さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

クリスマスストーリー

番外編で、クリスマスのキャットファイトを書いてみようと思います。


私の作品で初の、男が出てきて、恋愛絡みのキャットファイトです。
まだファイトまで行っていませんが、背景だけでも感じておいてください

それではどうぞ


亜佐美「ほのかお願い!協力してほしいことがあるんだけど・・・・・・」

季節は冬、12月だった。雪も少しずつ舞い始めた頃の話・・・・・・本日最後の授業を終え、帰ろうというところだった
私、和泉ほのかは親友の亜佐美に話しかけられた。亜佐美からお願いなんて珍しいなあ

ほのか「どうしたの、亜佐美?」

なにか恥ずかしそうな様子で、こっちを向いている。あんまり他には聞かれたくない様子で、私に顔を近づけ小声で話し出す。

亜佐美「ほのかってさ・・・・・・駿君と幼馴染だったよね?」

ほのか「そうだよ。幼稚園からの。それがどうかしたの?」

駿は確かに私の幼馴染だ。子供のときは一緒によく遊び、小学校と中学校も一緒だった。家がお互い近いということもあって、2人で登校したりもしていた。

亜佐美「あのさぁ・・・・・・駿君って、その・・・・・・彼女とか・・・・・・いるのかな・・・・・・ていうか、ほのか付き合ってるの?」

ほのか「え?違うよ。駿は本当にただの幼馴染だよ。それよりもしかして、亜佐美って駿のことがす―――」

亜佐美「ちょ、ちょっと!そんなはっきりと言おうとしないでよ!」

周りの目を気にして、慌てる亜佐美。そうか、駿を好きなんだ。駿はなんだかんだかっこいいからなぁ・・・・・たぶん、亜佐美のように私と駿が付き合ってるように見えるから、他の女の子は誰も声をかけないのだろう。同じ理由・・・・・・かどうかはわからないけど私も彼氏はいない・・・・・・

顔が真っ赤になった亜佐美に声をかける

ほのか「いいよ。協力してあげる。」

亜佐美「ほんと!?」

ほのか「うん!とりあえず私と一緒に帰ろう」

私と亜佐美は、バッグを持ち靴箱まで移動した。今日は駿と一緒に帰ることになっていたのだ。それを告げずに亜佐美を連れて行く!
これは驚くだろう

亜佐美「どうしたの?帰ろうよ?」

ほのか「ん?ちょっと待ってて」

靴箱の前で私は止まった。

駿「ごめんなほのか、お待たせ」

亜佐美「え!?」

駿が待ち合わせの場所まで歩いてきた。突然、駿を見た亜佐美は驚きを隠せないようだ・・・・・・

ほのか「ううん。全然待ってないよ。」

駿「それは良かった。隣の子は?」

亜佐美のほうを見て、ほのかに問いかけた。亜佐美が緊張でビクッとなるのが見えた。

ほのか「この娘は、白川亜佐美。私の親友だよ。前に話したことあるよね?バスケ部のエースだよ」

亜佐美「は、はじめまして!」

駿「ああ、君が亜佐美さんか。水谷駿です。よろしく。」

笑顔で駿が亜佐美と握手しに行く。亜佐美も着けてた手袋を一瞬で取り、手を差し出した。

ほのか「それと、私これから茶道部の集まりがあることすっかり忘れてて・・・・・・ごめん一緒に帰れないんだ。」

亜佐美「ふえぇ!」

変な声を出す亜佐美。ふえぇ!はないでしょ。

ほのか「亜佐美と一緒に帰ってくれないかな。家も2人とも同じ方向だよ。」

駿「そうなんだ。じゃあ、また今度な。」

ほのか「うん・・・・・・ごめんね。バイバイ亜佐美。また明日!」

亜佐美「う、うん」

私は茶道部に行く振りをした。茶道部であるのはもちろん間違いないが、用事なんてない。

駿「帰ろうか亜佐美さん。あいつ忘れっぽいんだ。」

笑顔で話しかける。忘れっぽいって何よ!

