さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

逝かせ合い対決  東雲大学VS朝倉大学 2

それぞれの戦いは続きます

どうぞ~


そして最初立ったままの逝かせあいを始めた、早百合とみゆきはいったん距離をとっていた。早百合は身体能力では自分の方が上と感じていた。だからこそ慎重に責めることにした。いつも湊とやってる時のように、間合いを取り、いいポジションを奪うことから考える。

みゆき「はぁはぁはぁ・・・・・・はう!」

早百合は近づいてきたみゆきの足を取り、ひっくり返した。そのまま間髪いれず後ろに回り込み、両腕で相手の腕を固めつつ、乳揉み攻撃を繰り出した。

みゆき「はぁ!はあん!いや!!あああああ!!!んんん!!!!!!!」

乳首が敏感なのか、大暴れして抜け出そうとするが抜けられない・・・・・・ならばと一層豪快に乳を摘みこねくり回す早百合・・・・・・このあたりのテクは湊との逝かせあいで実証済みだ。

みゆき「やめ!やめ!ああああああああああ!!!!!!!」

女の子ならではの体の柔らかさを利用して、一度早百合の腕から抜け出したみゆき。しかしそれではまだ終わらなかった。みゆきが振り返ったと同時に、早百合は股を開いてその口元に飛びついた。

みゆき「はむうううううううううううう!!!!!!!んんんんんんん!!!!んんんんんんんんんん!!!!!!!!!!」

フェイスシットホールドだが、鼻で呼吸できるようにしてある。よって反則ではない。

早百合「美月さん直伝・・・・・・」

早百合は右手の指をピンと立て、みゆきの秘部に突き立てた。

早百合「フェイスシット&指マン」

みゆき「んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!!!!!!!!!」

上半身・下半身が激しく暴れだすが、早百合のフェイスシットから抜け出せない。引き締まった尻がみゆきの顔を押さえつけ、動けないのだ。

早百合「ほら!あたしの勝ちよおおおおおお!!!!逝っちゃいなさい!!!!」

早百合は指をピストンさせ、攻撃をつづけた。身動きがとれない。勝てないという絶望・・・・・・自分は相手を逝かせる攻撃さえできないという、どうしようもない気持ちに見舞われ、みゆきはおとなしくなった。

涙を流しながら自身の体が温まり、股間が熱くなるのを感じる。ただ逝かされるのを待つのみという屈辱の状況・・・・・・しかし早百合は同情など一切しない。

突き刺すようにまんこを責めた。

みゆき「んあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」

大声を上げてみゆきは力を失った。みゆきは逝った。屈辱を味わいながら・・・・・・

早百合「どんなもんよ!」

まだまだ余裕のある早百合、フェイスシットを決めたまま腕を高く上げた。キャットファイトだけでなくレズバトルにおいても勝利を収める早百合。その身体能力の高さは他の大学も注目するものとなっていた。

美月「・・・・・・早百合は勝ったようだね」

亜子「だから何よ。」

組み合ったまま美月がしゃべる。

美月「・・・・・・じゃあ、もうそろそろ勝とうかなってね」

亜子「何よ!なめてんの!?」

そう亜子が言い終わる前に、美月は亜子の手を抜け出した。一瞬の内に亜子の首に足が巻き付く・・・・・・

美月「・・・・・・君がいつまでも私を抑えれると思ってたの?」

3角絞めのように亜子を固定した。しかし腕は取らず、空いた手は亜子の両乳首を掴んだ。ブルブルブル!

亜子「あっ!ああっ!あああああああっ!!」

乳首から流れ込んでくる快感に思わず声を上げてしまう亜子・・・・・・人間の気持ちいいところを知り尽くしたかのような美月の攻撃・・・・・・一つ一つの攻撃が確実に相手を追い込む。
クリクリと硬くなった亜子の乳首を摘み、刺激する。首で固定された亜子の表情がどんどん溶けていき、アヘ顔に変わっていく・・・・・・その表情は美月からよく見え、それを美月は楽しんでいる。

美月「・・・・・・いい顔してるね・・・・・」

亜子「そんな・・・・・・ことぉ・・・・・・アアアアッ♥」

乳首だけで逝かせようとする美月。しかも責め始めてものの数分で・・・・・・亜子だって反撃しようとしていないわけではなかった。現に美月の胸には手を持って行っているし、美月のまんこには舌が伸びている。しかし体が快感のせいで動かない・・・・・・快感が亜子を支配し、逝かせ合いにすらさせない・・・・・・

美月「・・・・・・私と勝負になるのは、君なんかじゃないよ」

ぷしゃあああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!

