さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

真の巨乳決定戦!

みんなも大好き(?)このみちゃんの試合が始まります。

1人のキャットファイターとして成長を遂げるこのみ。最強校、ECF大学に果たして通用するのか?

みなさんには一気に読んで欲しくて、このみと夏美の試合は1記事にまとめております

迫力・泥臭さが伝わってくれると嬉しいです


のみ「ああああああああああああああ!!!!!!!!」

夏美「やあああああああああああああ!!!!!!」

両手を突き出した2人・・・・・・そしてお互いがその手を掴みあった。このみの左乳と、夏美の右乳がぶつかり、そして潰れる。小ぶりなメロンくらいある2人の乳がぷにゅぷにゅと動く。さらに額同士もぶつけ合い、最初は力比べを続ける。

このみ「はぁ!はぁ!はぁ!負けるもんか!!!!」

夏美「いいいいいい!!!私も負けないもん!!!!」

しばらくはその状態で組合っていたが、今度は両乳が合わさる展開となった。完全に真っ向からの力比べ・・・・・・2人とも最初に相手を押し倒そうと、声を荒げて押し合う。

このみ「あああ!!あああ!!あああ!!」

夏美「んん!!あああ!!!あああ!!」

いつもはその乳圧で相手をすぐに押し倒していた2人が、今回は倒せない。それに対して焦り、そして悔しがった。互角に思えた組み合いだったが、夏美が競り勝った。夏美の力でこのみの乳を這い上がるように夏美の乳がこのみに迫っていった。

このみ「ぐうううううううう!!!!!ああああああああああ!!!!!!」

夏美「んのおお!!んんんんんん!!!!!」

夏美の体がこのみに覆いかぶさり、全体重がこのみにかかる状態に・・・・・・腰が折られ、押し込まれそうになるこのみ・・・・・・踏ん張るが長らくは持たなかった。後ろ向いて思い切り倒されるこのみ。衝撃のあまり金網まで吹き飛んだ。

このみ「ああああああああああああああああ!!!!!!」

金網のそばで見ていた早百合や絵理奈のそばの金網にぶつかった。このみの肉が金網に食い込み、跡がつく・・・・・・
後が無くなったこのみの両手を押し込んで、必殺のブレストスムーザーをこのみに浴びせようとする夏美。しかしそうはさせまいと、このみがその手を押し返して夏美を遠ざける。一気に勝負をつけようとする夏美と、それを必死に逃れようとするこのみ・・・・・・お互いにすでに全力だった。

夏美「ああああああああああああああああ!!!!!!!」

このみ「くううううううううううううううううううう!!!!!!」

ブレストスムーザーを極められる前に、このみは夏美の体を横に押し倒した。ガラガラと金網がうるさくなり、少女達の声をかき消す。夏美を横に押し倒すと同時に、今度は逆に夏美の体にまたがった。このみもブレストスムーザーを極めようとするが、夏美がそうはさせない。ぎりぎりのところで押し返し持ちこたえ、呼吸は確保する。

夏美「あ!あ!あああ!!」

このみ「はぁ!はぁ!はぁ!ああああ!!!!」

ブレストスムーザーが極りそうで極まらない・・・・・・そうやって時間をかけているうちに、夏美はこのみの足に足を絡ませ、ひっくり返した。

夏美「あああ!!!ああああああ!!!極まれええええええ!!!!!!」

このみ「んんんんんんん!!!!!いやだああああ!!!負けたくない!!!!」

今度は夏美が上になって押し合う。ブレストスムーザーの極め合いになったが、どうしても極めきれない・・・・・・しかし夏美は今度は攻めを変えた。夏美は今度は乳と乳を押し当て、体が上になったことを利用して、バストプレスを仕掛けた。

このみ「あっがあああ!!!!あああうううう!!!あううううう!!!!ううううううううううう!!!!!!!」
このみ(何なのこのおっぱいの圧力は!!!!!くるしいいいいいいいいいい!!!!!!)

夏美「んんんんんんんんんんん!!!!!!んぎいいいいいいいいいいい!!!!!!」
夏美(う、上から攻めてるのにいいい!!!!くるしいいいいいいいい!!!!!)