亜佐美「あ、あの・・・・・・亜佐美でいいよ!」

駿「ほんと?じゃあ俺も駿でいいから。」

亜佐美「駿は、サッカー部だったっけ・・・・・・?」

駿「ああ、よく知ってるね。ほのかから聞いた?」

―――。うん。まあ駿は気さくな性格だし、亜佐美も緊張してただけで明るい娘だから問題ないでしょ。

~その日の夜~

ピンポーーーーン。家のチャイムがなった。誰かと思い出てみると、亜佐美がいた。

ほのか「ええ!この寒いのに良く来たね。」

亜佐美「ほのかぁ~!話たいことがたくさんあるよ~!!」

ほのか「わかったから!」

なにか興奮してるなぁ・・・・・・とりあえず部屋まで連れて行こう。

亜佐美「ああ・・・・・・!駿、超かっこよかった・・・・・・!話しやすいし、優しいし!」

幸せそうな顔をして、話す亜佐美。

ほのか「まあ、駿は人見知りとかないからね」

亜佐美「それに、それに、サッカーでは1年生のときからレギュラーだったんだって!」

ほのか「いや、知ってるよ。」

亜佐美「ねえ!駿ってどんな娘が好きなのか聞いといてよ!」

ほのか「ええ~~~。なんか恥ずかしいなぁ、改めて聞くの」

亜佐美「お願いします!」

パンっと両手を合わせて、お願いしてくる亜佐美。
なんか嫌だな~~~~~

ほのか「自分できけえぇ・・・・・・」

亜佐美の両手を掴んで、無理やり手を引き離そうとした。

亜佐美「お願いぃ!」

亜佐美はやっぱり力が強いなぁ・・・・・・動かない。

ほのか「はぁ~もうわかったよ。明日登校するときに聞いてとくよ。」

亜佐美「なに!?明日一緒に行くの?」

亜佐美が驚いて、そしてうらやましそうに声を出す。

ほのか「うん。テスト期間中で今、朝練とか無いらしいから。」

亜佐美「何でだまってたのよ、この!」

ほのか「くっ!」

亜佐美の伸ばした手の私は反応して、組み合った。何となくこうしてくる気がしたのだ。

亜佐美「あと2つ・・・・・・きいてほしいことが・・・・・・」

ほのか「だ・・・・・・め・・・・・・!」

私は亜佐美の体に体重を一気にかけ、組み伏せた。力が無くても体重をうまく使えば組み伏せられる。ていうか、亜佐美とはよくこうやってじゃれ合うから、なんとなくわかっていた。

亜佐美「お願い!2つ・・・・・・」

ほのか「だーーーめ・・・・・・」

亜佐美「ああ・・・・・・おねがいぃ・・・・・・」

ほのか「今日は私の勝ち・・・・・・だ~め」

亜佐美「じゃあ・・・・・・1つだけ・・・・・・」

ほのか「しつこい!」

くっそ~。なんか無理やり降参させる技でもあったら、こんなこと言わせないのに。

亜佐美「じゃあ、参ったしないもん!」

ほのか「卑怯者!」

完全に読まれてる。さすが親友。もう、どうしようもない。しかたないなぁ・・・・・・

ほのか「しょうがないなあ・・・・・・あと1つだけ聞いといてあげる。」

亜佐美「じゃあ―――」


~翌朝~

駿「ん?好きな女の子のタイプ?」

ほのか「そうそう」

恥ずかしいよ!何で今さら!

駿「おっぱいが大きい子。」

駿が私の胸見てる気がした。さっと手で覆う。

ほのか「へんたい!」

駿「冗談だって。でもお前昔、巨乳!巨乳っていじめられてたっけ?」

そう・・・・・・昔は、おっぱいが大きいことをすごくいじられていて、嫌な思いもした。駿はそんな私をかばったりしてくれた。まじめな問題になると優しいんだよな

ほのか「そんな時もあったね・・・・・・今は何も問題ないけど」

駿「そっか」

それは良かったと笑う。

駿「それはそうと・・・・・・」

駿は自分のマフラーを取って、私の首に優しく当てて

駿「ほのか、何で今日マフラーしてないの?今日いつもより寒いよ」

ほのか「はは・・・・・・いろいろあってね。朝時間がなかったんだ」

亜佐美がいつまでも家にいるから、寝るのが遅くなってしまった。あいつのせいだ!

ほのか「駿にわるいよ。自分で着けなよ。」

駿「いいって。」

そうこう言いながら、学校に着いた。

ほのか「あ!そうだ。クリスマスにほしいプレゼントってある?」

これが亜佐美から聞くように言われたことだった。サプライズも何もあったもんじゃないが、まあ私がわたすものではないし・・・・・・

駿「そうだなあ・・・・・・いきなり言われても」

もう靴箱に着いた。クラスは別だから、ここでお別れだ。

ほのか「あ。マフラー返すね」

駿「ん。あげるよ、それ。」

ほのか「え?いいの?」

駿「その代わりマフラーが欲しいな。交換だ」

ほのか「あ・・・うん・・・・・・?」

駿「じゃあな。楽しみにしてる」

ん~~~~~?これはいのかな?


