さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

最初の戦い

スタッフが帰った後、私はまずテントの周辺を散策してみた。
テントは結構、森に囲まれたところにありそこから島の中央に向かうと、泥や、沼といった場所が増えてきて・・・

もちろん島の周囲は、海で囲まれており海岸も存在する

散策した後は、とりあえずテントに戻ってみた

今のところ誰とも遭遇していない。
ただし油断はできない しかしいづれは腕輪を取りに行かなくちゃいけないから動かなければならないのも事実・・・

仕方ないから、私は島の中央に向かう・・・
腕輪を手に入れるためだ

その途中・・・とりあえず人の気配はない

草むらを通り、泥の沼を抜けて腕輪が置かれている場所までたどり着いた そこには箱が置かれている

箱の中の腕輪の数は5個だった。9個がもともとこの箱にはあったはずなので、4人が腕輪を取って帰ったことになる。
大体半分くらいか・・・
私もその腕輪を取り、そこを去った
あたりは結構日が沈んでいて、虫の音も聞こえる

泥の沼を抜け、森に入る・・・
その森をもうちょっとで抜けるところだった・・・

マキ「はあううううううううううう!!!」

謎の女「このおおおおおおおお!!!」

誰かが後から両手で、思いっきり胸を握ってきた
ものすごく力が強い・・・ 体が半分浮く・・・
どんだけ思いっきり握ってんのよ!

マキ「放しなさいよ!」

手探りで相手の髪の毛を掴み、でたらめに引っ張ってやった

謎の女「くうぅ!やめてよバカ!!」

髪の毛を引っ張って、顔を引き寄せた・・・かすかな月の光では、暗すぎて確認できない

ぎゅうううううううううううう!!!

この女はまだ握り続けてくる・・・

マキ「いい加減にしなさいよ!」

どごっ!後ろから揉み続ける女の腹に、肘を打ち込んだ。

謎の女「あぐうううううう・・・・・・」

とうとう胸から手を放してうずくまる・・・

マキ「こんのおおおおおおお!!」

うずくまる女に向かって突進した。思いっきりぶつかって、二人重なって転がり回る
そして顔と顔がついに向き合った。



その女は・・・・・・・・・


続く

スポンサーサイト


    web拍手 by FC2
  1. 2010/04/04(日) 16:37:01|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

番外小説 | ホーム | 今日は・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/17-414a43ca

| ホーム |