さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

女ヵ島レズバトル大会4試合目

それでは第4試合です

これで1回戦はすべて終了し、次からは2回戦に移りたいと思います

それではどうぞ!


第4試合 ロビンvsカリファ

カリファ「ニコ・ロビン、あなたを倒してここで取り押さえます」

ロビン「あら?なら徹底的に逝かせてあげないとね・・・・・・」

長身の美女2人が向かい合う。どちらも長い脚にスレンダーの体型で、大人の色気をかもし出していた。99cm(Icup)の巨乳を持ち上げるように腕を組み、相手を観察するロビン。
カリファはロビンほどの大きさの胸ではなかったが、それでも十分な大きさで、綺麗な形をしていた。

お互い相手に近づき、乳首と乳首が触れ合うところまできた。興奮して2人の乳首は硬くなった。

カリファ「もう興奮しているのですか?」

ロビン「あなたもそうみたいだけど?」

逝かせ合う雰囲気になったところで、戦いの開始を伝えるドラが鳴った。

カリファ「んあああっ!!!あ!!ああああああああ!!!!!」

開始直後カリファの喘ぐ声が会場に響いた。ロビンはさっきまでと同じで何もしていないように見える。
しかしカリファは股間を両手で抑えてしゃがみこんだ・・・・・・

カリファ「んああああああああああああ!!!!!!いきなりいいいいいいい!!!そんな奥までええええええ!!!!!!」

気づいているとカリファの股間には腕が伸び、指が突き立てられていた。カリファの腰から生えたロビンの腕が、攻撃したのだった。あまりの不意打ちと、養われたテクニックでカリファが悶絶する。

ロビン「悪いけど、あなた程度に時間をかけるわけにはいかないの。次の相手はもっとつよそうなのよ。」

会場を見下ろせる位置で、優雅に見下ろすボア・ハンコックをちらっと見てロビンは言った。その言葉の意味が、能力を使用して戦うということ。ロビンの能力はこのレズバトルにおいて最強クラスの能力だった。

ロビン「一気にいかせてもらうわ」

カリファ「かあああああああ・・・・・・・!!!」

本体は相手に触れずにカリファをどんどんと追い込むロビン。ハナハナの実の能力に自身のテクニックを組み合わせたものは、言うまでもなく強かった。さらにロビンは今まで右腕しか生やしていなかったが、左手もカリファの腰に生やした。

ロビン「いつまでもつかしらね?」

カリファ「んんんんんんんんんんんん!!!!!!」

その左手もカリファの股間に挿入しようとした瞬間、ロビンの腕から力ががっくりと抜けた。

ロビン「・・・・・・なに?」

カリファの股間に入れていた手もぐったりと地面に着いた。ふと自分の手を見てみると、自分の手の関節がツルツルになっていた。

ロビン「・・・・・・!!!」

カリファ「はぁはぁあぁ・・・・・・惜しかったですね・・・・・・も、もうちょっとで・・・・・・逝くところでした・・・・・・」

しゃがみこんだ体勢から、カリファはロビンに向かって飛びかかってきた。腕をツルツルにされ、思うようにバランスが取れなくなったロビンは簡単に転がされてしまった。

ロビン「あなた・・・・・・能力者ね・・・・・・」

カリファ「お互い様・・・・・・ですね・・・・・・でも、もうもらいました・・・・・・」

カリファはぐっとロビンの顔を自分に引き寄せ、キスをすると同時にロビンにやられたように股間に指を挿入した。

ロビン「はんんんんんんんんんんんん!!!!!!んんんんん!!!!!!」

流石に感じざるを得ないロビン・・・・・・絡みついてきたカリファの長い脚のよって、ロビンは脚まで泡によってツルツルになった。自由に動くことすらままならない・・・・・・絶対優勢なカリファは責めつづけた