ぷにゅぷにゅと乳同士がぶつかって潰れ、横に広がる。両者苦しみのあまり、口をぱかりと開け、舌を出す。しかしそれでも攻撃し続ける。
胸を押し出し続ける・・・・・・

夏美「うううううううう!!!!!あああああああああああ!!!!!!!」

このみ「んあああああああああああああああああ!!!!!!んんんんん!!!!んんんんんんんんん!!!!!!」

呼吸がどんどん苦しくなるこのみだったが、引くどころかこのみは夏美の胸周りに腕を回し、攻めた。自分が敷いた相手がそんなことをしてきたのは初めてで、夏美は一瞬怯んだ。下からでも攻めてくるこのみに驚きを隠せない・・・・・・
このみは攻める・・・・・・肩でブリッジを極め、夏美の体を浮かせた。返されまいと自身の体重をこのみの胸に預ける夏美だったが、このみは負けなかった。

このみ「うううううううううん!!!!!!!!!!!」

このみは夏美の体を押し返し、夏美を敷き返した。今度はこのみが夏美を胸で押さえ込む。ばるんばるんの胸で夏美を押さえつけ、それだけで呼吸を苦しめる。今まで自分がこうやって相手を苦しめてきたのに、今回は自分がやられる夏美。想像を絶するこのみの乳圧に息を飲んだ。しかし驚いたのはこのみも同じだった。

このみ(この娘、おっぱいが潰れないい!!!!!!)

いつもなら自分の重量感たっぷりの胸で敷かれた相手の胸は苦しそうに横に広がり、潰れ、パンパンに張るが、夏美の胸は違った。下からでも、このみの胸を包み込もうとする夏美の胸・・・・・・このみに押しきられることなく、このみの体の下から抜け出し、バストプレスを回避した。体はお互い横向きになり、そのまま絞め付け合いに・・・・・・ムチムチした女の肉体が、ミシミシと音を立ててぶつかり合う。

むちゅ!ぐちゅ!

お互いの汗で滑る相手の体・・・・・・変な音を立てながらも2人は絞め付け合った。

このみ「はぁ!はぁ!はぁ!はぁ!はぁ!ううううううううう!!!!!!」

夏美「あぐ!あぐ!ああ!ああ!ああああ!!」

お互いの喘ぎ声が聞こえる。痛いほど強く絞め付け合い、体力を奪うと同時に戦意を喪失させようとしたが、止める様子なんて見られなかった。寧ろ自分が強い力で絞めれば絞めるほど、相手も強い力で返してくる・・・・・・
一進一退の攻防が続く。
喘ぎ苦しみながら絞める2人が、自分たちが戦っている胸を見た。今のところ完全に互角で、どっちが潰れるかなんてわからない。そして今度は相手と目が合った。

このみ「ぜったい、まけないからぁ!」

夏美「こっちの・・・・・・セリフ!!!」

自分の巨乳が相手の胸を潰そうとしているのに、気持ちで負けるわけにはいかない。意地とプライドにかけてぶつかり合っている。

このみ「くあああああああああああああああ!!!!!!」

夏美「んあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

全力状態で絞め付け続ける2人。それにより胸があらぬ形に変形していることは明らかである。歯を食いしばり、目もぎゅっと閉じ、体中で力が入っていない場所なんてどこにもない。それくらい夢中に抱きしめあった。

ミシミシと乳同士が音を立てる。

このみ「はぁはぁはぁ!!!!くうううううううううううう!!!!!ああああああああああああああああああああ!!!!!!」

夏美「んあああああああああああああ!!!!!!私が勝つんだあああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

ぎゅうううううううううううううう!!!!!
みちいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!

