・・・
ただ、上半身をがちがちに押さえ込まれている

アイカ「でも・・・・・もうすぐ終わるわよ・・・・・・」

どすっ・・・どすっ・・・・・・

マキ「かはああああああああ!!」

股間に凄まじい痛みが走る。

アイカのひざが股間を直撃したからだ。それを連続でやってくる・・・

マキ「ぐはあああああああああああ!!」

続く

スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2010/05/02(日) 09:39:48|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

エロバトル!!! | ホーム | 更新できず・・・

コメント

No title

ひじょうに楽しめました。続きを期待しています
  1. 2010/05/02(日) 21:47:00 |
  2. URL |
  3. ハッチ #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

ありがとうございます。



頑張らせていただきます。
  1. 2010/05/02(日) 22:16:00 |
  2. URL |
  3. さくら #79D/WHSg |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/30-b7b9c5f0

| ホーム |