さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

来訪

最近デザインをころころ変えていましたが、やっぱりシンプルなのが一番見やすいと思って、シンプルなのにしています。

さて、続きを書いていきます


早百合「はぁああ!はあ!ぐじゃぐじゃにしてやるぅぅぅぅ!!!!」

絵理菜「負けませんわよ!あなたにはぜったい!!!」

道場の中で早百合と絵理菜は取っ組み合っている。しかし前のような殴り合いはしていない。美月に打撃は無しと言われたからだ。今2人は全裸でお互いの巨乳を握り合っている。もともと腕力が強い2人だったので、相当な痛みを感じているが負けるわけにはいかない。

早百合「このおおおおおお!!!!!ちぎれちゃえええええええ!!!!!」

早百合は絵理菜の右乳を上に引っ張り、左乳を下に引っ張った。お互いが相手の巨乳が気に入らなかった。巨乳だけでなく相手自体も気に入らなかった。打撃が禁止されている今、こうして痛みを与えるしかない・・・・・・それには女の魅力である胸を潰すのが一番屈辱的だと考えた2人だった。

絵理菜「いやあああああああああああああああ!!!!!!」

体勢的には上にあって、有利な絵理菜だったが思わぬ攻撃に相手の胸を掴むのも忘れ声をあげた。

早百合「いい声ねええ!!ほら!あがきなさいよ!!!」

絵理菜「くっ!!」

痛みに耐えながら絵理菜は早百合の乳首をつまんだ。思い切り捻って、刺激を与えまくる

早百合「ちょっとおおおおおお!!!!!!どこつまんでんのよおおおおおおおお!!!!!!」

早百合は絵理菜の巨乳から手を離し、乳首を握った。

絵理菜「んあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!マネするんじゃありませんわよおおおおおおおおおお!!!!!!」

早百合「うるさい!!へんたいおんなあああああああああ!!!!!!」

叫びあいながら乳首を握り続ける。そんな攻撃が続けられていた。そんな中少し離れたところで美月とこのみが組み合っていた。畳の上で足や腕が絡み合っている。上から今このみが乗りかかって押さえつけている形だった。

美月「・・・・・・ほら。ちゃんと絞めつけないと動かれるよ。」

このみ「はぁはぁはぁはぁ・・・・・・んん!!!」

そう言われて、精一杯体を絞めつけるこのみ。美月は声には出さなかったが、思ったよりずっと苦しかった。このみの上背は無いが、ムチムチの体、そして部内NO.1 の膨らんだバストは美月の細い体を圧迫するのには適していた。

美月「・・・・・・まだまだ甘いよ。」

美月はこのみが巻きつけた腕を引き剥がした

美月(・・・・・・まだまだ基本的な力は足りない。体のバランスは良くて、相当強いんだけど)

美月「・・・・・・!!!」

そんなことをしてると美月の顔の前にこのみの巨乳が映った。自分の胸が大きいことを知っているこのみ・・・・・・その巨乳の重量で美月の頭を押さえるつもりだった。

このみ「はぁはぁはぁはぁはぁはぁ!!」

しかし顔にその胸が触れる前に、美月はこのみをひっくり返した。このみが下になる。

美月「・・・・・・気をつけないとその胸、攻撃の的になるよ」

このみ「い、いやあああああああ!!!」

美月はこのみのブラを剥ぎ取った。そして丸見えになったこのみの巨乳の左乳にしゃぶりついた。

このみ「だ、だめえええええぇぇぇ・・・・・・・・・・・・!!!!!」

このみの胸は敏感だった。すぐに刺激を感じてしまう。そんなことは構わず舌でこのみの乳首を転がす美月だった。

このみ「や、やめてええええ!!だめええええええええええええ!!!!!」

そう言ううちにも、美月は責め続けた。やがて声が出なくなるくらいになって、ようやく攻撃を止めた。

美月「・・・・・・その胸を使うのはいいけど、もっと相手を押さえ込んでからにしなさい。・・・・・・それと、揉まれたり乳首いじられたくらいで悶えすぎ。」

このみ「ひぐっ・・・・・・ひぐっ・・・・・・!」

と、言うと美月はこのみから離れた。そしてパンパンと2回手を叩いた。早百合と絵理菜もびくっとして戦いを止めた。お互いの乳首から手を離し、相手から離れた。

早百合「いったあぁぁぁ・・・・・・・・・・・・!!!」

このみ「きいいいいいいいい・・・・・・!!!」

胸を押さえて、後から来る激痛にくるしむ2人・・・・・・本当はもっと相手を攻撃したかったが、美月が止めるように合図を出したなら仕方が無い。この前も早百合と美月はいがみ合っていて、美月の言うことを聞かなかったら2人とも逝かされた。初めて会った時も逝かされ2人にとってはすでに恐怖の対象になっている。

美月「・・・・・・さあ、そろそろ始めるよ。」

全員が着替え始めた。道場を出て校内に行くのだ。理由は・・・・・・

美月「・・・・・・そろそろ5人目を見つけないとね。」

そう。大会参加のためのメンバーを集めるためだった。今の段階で4人。それでは大会にでることは不可能。どうしてもあと1人は必要になる。ちょうど今は新入生がどの部活・サークルに入ろうかを迷っている時だった。その新入生に目をつけ1人引き込もうという作戦だった。

一応、
・何でもありの戦いができる
・大会に出るだけでお金がもらえる

などと宣伝文句を書いたビラを貼ってはいるが、今のところ入部しようという者はいない。そんな怪しい部活に入ろうなんていう人、今回に限っては女限定、がそうそういるはずもないが・・・・・・

待ってるだけでは、期待できないので探して回るという計画である。キャットファイターとして優秀な人材を。

と、いうわけで早百合・絵理菜・美月の3人は学校を回る。このみは道場に残った。誰かがビラを見て、やってくるかも知れないからだ。いつもあえぎ声や叫び声で響く道場だったが、一人になると静かなものだった。

このみはさっきいじくり回された自分の胸を触った。

このみ「あえぐな、なんて言われても・・・・・・」

自分で自分の胸を揉んでみる・・・・・・少しでも慣れておこうというためだ。全体を大きく揉む形から、乳首をつまんだりといろいろな刺激の仕方をやってみる。

このみ「はあっ・・・・・・!!!んあああ・・・・・・」

???「なにしてるの?」

このみ「きゃあ!!」

目を開けるとツインテールの女の子がこのみの顔を覗き込んでいた。入学したときにもらえるバッグを持ってることから考えると、1年生のようだ。

このみ「いや、その―――」

???「おねえちゃん、部員だよね?キャットファイト部の?」

このみ「ええ。そうだけど・・・・・・」

???「じゃあ、わたしとキャットファイトしようよ」




スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2011/12/08(木) 16:29:06|
  2.   東雲大学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

意外な初戦 | ホーム | 東雲大学キャットファイト部

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/140-549516d6

| ホーム |