さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

愛子vs詩織

愛子「がああああああああああ!!!」

詩織「いやああああああああああああ!!!」

全裸になっても彼女たちのすることは変わらない。相手により屈辱と痛みを与えようとするだけ・・・
お互いに立ち上がって、体を密着させ股間を握り合う・・・
顔は相手の肩の上・・・お互いに相手が苦しむ声を求めて必死に攻撃しあっている

愛子「はぁはぁはぁ・・・だめ・・・・・・もう・・・・・・」

詩織「んんん・・・・・・いしき・・・・・・が・・・・・・」

お互いにふらふらで有効な攻撃ができなくなった2人・・・最初に愛子が動いた。
股間から手を放して、今度は詩織の体を抱きしめるようにして圧迫した。
胸と胸が重なるようにして・・・

詩織「うえええええええ!!!!!あああああああああああ!!!」

愛子「んんんんんんんんんぐううううううううううう!!!」

お互いの胸が餅のように広がる・・・大きさは互角の2人だったが、さっきの潰しあいでより強く握られていた方は、弾力を失っていた
胸の張りで負けている方は、潰される形になり、息が苦しくて・・・




詩織「あああ・・・・・・あぁ・・・・・・」

張りがなくなっていたのは、詩織の方だった。だからといってその差が大きいわけでない・・・愛子の胸だって十分に張りは失われている。それでも詩織の胸は、さらに思いっきり握られて、弾力を失っていたのだった。

愛子のはち切れそうな巨乳が、詩織の巨乳を圧迫する・・・

愛子「はぁはぁ・・・・・・あんたより私の胸の方が・・・強いようね!!」

詩織「はぁはぁはぁはぁ・・・・・・わたし・・・の・・・むねは・・・・・・あんたに・・・なんか・・・・・負けない・・・」

愛子「はぁはぁ・・・いいわよ・・・・・・その胸が潰れるのを・・・しっかり見ておくことね・・・・・・」

巨乳と巨乳を密着させ、抱きしめあう・・・

やはりつらいのは詩織だった・・・巨乳が負けて息が苦しい

意識がだんだんと薄れていく・・・・・・

愛子「ほ~ら!この潰しあい・・・・・・完全に私の勝ちよ!!負け犬は私の胸の中で眠りなさい!!」

詩織「はぁはぁはぁ・・・・・・・・・ふざけるなあああああああああ!!!」

どごっ!愛子の股間に正面から膝蹴りを入れる詩織・・・

愛子「はひいぃ!!」

するっと締め付ける力が無くなる愛子・・・極度の痛みに感覚がおかしくなる

さらに・・・・・・

どごっ!

もう一発股間に膝蹴りが入った

3発・・・4発・・・5発・・・・・・詩織の全力の膝蹴りが、愛子の股間に炸裂する・・・

愛子「いやあああああああああああああああああああ!!!!」

急に痛みが沸いてくる愛子。立つ力も入らず、ロッカーを背にして座り込む・・・

愛子「もううううう!!だめえええええええええええ!!!!」

開脚した状態で両手で股間をかばって、襲ってくる痛みに耐える愛子・・・
そこで詩織は愛子の胸への攻撃に集中する・・・

詩織「・・・・・・・・・潰れろ!・・・・・・・・・・・潰れろおぉ!!!」

愛子の正面から無防備な巨乳へ、全力のパンチを打ち込んだ。

愛子「ぎゃああああああああああああ!!!!!!!!」

もう全身がどうにかなってしまいそうな愛子・・・今度は胸をかばって手で巨乳を覆った

しかし詩織は今度は、股間にまたしても全力のパンチ!

愛子「あが・・・・・・ぁ・・・・・・」

声にならない痛みが愛子を襲う・・・
さらに詩織、片足を愛子の巨乳に押し付け、ぐりぐりと捻った

愛子の巨乳がどんどん潰れていき・・・張りを失う・・・・・・

愛子「ひ・・・・・・・・・ひぃ・・・・・・・・・」

詩織「きゃははは!!!私の勝ちよ!!!!」

ぐりぐりと圧迫し続ける詩織

しかし・・・

愛子「・・・・・・・・・・・・」

愛子は詩織の足を掴み返した そして思いっきり捻ってバランスを崩させる・・・

詩織「んあっ!」

詩織は仰向けに倒れた・・・    続く
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2010/04/08(木) 15:21:58|
  2.   ロッカールーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サッキー様の小説 | ホーム | 番外編、やっと半ば

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/22-c11e2ab1

| ホーム |