ロビン「はむううん!!!!はむうう!!んあああ!!んああ!!」

カリファ「はぁはぁ!!!んんんんん!!!むんんん!!!あああ!!」

キスのテクニックでカリファにも快感を与えるロビン・・・・・・こんな体勢でも負けていない。

カリファ「んはああああ!!んはああああ!!!んんんんんんんん!!!!」

カリファがちょっと顔を上げようとしても、ロビンは吸い付いてきた。体勢の劣勢を感じさせないロビン。しかもロビンはまた腕をカリファの体に生やした。これはカリファを攻撃するためではない。逆にカリファを逃がさないようにするためだった。ツルツルの腕ではあったが、カリファとロビン自身の体を囲うように生やし、2人の体を固定する・・・・・・

カリファ「んはあああああ!!!んあああああああ!!!んあ!な!なああ!!なんでえ!!!!こんな!!!!」

ロビン「んっく!!くうう!!!ああああ!!あああ!!!」

ロビンも苦しいことに違いはなかった。キスのみの攻撃手段に対して、相手は股間も弄ってくる。それにずっと耐えていたのだ。しかもずっとカリファを上に乗せたまま・・・・・・

ロビン「んっ!!!くううううううううう!!!!んんんんんんんん!!!!」

カリファの舌に自分の舌を絡ませ、吸い上げる・・・・・・

カリファ「はあああああああ!!!!んんんんんんんんん!!!!」

負けじとカリファも吸い付いてきた。舌と舌で相手を感じさせ合う・・・・・・そんな闘いが続く・・・・・・

決定打にかける闘いは30分続いた・・・・・・


ロビン「はぁはぁはぁはぁ・・・・・・・・・・・」

カリファ「まだ・・・・・・まだ・・・・・・」

どさっ!

1人の女が仰向けに倒れ込んだ。
それはカリファだった・・・・・・

キス合戦で力尽きたカリファはロビンに体をはねのけられ、目の焦点が合わないまま天を見上げている。
しかしまだ逝ってはいない。逝きかけてはいたけれども。

ロビンの腕や足はもとに戻っていた。戦いの中で汗や愛液などで泡は落ち、自由が戻った。

ロビン「・・・・・・手間取らせてくれたわね」

ロビンは地面に手を生やした。それぞれの手が、カリファの足首・手首を固定する。そんなことしなくても十分動けないのだが、ロビンとしてもここまで苦しまされたことに若干怒りを感じていた。

カリファ「はぶうううううううううううううううううううう!!!!!」

ロビンは何のためらいもなく、カリファの顔にまんこを押し付けた。苦しさで体をねじるが脱出できる余地もないカリファ・・・・・・さらに新たに地面から生えた腕がカリファの股間・胸を刺激する。フェイスシッティングを極めながら、股間・両胸を責める・・・・・・ロビンにしかできない技だった・・・・・・

カリファ「むぐうううううううううううううううううう!!!!!!あ!!!あああ!!!!あああ!!!!ああああ!!!ああああ!!!!!!んぶううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!」

ロビン「わたしに勝てもしないくせに、手間取らせないで」

屈辱の体勢・・・・・・
会場のみんなの前で大の字にされ、まんこを押し付けられる・・・・・・

しかも快感で喘ぎながら・・・・・・

せめてこんな体勢では逝きたくないと股を絞めようとするも、ロビンの手がそれを許さない・・・・・・

カリファ「んっむうううううううううう!!!!ああむううううううううううう!!!!!ああああむうううううううううううううう!!!!!!!」

胸も股間も絶頂に達した瞬間、カリファの目からも涙がこぼれ落ちた。と同時にカリファの股間から愛液が勢い良く噴き出す・・・・・・

泣いて涙を流すカリファに、もう一度ロビンはまんこを擦りつけたあと帰っていった。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2012/07/11(水) 13:27:02|
  2.   女ヵ島レズバトル大会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

女ヵ島レズバトル大会2回戦 1試合目 | ホーム | 女ヵ島レズバトル大会3試合目

コメント

No title

能力者同士の対決は流石にハードですね!

次も期待して待ってます。
  1. 2012/07/13(金) 08:58:00 |
  2. URL |
  3. あ #79D/WHSg |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/204-4ebf1a2c

| ホーム |