~教室~

亜佐美「ええ?巨乳!?」

ほのか「うん。冗談だっていってたけど・・・・・・

亜佐美「ごまかされてるじゃない!」

ほのか「うるさい!だから自分で聞けとあれほど」

朝からうるさいな~~~~~どんだけ、元気なの?

亜佐美「で、クリスマスは何が欲しいって?」

どうだろう・・・・・・これは・・・・・・でも・・・・・・

ほのか「マフラーだって。」

亜佐美「へ~昨日してたのにね。」

新しいのが欲しいってことかな。と、勝手に納得する亜佐美。

亜佐美「まあ、いいっか・・・・・・それよりさあ、今日の帰りは―――」

ほのか「あ、今日は私一緒に帰れないよ。」

亜佐美「え?」

ほのか「いや、今日は本当に用事で。だから駿は自分で誘いなさい―――」

亜佐美「ちょっと~なんとかしてよ~~~~」

むかっ!

ほのか「あああ!昨日だってあいつに忘れっぽいやつとか言われてんのよ!!今朝は寝坊するし!」

亜佐美「わ、わかったわよ・・・・・・」

ほのか「わかったら、さっさと誘う。ほら行った。」

てくてくと歩いていく亜佐美。まあ、それでいいだろう。
茶道部の教室は2階・・・・・・今日もそこに用事がある。2回の窓から外が見えた。ちょうど駿が帰っている・・・・・・それと亜佐美も。

ほのか「・・・・・・・・・・・・・」

あれ?
なんだか・・・・・・いやだな・・・・・・胸が痛い。いつも駿の隣は私のはずだったのに・・・・・・

ほのか「なんでだろう・・・・・・」


~次の日~

ほのか「え?今日も駿と帰るの・・・・・・?」

亜佐美「うん。じゃあ、もういくね」

ほのか「う、うん。」

亜佐美「あとさあ、明日もうクリスマスでしょ?私、マフラー編んだの。明日」

ほのか「え・・・・・・」

実は、私も編んでいる。だって・・・・・・駿は交換だって言ってたんだもん・・・・・・これはしょうがないよね・・・・・・

亜佐美「明日彼にわたす前に、ほのかの家に持っていくからさぁ、包装手伝ってくれない?どんな飾りがいいかわからないから・・・・・・」

ほのか「う、うん。いいよ・・・・・・」

亜佐美は真剣だ。私の頼ってきたのも、それほど駿のことが好きだからだ。それはよくわかる。親友だから・・・・・・だから・・・・・・邪魔しちゃだめだ・・・・・・

亜佐美「じゃあね。」

ほのか「ああっ・・・・・・!」

止めちゃだめ。でも・・・・・・止めたい・・・・・・行ってほしくない・・・・・・その後、亜佐美と駿が一緒に帰るのを確認してから、1人で帰った・・・・・・
家までがとても長く感じた。