亜子「あああああああああああああああああああああああああん!!!!!!!!」

乳首だけで逝かされた亜子・・・・・・またしても美月は圧勝。圧倒。その実力の差を見せつけた。

美月たちの戦いが行われていたすぐ近くでも熱い戦いが行われていた。

桐香VS湊

2人の戦いはお互いに主導権を握り合う戦いとなっていた。
まずはお互いが手を出し合って、相手を押し倒しにかかったが、ここでは体格で劣る湊が倒された。その湊に対して伸ばす桐香・・・・・・狙いは湊の股間。しかしそれを読んでいた。股で桐香の腕を挟み自由を奪った。小悪魔的な笑みを浮かべる湊・・・・・・そのまま体制を器用に入れ替え、上になった。すると今度は桐香の巨乳にしゃぶりついた!
不意を突かれ驚く桐香。大きく口を開けたが、喘ぎ声は出さなかった。ここで声を上げたら流れを持っていかれる・・・・・・
絶叫を噛み殺し、湊の股に挟まれていない手で、湊のプリっプリの乳首を握った。湊はかなり快感を感じいたが、こらえて桐香の逆の胸にしゃぶりついた。顔は真っ赤である。桐香もテクニックは相当のものであった。
しばらくはお互いに我慢をしながら張り合ったが、湊が攻め方を変えた。桐香の胸を甘噛みしたのである。この絶妙な刺激に、桐香はついに我慢できなくなった。湊の頬を張り、無理やり湊から離れた。
桐香の後ろから背中に飛びつき、胸を鷲掴みにした!胸に連続した快感を感じ、劣勢の桐香。激しく喘ぎながら湊を捕えようとするが、体の小さい湊が掴めない。その間にもどんどん快感が体に押し寄せてくる・・・・・・
そのまま胸で責められること数分・・・・・・桐香は耐え切った。湊の力では長い間的に張り付くことはできなかった。湊は桐香に振り落とされた。そうなると今度は桐香が責めた。湊の股を開き、具合わせに持ち込んだ!
これには両者喘ぎ、もがいた。我慢できる程度の快感ではない。特に湊はまんこに体重をぐっとかけられ、責められている。苦しい時間だった・・・・・・それでも湊は引かなかった。自ら股間を桐香にぶつけ、責め返した。
その度に両者の叫び声が部屋中にこだました。声を上げてないと耐えられない。我慢できない。しかしここでも湊は動き出した。具合わせ状態から、さらに体を桐香に近づけた。そのまま桐香の左乳首に甘噛みした!
股間からの快感!さらに乳首からも快感を受け続ける桐香・・・・・・大声を上げて一度は体を大きくのけぞった。天を仰ぎ見て、大声をあげる。でも桐香はその攻撃すら耐えた。逆に湊を押し倒し、湊の甘噛み攻撃を外させた後に、湊の乳首にしゃぶりついた!
自分の攻撃を返された湊。かわいらしい叫び声を上げるが、それがどのくらい辛いかは誰が聞いても明らかだった。
その攻撃を境に、桐香の優勢は続いた。もう一気に勝負を決めに来て、具合わせを外し湊に覆いかぶさってきた。押さえつけ、乳首をしゃぶり続ける・・・・・・身動きがとれない湊・・・・・・もともと湊に返す力は備わっていない。このままだと押し切られる・・・・・・。
ひたすらに乳をしゃぶり、舌で乳首を撫でてくる桐香。湊も反撃に桐香の乳首を摘み、振動を与える。どちらが勝つのか・・・・・・

攻撃のみに集中する2人・・・・・・喘ぎ声の大きさは増していく。
これはどちらかが逝くまで続く・・・・・・すなわちここで勝負が極まる!
2人のまんこに今にも飛び出そうなほど愛液が貯まる・・・・・・もう少し・・・・・・もう少しで・・・・・・
相手の様子から接戦なのは、わかる。

だからどっちが長く耐えられるか・・・・・・

決着寸前!ここで湊がもう本当に逝く寸前の声を上げた。可愛い顔からは想像できないほどセクシーな声をあげる。泣きそうな声とも取れる・・・・・・。
行ける!桐香がそう思った瞬間、桐香がまんこに快感を感じた。乳首とまんこからの快感が体の中で弾ける!
どっちが勝つのか・・・・・・!?