そこからこのみと夏美は15分もの間、ただ相手を絞め付け胸だけで相手の胸を潰そうとした。お互い体は横を向き体勢は五分と五分・・・・・・地力の差が出るところ・・・・・・
絞め合って真っ赤になっているお互いの胸を見る・・・・・・

夏美「どう・・・・・・だぁ・・・・・・!!!!?」

このみ「あああああ!!!!いやあああああああ!!!!!!!なんでなのおおおお!!!!!?」

その2つの胸は向かい合う、敵の胸を押し返そうと必死で張り合っていたが、純粋な胸の勝負で夏美が優勢に立っていた・・・・・・このみの胸をわずかだが押し返し、包むように覆ってきている。真っ向勝負でこのみの胸は夏美の胸に負けた・・・・・・その差はわずかだが、組み合った2人ははっきりどっちが勝っているかわかった。

夏美「私のおっぱいが最強なのよおお!!!!!」

このみ「んあああああ!!!いやあああ!!負けないで!!!!」

そう言っている間にみるみる夏美の胸はこのみの胸を押し潰す。圧倒的大きさと迫力・・・・・・このみの胸ですら押される。

このみ「がんばってえええええ!!!!わたしのおっぱいぃ!!!!あううううううううううううううううううう!!!!!!!!」

夏美「まけない!!!私のおっぱいはぜったい負けない!!!!」

ミチミチ・・・・・・ミシミシ・・・・・・このみの叫び声が次第に大きくなる中、胸同士がぶつかり、不気味な音を立てる。
ぐいぐいと迫ってくる夏美の乳に必死に対抗するこのみの乳。苦しみと敗北感に涙するこのみ・・・・・・大粒の涙が頬を流れ落ちていく

このみ「いやだぁあぁ・・・・・・まけたくない・・・・・・おっぱいしょうぶで・・・・・・まけるわけにはいかないの!!!!」

夏美「んんんんんんんんんんんんん!!!!!認めさせてあげるもん!!!!!!このおっぱいで!!!あなたが負けたってことを!!!!!」

夏美はさらにこのみの上にまたがり、上からこのみの胸を押さえつけた。より有利なポジションから絞め上げると、このみの胸はさらに悲鳴を上げた。胸部を押さえつけられ、このみの呼吸も苦しくなる・・・・・・

このみ「いやだぁ・・・・・・おっぱいだけは・・・・・・!だれにもまけたくないぃいぃ・・・・・・!!!」

夏美「だめ!最強は私だもん!!私の胸が最強なの!!!」

このみ「わたしが一番強くなきゃいやあああああ!!!!!!!!」

夏美「この状況を見て言ってよ!!!!!!!私の勝ちなんだからああああああ!!!!」

このみ「はぁ!はぁ!はぁ!まだ・・・・・・まだ負けてないよおおおおおおおおお!!!!」

夏美「しつこいのよおお!!!!」

このみ「んんんんんんんんんんんん!!!!!が、がんばってええええええええ!!!!お願いいいいいいいいいいい!!!!!!!」

しかしこのみの思いは無情にも打ち砕かれた。驚く程強力な夏美の胸の圧力を、数十分にわたって受け続けていたこのみの胸は、ぎゅむっ!という音を立て、完全にその張りを失った。

勝利を確信し、やったと喜ぶ夏美。逆に絶望するこのみ。今まで胸対胸の真っ向勝負では、誰にも引け劣らなかったこのみ。力で競り負け、窒息させられることはあったが、押し負けるということはなかった。それが今完全に胸の勝負で負けた。そのことがショックでしょうがない。
 まだ・・・・・・体勢を逆転させて上から押さえつければ、とこのみは夏美の体を転がし何とか自分が上になった。しかし・・・・・・

このみ「んんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!!!なんでええええええええ!?なんでまけるのおおおおおおおおおお!!!!!!」

夏美「やっぱり・・・・・・私の胸が最強みたいだね・・・・・・!!!!!!」

確かに上から押し込もうとしているこのみの胸だったが、その圧力と重力に負けない力で夏美の胸は押し返していた。上になったこのみの胸をも押し返す夏美の胸・・・・・・このみも、見ていた東雲大学のみんなも衝撃だった。そしてショックを受けると同時に・・・・・・このみは号泣し始めた。

このみ「ええっぐ!いやだぁ・・・・・・えっぐう!まけたくないよおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

泣き叫ぶこのみだったが、その力の差は埋まるものではなかった。夏美はさらに胸を押し付け、このみを絞り上げる。容赦なんて一切ない。油断なんてしたら食われかねない・・・・・・それに、自分が最強であるためにはここで自信を失わせないといけない。そう考えた夏美は手を休めない。悔しさと苦しさで泣き叫ぶこのみを尻目に、ひたすら絞めあげる。このみとの体位を逆転し、上からその爆乳でこのみの胸を覆い潰す!

