さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

とある女子中学校のキャットファイトレポート Part2

遅くなってすみません。

リクエスト作品の続きです!


翌日。

輝世「はいはい!みんな窓閉めて!机は円形になるように置こうよ!」

さて、体育の授業も終わり教室に戻ってきました。みんなまだ着替えていません。体操服のままです。みんなに指示してキャットファ・・・・・・いや、おっぱい比べの準備をしてもらってます。もう朝からドッキドキしてます。だって愛奈ちゃんも鈴香ちゃんも目を合わせる度に、睨み合うんですよ!もうライバル心のようなものが生まれちゃってます。最高ですねえ!
 さっきまでやってた体育の時も険悪な感じは続いていました。身長が近いということでこの2人は準備体操を組まされていたんですけど、一切言葉を発していません。柔軟運動の時は必要以上に相手の体を押していた気もします。お互い相手が気に入らないんでしょう。本当にいつでも闘いは勃発しそうです!
そして今!腕を組んでまた睨み合っています!!昨日と同じくらい顔を近づけて、さらに今日はお互いの巨乳を押し当てあってます!!もう!すごすぎて!私も興奮してます!!!テンション高くてすみません!

そして机で囲ったリングが出来上がり、その中に全員が入りました。じゃあ、盛り上げて行きましょう!!

輝世「はーーーーい!!!それじゃあ、いよいよどっちが巨乳か比べっこしよーーー!!!」

「負けるなー、愛奈ちゃん!見せてあげて!!」
「鈴香ちゃん!負けないで!!」

鈴香「絶対負けないもん!」

愛奈「私だって負けないから!」

2人は上の体操着を脱ぎ始めました。おっぱいが苦しそうになりながら服を脱ぐ姿もまたグットです。白のブラジャーに包まれた愛奈ちゃんのおっぱいと、黒のブラジャーで包まれた鈴香ちゃんの胸がどーーんと、現れました。

「きゃああああああ!」
「すごーーーーーい!」

2人のおっぱいが現れることで、周りの温度も上がりました。なんといっても両者Fカップと自称するだけあって、その迫力は相当です。
バチバチと火花を散らす2人の間に割って入りました!このポジション最高ですね!2人のおっぱいを触りながら、距離を取らせました。

輝世「じゃあ、愛奈ちゃん意気込みをどうぞーーー!」

愛奈ちゃんが自分の胸を揉みました。少しでも大きく見えるようにするためでしょうか?素晴らしいです!
ぼいん!ぼいん!とおっぱいが揺れています!

愛奈「絶対、鈴香ちゃんより私の胸の方が大きいもん。負けるわけありませーん!」

「いいよ、愛奈ちゃん!」

友達からも、わああああ!と声が上がった。

輝世「そう言ってますけど、鈴香ちゃんはどうですか!?」

「言ってやれー!鈴香ちゃん!」

鈴香サイドも負けていない。口々に声援が聞こえる。

鈴香「一番は私ですう!絶対それは譲らないから!」

熱くなってきましたぁ!!2人とも容姿も性格も素晴らしいです!!もう興奮がとまらないです!じゃあ、そろそろ比べあってもらいましょうか・・・・・・

輝世「じゃあ、存分に比べあってください!」

鈴香「ブラも脱いでよ、私も脱ぐから」

愛奈「私もそのつもりだったよ。」

なんと2人はさらにブラジャーまで脱ぎ始めました。ということは・・・・・・
ばるん!ばるん!
2人ともトップレスです。しかもこの巨乳!乳首までくっきりと解放されています!さらに盛り上がる教室・・・・・・いきなり上裸って・・・・・・やる気満々ですね!!
でもブラジャーをとった本来の目的は違っていたようです。2人はお互いのブラを交換し始めました。

