さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

その島に踏み入れし女達

スタッフに連れられて、島に上陸した私・・・

そこからでは自分達のほかに誰かいるという気配はない、しかし他の選手は別の場所から上陸していることだろう

気を引き締めていかないと・・・

だが、まだ案内は続いた。最初に私のテントまで連れて行かれた。その中には寝るのに必要なスペースと、食料があった
ここを基点に、戦いは進められるのだろう

そして次に例の腕輪がある場所へと案内された。そこはテントからはかなり遠いところに設定されており、そう簡単には持ち帰れないだろう・・・・・・

毎日ここへ来て、腕輪を一個持って帰ればいいわけだ
しっかり覚えておかないと。

そしてもう一度テントまで帰らされた。そして全裸になるように指示を受ける・・・
まあしょうがない。そういうルールだから

パンツもブラもスタッフに全部預けて、身につけるものはもう何もない

最後にこの戦いの賞金について告げて、スタッフは帰っていった・・・

賞金は―

1位 100万 
2位 50万
3位 25万
4位 10万
5位 5万

の賞金となっているらしい・・・
これはラッキー。むかつく女を倒した上で、お金までもらえちゃうなんて

早く戦いたいわ・・・・・・


続く
スポンサーサイト


    web拍手 by FC2
  1. 2010/04/02(金) 01:43:28|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

今日は・・・ | ホーム | アイデア投稿

コメント

No title

初めまして、ミニラと申します。

今回のブログ再開、最高に嬉しく思います(≧∇≦)

アイデア募集中との事で、恐縮ですが投稿させて頂きます!お役に立てないとは思いますが…(汗



・これまでもあった、胸や股関への打撃や握り合いなど、互いに同じ箇所への我慢比べ的な攻撃のやり合い

・ブレストスムーザーをされ、またしても胸が口に入ったりした時、相手の胸(乳首等)を噛んででも怯ませ脱出

・逆にフェイスシッティングを極め、敵の手もガッチリ掴んで優勢の時、敵が無理矢理舌で股関を攻めて怯ませようとしてきて、脱出され、互いになかなか決着つかず…



といった感じのシチュが、見てみたいというか自分の頭に不意に浮かんだので、とりあえず投稿させて頂きました(笑)



あくまで自分個人の考えですので、気に入らなければ容赦なく切り捨てて頂いて結構です( ̄∀ ̄)

クソ長文を申し訳ありません(汗) これからもずっと応援しております!!
  1. 2010/04/04(日) 02:05:00 |
  2. URL |
  3. ミニラ #79D/WHSg |
  4. 編集

No title

ミニラさん、コメントありがとうございます。

ミニラさんが上げてくだざったシチュエーションは、私としても好きな展開なのでぜひ小説中のどこかで使わせていただきたいと思います。



これからも引き続き、閲覧ください。

ありがとうございました。
  1. 2010/04/04(日) 08:52:00 |
  2. URL |
  3. さくら #79D/WHSg |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/15-56a3d3f1

| ホーム |