このみ「えっぐ!ひっぐ!ううううう!!!!!ええぐうううう!!!えっぐううう!!!いやだあああ!!!」

夏美「これが・・・・・・あなたと私の・・・・・・おっぱいの差よ!!!!!」

このみ「えっぐ!えっぐうう!!えぐううううう!!!!ひぐううううううう!!!!うえぐうううううううう!!!!!」

夏美「あなたのおっぱいなんか!ぜんぜん敵じゃないんだから!!」

このみ「いいいいいいいいいいい!!!!!いぐうううううううう!!!!んぐうううううううううう!!!!えぐうう!!!!!!うぐううううううう!!!!!!」

夏美の言葉を聞くたびに悔しすぎて涙が出る。もうろくに言葉を話せないまま、夏美に拷問のように乳を潰された。じわじわと呼吸を奪い、なんの抵抗もできなくさせていく夏美。いつしか夏美を抱きしめていた腕はだらんと垂れ、もう夏美を絞めていない。もう虫の息で、泣いているだけだった。存分に・・・・・・これでもかというほどこのみの体を絞めた夏美は、ようやくこのみから離れた。流石に長時間絞めるのも体力がいることだった。女の子座りで両手を地面に付き、苦しそうに泣きながら息をするこのみを見つめた。
夏美がどいたことでこのみの有様は、東雲大学側からでも十分に見えた。体は絞め合いのせいで、跡が付き、真っ赤になっている。そして一番強く絞め付けられたであろう胸は、一層真っ赤に腫れ、そして形まで崩れてしまっていた。大きく柔らかい胸は真っ赤に染まり、長時間潰されたためちょっと垂れてしまっている。
しばらく休めば回復するだろうが、今の健康的な夏美の爆乳を比べると、圧倒的に敗北していた。

しかし・・・・・・

なんと次に動き始めたのはこのみだった。
ゆっくりゆっくり立ち上がり、再び夏美と組み合おうとした。

このみ「うううううううううう・・・・・・」

夏美「何度やっても無駄よぉ・・・・・・!!!」

膝立ちで両手で組み合った2人。しかしすぐに勝負はついた。胸をどしんとぶつけられ、そのままこのみが後ろ向きに倒れた。その上から夏美の爆乳が襲いかかる。
ぶにゅうううううううううううううううううう!!!!!!

このみの胸を完全に押しつぶす一発が極まった。一瞬息が止まるこのみ。乳圧で完全に負けている。それでもまだこのみは諦めない。下から・・・・・・乳を潰されたまま、夏美を絞めた。体勢が悪すぎて、逆に苦しむこのみ・・・・・・それでも少しでも夏美にダメージを負わせることができるならと考えていた。
しかし完敗だった。2人は再び絞めあったが、このみの腕がまただらしなく下がった。今回は本当に窒息寸前まで絞められて、腕が地面につくほどだった。もう声が出ない。あわや窒息というところでまた夏美が離れた。圧倒的優勢といえど、このみほどの爆乳を絞めるのは疲れることだった。
呼吸を整える夏美。しかし驚くことに、フラフラのこのみがまた起き上がった。両手を前にだし、再び膝立ちになる。

このみ「・・・・・・んんっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!」

夏美「むだなんだからああああああ!!!!!」

執念だった。この女にだけは負けたくないという・・・・・・この試合には自分のプライドがかかっていたからだ。

膝立ちで組み合うこのみと夏美。さっきと同じく、胸で押し倒そうとする夏美だったが、このみはその前に、柔らかい体を利用して夏美に足を引っ掛けた。そのままぐっと手を押して、夏美を押し倒した。

このみ「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはあはぁはぁはあ!」

体を酷使しすぎて呼吸を乱すこのみ。何とか夏美の体を掴んで動きを封じる。

夏美「あなたにはどんな体勢でも負けないのよ!!!!あきらめなさいよお!!!」

このみ「んはあ!はあ!ああ!ああ!ああ!!はあ!はあ!」

このみはここでなんと、自分の巨乳を掴んだ。そしてその巨乳で、夏美の右の乳を挟み込んだ。そのまま自分の乳で夏美の乳を押し込む!