~クリスマス当日~

亜佐美「できたぁ!!」

綺麗に編まれたマフラーに、包装が完了した。マフラーの色とかは、全部駿から聞いていたようだった。駿の好きな緑が使われている・・・・・・編むのも大変だったと思う

ほのか「やったね!」

うれしいようで・・・・・・悲しい・・・・・・

亜佐美「最後に悪いけどさ、駿に19時に学校に来るように電話してくれない?私番号知らなくて」

ほのか「う、うん。そうだね・・・・・・」

亜佐美「ああ・・・・・・喜んでくれるかな・・・・・・?」

ほのか「きっと・・・・・・大丈夫だよ」

楽しみにしている亜佐美の顔。本当に楽しそうだ。
そうしている間に、駿と電話が繋がった。部屋から出て、電話越しに話す

ほのか「ああ、駿?あのさあ、今日19時に学校に来れる?」

駿「19時ね。ああ、大丈夫だよ。」

ほのか「そう・・・・・・じゃあ、ね・・・・・・」

駿「待って、ほのかが来てくれるんだよな。」

うっ・・・・・・と息が詰まるほのか。行きたい・・・・・・自分で編んだマフラーを持って、駿のところへ・・・・・・

行きたい・・・・・・

ほのか「どうかな・・・・・・?」

ごまかす風に笑いながら言ってみる

駿「はは。どうなんだよ」

ほのか「とにかく!・・・・・・学校に来てね・・・・・・おねがい」

駿「りょーかい」

ほのか「じゃあ・・・・・・またね」

駿「ああ、またな。」

ぷつっ。
ぽた・・・・・・ぽた・・・・・・電話に涙が零れ落ちた。

ほのか「え・・・・・・?」

何これ?涙が勝手に・・・・・・出てくるよ

ほのか「駿・・・・・・」

しばらく、外で涙が止まるまで待つほのか・・・・・・

亜佐美「ほのか~~~~~~」

部屋の中から亜佐美が呼ぶ。行かなきゃ。

ほのか「何?」

亜佐美「私、そろそろ行くね・・・・・・」

ほのか「え・・・・・・?」

まだ、16時だった。約束の時間にはまだ早い。

亜佐美「もう・・・・・・帰っていろいろ準備するよ・・・・・・」

ほのか「そ、そうだね・・・・・・早く帰ったほうが・・・・・・いいかもね」

亜佐美「うん・・・・・・」

亜佐美がプレゼントを持って立ち上がる。涙かまた零れ落ちた。明らかに亜佐美に見られた。

亜佐美「帰るから・・・・・・どいて・・・・・・」

ドアは1箇所しかない。その前に立ち、私は動かなかった。動きたくなかった・・・・・・

亜佐美「ねえ・・・・・・どいてよ」

ほのか「・・・・・・」

亜佐美「ごめん・・・・・・!」

私の体を横に払いのけ、ドアを通過しようとする。

ほのか「待って!!」

亜佐美は私の声を聞かずに、ドアノブに手を掛けようとした。その瞬間、私は亜佐美の腰に手を回し、思いっきり振り回して、亜佐美の体を床にたたきつけた。

亜佐美「はぐっ!」

その亜佐美に飛びつき、取っ組み合った・・・・・・

ほのか「行っちゃ・・・・・・だめええええ!!!!!」

亜佐美「やめて!!私が行くんだから!!!」

ほのか「いやだあぁ・・・・・・!!!駿は私のもんだあああああ!!!!!!」

私と亜佐美のどろどろした戦いがここから始まる。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2011/12/25(日) 15:56:00|
  2.   クリスマスストーリー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

クリスマスストーリー 一挙公開 | ホーム | 忘年会

コメント

No title

忘年会お疲れ様でした!ゞ



導入部、凄くいいです!!

キャラの感情や心境の変化が凄く伝わって、思わずキャラに感情移入してしまいました!



これからの戦いがますます楽しみになりました.+
  1. 2011/12/25(日) 21:02:00 |
  2. URL |
  3. ミニラ #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

次の早く期待してます
  1. 2011/12/26(月) 10:05:00 |
  2. URL |
  3. 黒龍 #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

早く次の投稿して下さいよ
  1. 2011/12/27(火) 23:51:00 |
  2. URL |
  3. 黒龍 #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

気楽に書いて大丈夫っすよ?
  1. 2011/12/28(水) 00:36:00 |
  2. URL |
  3. ボブ #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

年末ですし、急がずゆっくりして下さいです(^^)
  1. 2011/12/28(水) 01:10:00 |
  2. URL |
  3. ななし #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

ミニラさん、ありがとうございます



たぶん意味不明なところや、どうしてこうなるってところが多々ありますが、試行錯誤で書いていこうと思います

ありがとうございました



> 忘年会お疲れ様でした!ゞ

>

> 導入部、凄くいいです!!

> キャラの感情や心境の変化が凄く伝わって、思わずキャラに感情移入してしまいました!

>

> これからの戦いがますます楽しみになりました.+
  1. 2011/12/29(木) 01:25:00 |
  2. URL |
  3. さくら #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

黒龍さん、コメントありがとうございます

がんばります。



> 次の早く期待してます
  1. 2011/12/29(木) 01:26:00 |
  2. URL |
  3. さくら #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

黒龍さん、1日2回もコメントありがとうございます。

何回も来てくださってすみません。僕も自分のペースで投稿しますんで、暇なときに閲覧しに来てください



> 早く次の投稿して下さいよ
  1. 2011/12/29(木) 01:28:00 |
  2. URL |
  3. さくら #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

ボブさん、ありがとうございます!

あわてて書いてもいいの書けないってのはわかってきたんで、ゆっくり書きたいと思います



> 気楽に書いて大丈夫っすよ?
  1. 2011/12/29(木) 01:29:00 |
  2. URL |
  3. さくら #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

ななしさん、ありがとうございます!

ちょっと年末舐めてました!がんばります



> 年末ですし、急がずゆっくりして下さいです(^^)
  1. 2011/12/29(木) 01:30:00 |
  2. URL |
  3. さくら #79D/WHSg |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/155-73889683

| ホーム |