「え?」
「なにしてんの?」

輝世「おっと!相手のブラジャーをつけ始めましたぁ!これはどういうことでしょうか?」

身につけると2人は自分の味方に向かって言いました。

鈴香「みんなー!こんな小さいブラすぐはち切れるから見ててねえ!」

愛奈ちゃんがいらっときてるのが、雰囲気で伝わりました。すぐに言い返しました。

愛奈「ふん!みんなぁ!はち切れるのはこっちのブラだからねえ!」

鈴香・愛奈「ううううううううううう!!!!!」

輝世「激しい睨み合いです!さあ、ブラをはち切るとはいったいどういう意味なんでしょうか?」

私が喋ったあと、ついに2人は距離を取りました。

鈴香「こっちを見ててよぉ!!んんんんんんんんん!!!」

愛奈「いーや!こっちだよ!!ふにいいいいいいいいいいいい!!!!」

ミチチチチチチチチチ!!!!ムチイイイイイイイイ!!!!
「きゃあああああああああ!!すごーーーーい!!」

輝世「ハァ!ハァ!これはすごいです!なんと・・・・・・2人とも息を思いきり吸い込み、その胸を張っています。ブラジャーはパンパンに張り詰め、確かに切れそうです!」

切れそうなくらい張り詰めるブラジャーもすごいんですが・・・・・・

鈴香「ハァハァ!!うにいいい!!うにいいいい!!んいいいい!!」

愛奈「はぁはぁはぁ!!んにいい!んにいい!!」

2人とも可愛すぎですううう!!!!腰に両手を当てて、背中を反り返してブラジャーを胸で引っ張っています!その口から出る一生懸命な声!もっともっと張り合ってもらいましょう!

輝世「2人とも相当ブラジャーを張り詰めているんですが、切る程には至りません!これは2人の巨乳は本当に互角ということなんでしょうか!!?」

2人は目をぎゅっと閉じ、歯を食いしばりながら胸を張った!

鈴香「ハァハァハァハァ!!!私の方が大きいもん!!見ててよ!!!!!」

愛奈「はぁはぁはぁ!!!互角なんかじゃないもん!!!私が勝つもん!!!」

神様こんな2人と同じクラスでありがとうございます!もっと!もっと!!

輝世「おっとぁ!愛奈ちゃんの胸の当たりから『ジジジ』という音が聞こえてきましたぁ!もうすぐ千切れるのでしょうかぁ!?」

「いけえええええ!愛奈ちゃん!!もうちょっとだよおおおおお!!」

鈴香(なんでよおおお!?お姉ちゃんのブラジャー借りてきたのにーーー!!!)
鈴香「負けないもん!!!!!」

輝世「ああ!鈴香ちゃんのブラが糸みたいに細くなっています!!鈴香ちゃんの巨乳にブラジャーが負けそうですうう!!」

「勝てるよー!鈴香ちゃん!!ちぎっちゃええ!!」

愛奈(お姉ちゃんのブラを付けてきたのに!負けるわけにはいかないの!!)
愛奈「んああああああああ!!!んにいい!!んにいいい!!!」

鈴香・愛奈「んぎいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!」

「いけええええええ!!!」
「もうちょっとで、ちぎれるよおお!!!」

輝世「さあ、どちらが勝つのでしょうかぁ!?」

しかし本当にブラジャーが切れかけていたとき、2人には呼吸の限界が訪れました。苦しくて息をハアッと吐きだした時、ヨレヨレになった2人のブラジャーはその胸から落ちました。こんな状態じゃあ勝負もできません。

鈴香「ハァ!ハァ!ハァ!ハァ!ハァ!」

愛奈「はぁぁ!はぁあ!はぁぁあ!はぁぁ!」

クラスメイトは再びあらわになった2人の巨乳に、大声を上げています。そしてまさかの引き分けに周囲のテンションも最高潮です!!

輝世「引き分けー!この勝負引き分けです!!」

んんんんんんん!!と悔しそうに拳を握りしめて、2人はまた睨み合いました。互角というのが気に入らないんでしょう!2人はブラジャーを外し、相手に投げつけ合いました!もう臨戦態勢は整っています!いつでも殴り始めそうです!
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2013/03/21(木) 16:13:45|
  2.   乳首のへし折り合い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

とある女子中学校のキャットファイトレポート Part3 | ホーム | とある女子中学校のキャットファイトレポート Part1

コメント

第三者目線斬新でとてもいいですね☆
輝世はとてもいいキャラですね(*´∀`)♪
現実でもこうやってケンカさせれればとってもいいんですが

  1. 2013/03/22(金) 23:43:38 |
  2. URL |
  3. タネ #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

タネさん、コメントありがとうございます!

輝世みたいな女の子いてほしいですよね!!女の子に乗り移れれば・・・・・・

> 第三者目線斬新でとてもいいですね☆
> 輝世はとてもいいキャラですね(*´∀`)♪
> 現実でもこうやってケンカさせれればとってもいいんですが
  1. 2013/03/23(土) 02:21:35 |
  2. URL |
  3. さくら1511 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/280-6303097d

| ホーム |