夏美「ふんんんんんんんんんんん!!!!!!いいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!」

乳だけを狙った強力な技に一瞬動揺する夏美・・・・・・しかし夏美も一歩も引かなかった。決して受けには回らない。自分の右乳が挟まれているということは、相手の右乳も谷間に挟み込んでいるということ。自分の手で自らの左乳を掴み、夏美はこのみの右乳を潰した!
乳で乳を押し込み合う・・・・・・

このみ「ぐああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

夏美「ふんんんんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

おっぱいでおっぱいを直接押し合う真っ向勝負・・・・・・それでも片方はすぐに悲鳴をあげてしまった。

このみが今までで最も大きな悲鳴を上げ、悶え苦しんだ。

同じことをしているはずなのに、このみの胸は完全に夏美の胸に覆われ、潰れている。行き場を失った乳は、パンパンになって痛みの根源となった。もういよいよ抵抗する力がなくなってきたこのみ・・・・・・
何もできないまま夏美にひっくり返され、このみはまたしてもマウントを取られた。徹底的にこのみの右乳を潰しにかかる夏美。このみの抵抗は虚しく、なされるがままになっている。潰し、潰し、満足したところで、夏美はようやく乳を上げた。激しく呼吸をし、しかし体は動く気配のないこのみ・・・・・・
その体を涙が流れる。

夏美「悔しいよね・・・・・・!自分の技でこんなにやられて!!!」

このみ「うっぐううう!!!うえっぐううううう!!!!えぐ!えぐ!」

その通りだった。自分からおっぱいを挟みに行って、返り討ちにされて・・・・・・悔し涙を流すこのみ。

夏美「負けって認めてよ!負けましたってさぁ!」

このみ「んん!んんん!!えぐ!えぐ!えぐ!えぐ!うえっぐうう!!」

泣きながら首を横に振り、認めないとアピールする。

夏美はまだ攻撃を仕掛けた。また自分の巨乳を自分で掴んだ。その巨乳で、今度はこのみの左乳を挟み、プレスした。
吐き出しそうになる威力に、このみはまた泣きながら耐えた。泣いて・もがいて・悲鳴を上げて、反撃する気力もないまま数分間耐えた。

数分後・・・・・・

心も体もボロボロになったこのみの腹に夏美は座った。このみはひどい有様だった。胸はぐにゅぐにゅに歪まされ、だらしなく垂れている。それに対してまだ、張りも強く大きさも目立つ夏美の胸。どちらのおっぱいが勝ったかは一目瞭然だった。もう虫の息のこのみは、涙も止まり、浅く呼吸をしているだけだった。

そんなフラフラなこのみの視界に大きなまるい球体が目に入った。それはだんだん近づいてきて、あっという間に顔面を覆い尽くした。

夏美「ブレストスムーザーよ!!!!!」

そう。それは夏美の巨乳だった。このみにとっては屈辱の攻撃・・・・・・さっきまで潰しあっていた胸に、胸の勝負で負け、さらにその胸に窒息攻撃を仕掛けられる。これ以上の屈辱は、このみにとって無かった。もう、頭の中は真っ白だが、口に当たる柔らかい乳肉を感じ、何をされているかを悟るこのみ・・・・・・
大粒の涙が自然と溢れ出し、夏美の胸を濡らす。息なんて全くできない。自分を潰した夏美の巨乳に押し込まれているから・・・・・・

苦しい・・・・・・窒息しかけてそんな感情も忘れてきた頃に、夏美は大きな大きな乳を上げた。

夏美「認めてよ・・・・・・自分の負けを・・・・・・」

もう意識が落ちかけているこのみに問いかける夏美。やっと息が吸えるようになって必死で呼吸をするこのみ・・・・・・しかし答えはノーだった。首を横に振る。

夏美はまたしてもブレストスムーザーを掛けた。再び窒息に向かう苦しみがこのみを襲う。
そして窒息するかしないかのところで、また夏美は胸を上げた。大体いつ失神するかはわかる。今まで何人もその胸で気絶させてきたから・・・・・・

