さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

練習試合副将戦! 美月VSヒカリ

一個気づいたことが・・・・・・

毎日更新すると、アクセス数って上がるもんですね


洋子「それでは第四試合を始めます。東雲大学、美月さん。三島大学、ヒカリさん。前に出てください。」

美月が前に出る。ヒカリと呼ばれた女性は、美月よりも背は低いが、体つきはしっかりしていた。おそらく肉弾戦を得意としているであろう雰囲気だ。比べると美月の体はやっぱり細い。

美月「・・・・・・よろしくお願いします」

ヒカリ「お願いします」

洋子「それでは始めてください。」

ヒカリはすっと腕を上げ、拳を作った。それに対して美月は大した構えもせずに、右手を上げるだけ。

ヒカリ「はあっ!」

軽いパンチを打つヒカリ。美月も軽く右手で受け流す。そして思い切り振りかぶったヒカリのパンチは避ける。無駄が無いすばやい動きだ。

ヒカリ「はあっ!このぉ・・・・・・!」

間合いを詰めても、うまくステップで逃げる美月・・・・・・そして次のヒカリの全力のパンチをかわした瞬間、美月は一気に間合いを詰めた。驚いて体重が後ろにかかる瞬間、美月は長い足をヒカリの足に絡めた。

ヒカリ「んあああああっ!!!」

腕も封じられ、受身も取れないままヒカリは倒れた。上から美月も覆いかぶさる。

美月「・・・・・・かわいい顔してるね」

ヒカリ「はむううううっ!!!なっ!!!!!!」

美月は何と、ヒカリの唇と自分の唇を合わせ、キスをした。怯んで動きが鈍くなるヒカリ・・・・・・引き離そうと抵抗するが、体に長い腕と足が巻きついていて離れない。

美月「・・・・・・そんなに嫌がることないよ」

ヒカリ「んはあっ・・・・・・んんんっ・・・・・・」

美月は手をヒカリのビキニに当て、優しく脱がせた。わりと形のいい、大きな胸があらわになる・・・・・・

ヒカリ「んああっ・・・・・・だめ・・・・・・」

美月は構わずその胸を揉み始めた。優しく、大きくその手を動かす・・・・・・

美月「・・・・・・感度がいいね・・・・・・いい胸だと思うよ」

ヒカリ「はんんん!!あああん!ああああ・・・・・・」

ディープキスを止めて、美月は次にヒカリのバックから襲い掛かった。大きな胸がぐにゅぐにゅと形を変える・・・・・・

ヒカリ「あああああああああん!!!あああ・・・・・・ああああ・・・・・・・・!!!やめ・・・・・・・!やめてえええ・・・・・・・」

美月「・・・・・・いいじゃない。気持ちいいんでしょ。ねえ・・・・・・」

ヒカリ「はぁはぁ・・・・・・そんな・・・・・・ことぉ・・・・・・」

美月はヒカリの両足を捕まえ、股間が丸見えになるように開いた。青いビキニの真ん中が湿って、色が変わっている・・・・・・

美月「・・・・・・体は正直だよ」

ヒカリ「はぁはぁはぁ!はぁはぁ!いいやあぁ・・・・・・!!」

みんながいる前でこんな姿をさらけ出されて恥ずかしい・・・・・・でも、やっぱり気持ちいい・・・・・・

ヒカリ「ふざけ・・・・・・ないで・・・・・・」

そうは言うが、力強い抵抗はしようとしない。完全に体を支配されている。そして美月はついに右手をヒカリの股間に回した。左手は変わらずヒカルの巨乳を優しく揉み続けている。

ヒカリ「あああっ・・・・・・!!!あんっ!・・・・・・はぁはあっ!!・・・・・・だっめぇ!・・・・・・はぁはぁはぁ!だめええっ!!!」

涙目になるヒカリ。

美月「・・・・・・ほら・・・・・・気持ちいい?」

人差し指で、ヒカリの股間を刺激し快感を与える。

ヒカリ「はああああああぁ・・・・・・っ!!!!きちゃううううぅぅぅぅ・・・・・・!!!なんかくるぅぅぅぅ!!!!」

美月「・・・・・・・・・・・・逝っちゃいなさい」

ヒカリ「ああん!!・・・・・・もう・・・・・・!!!からだが・・・・・・!!!!」

美月「・・・・・・みんなの前で醜態をさらそうか」

ヒカリ「はああっつ!!・・・・・・いやぁ!!・・・・・・そんな・・・・・・だめええええええっ!!!!」

言葉でも揺さぶる美月・・・・・・ヒカリはなんとか逝くのだけは耐えている。それだけはだめだった・・・・・・

美月「・・・・・・まだ足りないの?」

ヒカリ「だめえっ・・・・・・!」

美月は股間を刺激する手を、ヒカリの股間のビキニの間に滑り込ませた。直接ヒカリの恥ずかしい部分を触る。

ヒカリ「ああんっ!・・・・・・だっめええええぇぇ・・・・・・!!!」

ビキニがどんどん染まっていく・・・・・・

ヒカリ「はぁはぁっ!!あああああ!!!」

美月「・・・・・・そろそろ終わり・・・・・・」

美月は少し愛撫のスピードを上げた。

ヒカリ「んああああああああああああ!!!!!」

美月「・・・・・・」

ヒカリ「・・・・・・・・・・・・もう!!!!!だめええええええええええええ!!!!!!」

ヒカリのビキニから大量の液体が出てきた・・・・・・

ヒカリ「はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・」

洋子「そこまで。東雲大学美月さんの勝利です。」

それを確認すると、美月はスタスタと戻ってきた。

早百合「美月さん・・・・・・?」

美月「・・・・・・何?」

早百合「普通のやり方じゃダメなんですか?」

あきれたように早百合が聞く。

美月「・・・・・・私はこれが一番好きなんだ。」

早百合「そうですか」

それは置いといて、と美月は話す

美月「・・・・・・向こうの大将は強いよ」

早百合はさっきまで審判をしていた、洋子を見た。洋子も視線を感じてかこちらを向く・・・・・・自信満々にこちらを見てくる洋子。

早百合「やってきます」

うん、と頷くと美月は審判に回った。

美月「・・・・・・それでは第五戦、東雲大学早百合さん対三島大学、洋子さんの試合を始めます。」

そして練習試合最終戦が始まった。

練習試合 東雲大学VS三島大学 2-2
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2011/12/15(木) 01:02:33|
  2.   東雲大学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アニメキャットファイト情報 2 | ホーム | 練習試合中堅戦! 湊VS麻衣

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/148-195e3b8f

| ホーム |