さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

ECF大学の2人目

東雲大学の続きです

書いていると、漫画家や小説家は本当に大変だなと心から思います




ECF大学先鋒の夏美を破った湊。偉そうに外にいる早百合たちにピースサインを送っている。体格の差を感じさせない湊の戦いぶりに驚くも、これで先鋒2人が脱落した。

湊も疲労があるだろうがまだまだやれそうだ。

沙枝「あ~あ。夏美の奴、伸びちゃってるよ。まあ、あいつも少しやる奴だったけど」

その夏美と入れ替わりに杏奈が闘技場の中に入る。

杏奈「思ったより早く出番が回ってきたわ。た・の・し・み!」

八雲「やってきなさい杏奈。最も私が闘う相手を残しておいてもよくてよ」

杏奈「はいはい。」

しかしこの八雲のセリフが冗談で言っているわけでもないことに、周りの者は気づいている。その気になれば何人抜きでもできるだろう。それほどの実力者。

そして湊と杏奈が対峙する。

杏奈「本当は先鋒の娘とやりたかったんだけど、あんたで我慢するわ」

湊「え~~~、どういう意味かな?わかんないんだけど」

杏奈「発育途中の体を潰すのは面白くないなって思ってるの、わかった?」

湊「へぇ~。そうなんだぁ。」

落ち着いて返答しているように見えるが、内心では腹を立てている湊。自分の体について言われるのは一番嫌なことだった。

湊「私と当たったこと、後悔させてあげる」

そして2人の戦いが始まった。

闘いはゆっくり湊が近づいて行くところから始まった。

杏奈「来なさい、お嬢ちゃん」

湊「言われなくてもやっちゃうよ~」

がしっ!がしっ!
2人の手が組み合った。しかしそれは一瞬だけだった。

湊が足を振り上げ、杏奈の顎を狙った。それを避ける杏奈だった。しかし振り上げた足を、湊は今度はかかと落としのように振り下げ、杏奈の後頭部に直撃させた。

杏奈「あんっ!」

湊「ねぇ・・・・・・だれの体が発育途中なの?」

ぎりぎりぎり!!!

湊は降りてきた杏奈の頭を股で挟んで、後頭部に座った。

湊「絞め落としちゃうよぉ・・・・・・?」

お尻をぎゅっと絞めて、杏奈の頚動脈を圧迫する湊。

杏奈「いいわよぉ・・・・・・!もっとやってみなさいよ、この幼児体型!」

そう言われた瞬間、湊は両足を浮かせ折りたたんだ。支えが無くなった杏奈の顔面が、地面に打ち付けられる・・・・・・

どかん!

湊「はぁはぁ・・・・・・どう、お姉ちゃん。」

数秒、杏奈の動きがピクリともしなくなった。あまりの静けさにもう勝負が着いたのではないかというくらいだった。
 しかし突然杏奈の体は動いた。湊の体を力だけで浮かして、振り払った。その湊の腹に飛び移り、マウントを奪う杏奈。口を切っているようで、血が滲んでいる。

杏奈「いいねえ・・・・・・もっと痛いことしようよ!ねえ!」

杏奈は、湊の髪を握り湊の頭を床に打ち付けた。

湊「ひあぁっ・・・・・・あ!・・・・・・ああ!!や・・・・・・やめ・・・・・・!」

慌てて後頭部を庇う湊。代わりに顔や腹を殴られても頭だけはかばっている。

絵理奈「湊・・・・・・様子がおかしいですわ!」

早百合「あの娘、確か2回戦で頭を打ったって・・・・・・」

絵理奈「それに違いありませんわ!なんて運が悪いの・・・・・・」

頭を庇ってることは何となく気づいている杏奈。それでも容赦はしない。

杏奈「ねえ!ねえ!頭ばっか気にしてるとさぁ!」

湊の小ぶりな胸が、しっかりと杏奈に掴まれた。

杏奈「こっちのが大変なことになっちゃうよおお!!!!!!!」

湊「いやああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

杏奈はただ湊の胸を掴んだだけではなかった。爪を胸に突きたて、そして自らの体を反らすことによって、湊の胸を引っ張った。

杏奈「あはははは!!!!!いい声ねえ!!ほら!もっと泣きなよ!ほら!!」

湊もあまり激痛で、抵抗してきた。しかし胸を庇おうとした瞬間、杏奈は湊の頭を再び床に叩きつけた。

湊「・・・・・・かっはぁ!」

がたっ!

早百合と絵理奈が動き出した。しかし彼女たちの腕は、美月によって掴まれた。

早百合「はなし・・・・・・!!」

その掴まれた腕から確かに感じる怒り・・・・・・美月も今の光景を何も感じていないわけではない。しかしここで乱入しても、今までの戦いが無駄になるだけなのだ。ここは苦しくても耐える・・・・・・
早百合も絵理奈も大人しくとどまった。

湊への攻撃は続いて10分後・・・・・・湊の胸は真っ赤に腫れ、体中にあざが出来ていた。もう胸を握られても声がでない。動かない状態。

杏奈「あ~あ。面白くない。もう終わり?」

動かない湊・・・・・・

杏奈「じゃあ、さっさと落ちて」

杏奈は首を絞め始めた。杏奈が体を近づけた瞬間、湊は杏奈の胸を引っ掻いた。

杏奈「んあああっ!!!!!!!!!」

引っ掻かれた箇所が血で滲む・・・・・・

杏奈「さっさと落ちな!!この!!!!」

最後の力を使い果たした湊は、ついに動かなくなり気絶していった。

スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2012/12/24(月) 23:27:52|
  2.   東雲大学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

カスタマイズ式キャットファイト | ホーム | コメント返信という名の更新稼ぎ

コメント

コピー ピアス

調査によると、バッグ類の模倣品は武漢が随所に見られるので、カラダにひとペアの“物事を見抜く鋭い眼」は必要。
  1. 2012/12/25(火) 18:52:27 |
  2. URL |
  3. コピー ピアス #klvewrmY |
  4. 編集

湊ダメだったか・・・
しかしトラウマを突いてくるとは!こりゃ次の大会(あるのか?)までに克服しないとヤバイですね・・・


そしてこのままズルズルとこのパターンが続いたら東雲学園が負けてしまうッ!!!
  1. 2012/12/27(木) 16:42:02 |
  2. URL |
  3. めら #dQZervxw |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/232-fee4cc85

| ホーム |