ぷしゃあああああああああああああああああああ!!!!!!!!!

桐香「んあああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」

潮を吹いたのは桐香だった。桐香が逝ったのを見て、湊は離れた。このままでは自分もあとちょっとで逝ってしまうからだ。女の子座りちょこんとすわり、股間に手を当てる。快感を体の中で押し殺すように・・・・・・

湊「ふうぅ・・・・・・危なかったよぉ・・・・・・」

桐香「卑怯者!」

湊「え~っ?なにがぁ~?」

泣きながら転がり、噴き出す愛液を抑える桐香を見て、湊が笑う。

桐香「あんた、仲間に攻撃させたでしょ!?じゃないと両乳首掴んだまま、まんこなんか責めれるわけないじゃない!」

湊「ふ~ん。私以外ならそうかもね。」

湊はそう言いながら足の指を桐香に見せた。親指を中心にべっとりと愛液が着いている。

桐香「えっ!?まさか―――」

湊はエロティックな顔を浮かべて、その足を舐めた。桐香の愛液が着いたその足を・・・・・・

そう。湊は最後の攻撃で足で桐香を逝かせていた。器用に親指を桐香の股間に突き刺し、ピストン運動させていたのだ。

湊「私のかっちー♪」

湊の2人抜きが決まり、残るはあと1人。

しかしその1人もすでに早百合が捕らえていた。

早百合「あんたがこのみを逝かせたのね・・・・・・」

真奈実「んぐうううううううううううううううううううううう!!!!!!!」

フェイスシットとしつつ相手の股間を吸い上げる早百合。残ってる体力的にも早百合は圧倒的に有利だった。朝倉大学は残り1人に対し、東雲大学は3人・・・・・・その圧倒的不利な状況に真奈実も戦意を喪失し、早百合は真奈実を昇天させた。

東雲大学、3人を残す快勝!トーナメント2回戦へ進んだ!
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2012/10/20(土) 05:38:20|
  2.   東雲大学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

次は王者 | ホーム | 逝かせ合い対決 東雲大学VS朝倉大学

コメント

わぁー湊ちゃん強ぇ!カッケエ!!フィジカルの不利をテクでひっくり返す典型ですね!

で、決勝が近づいてきたワケですが・・・そろそろ顔面殴打解禁しても良い頃では?
  1. 2012/10/20(土) 19:59:08 |
  2. URL |
  3. めら #dQZervxw |
  4. 編集

東雲大学4回戦よかったです。
部長は相変わらず強いですね。このまま最強でいってもらいたいような惨敗してほしいような・・・。
今回は絵理奈がツボりました。今まで善戦していたのにイーブンな条件下で轟沈。最高でした。そしてライバルの小百合が大活躍と、彼女のこの後も気になります。
次の強豪校との対戦では不利な条件での対戦やそれぞれの苦手な対戦で東雲大学が大苦戦していただきたいです。
  1. 2012/10/20(土) 22:32:41 |
  2. URL |
  3. ずばり #ofxKis3k |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/10/22(月) 18:52:47 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

夏美ちゃんとこのみちゃんの戦いに今から超期待です
  1. 2012/10/23(火) 00:32:08 |
  2. URL |
  3. ぽっぴー #- |
  4. 編集

ここでぼくはあえて小百合と絵里奈のライバル同士のレズバトルがみたいです!
キャットファイトではなんどもやりあってますがレズバトルでははまだ戦っていないですよね?
お互いなんども潮をぶちまけながらイカせあい、最後はまた壮絶な相討ちに終わる展開がみたいです!
  1. 2012/10/23(火) 00:41:27 |
  2. URL |
  3. タカ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/221-12dbe65b

| ホーム |