さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

大会1ヶ月半前

連続更新は途絶えず・・・・・・

頑張ります!!

続き書きました。
どうぞ~~~


5人目のキャットファイター、湊が入部してから2ヶ月が流れた。このみはよく絵理菜と組み合っている。戦いの技術で言うと、絵理菜は相当なものでたくさんの技を知っていた。

絵理菜「もっと・・・・・・股の奥まで相手の顔を挟み込むといいですわよ・・・・・・」

このみ「こ、こう・・・・・・?」

絵理菜「そうですわ・・・・・・それから自分の足と足を絡ませて強く絞めあげますの」

このみ「んんん・・・・・・こうかな!?」

絵理菜「あむんんんんん!!!」

パンパン!
絵理菜の太ももをタップする絵理菜・・・・・・絵理菜のムチムチの肉体で絞めあげたら、戦い慣れてる絵理菜も苦しいのだ。
ぱっと絞めつけを放すこのみ。

このみ「ご、ごめん!苦しかった?」

絵理菜「はぁはぁ・・・・・・大丈夫ですわよ。あなたやっぱり覚えがいいですわね」

このみ「そう?ありがとう!」

褒められて普通にうれしいこのみ。この2人は仲が良かった。対照的に絵理菜と早百合は出会ったときからずっと仲が悪い。何かあるとすぐに相手にちょっかいを出す。
しかし最近の早百合の練習相手は、湊であった。

湊「さゆりおねえちゃん・・・・・・どんどんうまくなってるね・・・・・・おっぱい揉むの・・・・・・ひぐうううううう!!!」

早百合「はぁはぁ・・・・・・あああぁ・・・・・・ああん!はあああ!!!!」

湊が入部してから、早百合は湊と組むようになった。

湊「でも・・・・・・今日は私の勝ちみたいだね~~~」

明らかに早百合が胸を揉むスピードは落ちていた。それを見た湊は、早百合の胸にしゃぶりついて、乳房を吸い上げた。

早百合「ああ!ああんっ!!あっはあああん!!!だめええええええええええええ!!!!」

早百合は抵抗できずに、タップしざるを得なかった。このままでは逝ってしまう・・・・・・

湊「もうちょっとぉ・・・・・・んむう!んむう!」

早百合「はっはぐうううううう・・・・・・あっはああぁ・・・・・・・」

しかし逝かされる直前に、早百合は湊の首に腕を回して絞めた。フロントチョークのような攻め方だった。
すぐに顔が真っ赤になって、口を早百合の乳房から外す湊・・・・・・今度は湊が早百合の腕をタップし始めた。

湊「さ・・・・・・さゆりおねえちゃん・・・・・・ごめんね・・・・・・」

早百合「・・・・・・」

湊「わたひが・・・・・・わるかったよ・・・・・・」

湊が謝りだすと、早百合はチョークを外した。

湊「はぁはぁはぁはぁはぁはぁ・・・・・・」

早百合「ああっ・・・・・・あああっ・・・・・・」

早百合も大分エロ技に慣れてきた。胸に快感を得ながらも、攻撃する力が出せるくらいにはなっていた。もちろん、前回で出せるわけではないが、抵抗くらいはできる。

美月「・・・・・・はい。みんなちょっと聞いて。」

組み合っていたこのみと絵理菜も、いったん離れ美月の話を聞く。早百合と湊もぐだっとした状態だったが、耳を傾けた。

美月「・・・・・・今週末に練習試合やるよ。」

みんな驚いた。試合までそこまで日にちがあるとは思えないが、他の女と本気で戦うのは先のことだと思っていたからだ。その舞台が週末に用意され、少し焦った。しかし同時に自分の力を試してみたいという気持ちもあった。

早百合「相手はどこなんですか?」

美月「・・・・・・相手は、大会にも毎年参加する『三島大学』。キャットファイトでは強豪で、いつも最後まで残ってくる。」

このみ「強いんじゃないんですか・・・・・・?」

美月「・・・・・・自分の今の実力を知るには、いい経験だよ。とにかく、今週末に試合するんで、覚えておくこと。」

美月(・・・・・・それにいい戦いしそうな娘たちばっかりだしね)

大会を1ヶ月半後に控え練習試合をすることになった、東雲大学キャットファイト部。それぞれの実力を確かめるための練習試合が始まる。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2011/12/10(土) 05:08:45|
  2.   東雲大学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

練習試合開始! | ホーム | 意外な初戦

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/142-42bf398f

| ホーム |