夏美「どう・・・・・・?負けを認める気になった・・・・・・?」

ぶはっ!と息を吸い始めるこのみ・・・・・・しかし負けを認めない。首を横に振り続ける。だがどうしても負けたことを宣言させたい夏美。何度も何度もブレストスムーザーをかけた!ブレストスムーザーをかけては、解き、何度も問いかける!
戦い始めてからなんと1時間・・・・・・拷問のようなブレストスムーザーを受け始めてから数十分・・・・・・夏美の「負けたって言ってよ!」の問いに、ついに首をふらなくなった。代わりに大泣きを始めた。
 今まで何度もブレストスムーザーをかけられ、その度に死にそうなくらい苦しんできたこのみ。負けを認めれば楽になる。でもそれはプライドが許さなかった。何度も何度も・・・・・・ブレストスムーザーで苦しむことになると分かっていても何度も首を振り続けた。

このみ「えぐ!えぐう!えっぐうぅ!!えううう!!!!!」

でも、もう耐えられなかった。苦しすぎた。その苦しさが・・・・・・迫ってくる胸の恐怖が忘れられない・・・・・・首を横に振ることが出来なくなった。苦しみに我慢できない・・・・・・

このみ「うえぐう!うえぐうううう!ううええええっぐうううううう!!!!」

夏美「どうするの?」

このみの顔の前で、巨乳をプラプラと躍らせながら夏美が喋った。このみの頭の中にあの胸が顔を覆い潰した時の苦しみが蘇った・・・・・・

このみ「うえっぐううう・・・・・・わ・・・・・・うぐ・・・・・・わたしの・・・・・・うえええぐううう・・・・・・うえっぐううううう・・・・・・・うえぐ!・・・・・・まけ・・・・・・うえっぐううううううううう!!!!うえええええん!!!!んっぐうううう!!!・・・・・・・・・・・・・・ですぅ・・・・・・うえっぐ!!んぐ!んぐううう!!!!」

ブレストスムーザーによって相手の行動も試合した夏美・・・・・・このみから屈服の言葉を吐かせた。このみが負けを認めたのを確認し、満足気に夏美はトドメをさした。ブレストスムーザーで顔を抱きしめ、もう離さない。そのまま絞め続け、絞め続け、審判が止めるまで絞め続けた。

完璧に胸の勝負で負けたこのみ・・・・・・完敗だった。しかしその戦いぶりは立派で、東雲大学のみんなは感動さえ覚えていた。このみは負けた。しかしその思いを背負い、次に湊が立ち上がった。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2012/10/27(土) 00:24:11|
  2.   東雲大学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

お疲れ様です。 | ホーム | 死闘開幕

コメント

うおおおおおおおおおおおお

まってました
  1. 2012/10/27(土) 00:53:10 |
  2. URL |
  3. 無名 #- |
  4. 編集

このみ駄目だったか・・・ッ!
しかしこの後にはあの湊が出てきますからね、楽しみです!
  1. 2012/10/27(土) 09:31:07 |
  2. URL |
  3. めら #dQZervxw |
  4. 編集

ちょっと最近負けっぱなしですね、このみ。
だからこそ応援したくなるんですがw
次も楽しみにしてます!
  1. 2012/10/27(土) 16:59:10 |
  2. URL |
  3. アルパッカ #- |
  4. 編集

このみが一番好きなキャラなので、めちゃくちゃ興奮しました!

負けをバネにして強くなっていってほしいです(^o^)
  1. 2012/10/27(土) 22:18:33 |
  2. URL |
  3. るい #- |
  4. 編集

壮絶な対決でした。最高です。
こうなると、次の対決、その次の対決とどんどん気になります。続きは妄想しながら楽しみに待っています。
  1. 2012/10/31(水) 18:38:06 |
  2. URL |
  3. ずばり #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/224-7c8f7a91

| ホーム |