さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

こっそり再開

これまでの話




マキはある大学の1年生。マキは授業の1つとしてスポーツ実習を履修していた。その授業は女子のみの授業で、50人が履修している。これはその授業での話しである。

マキは授業が行われる体育館へ行った。そこでプリントがわたされる・・・。

 

この授業について

 

始めにお知らせしますが、この授業で単位を認定するのは10人とさせていただきます。

この授業では、授業の度にこちらがテストの内容を伝えます。そのテストに脱落した者は単位を認定することはできません。ご了承ください。尚、テストの内容はほとんどが受講者同士のキャットファイトです。 

 

 本日の授業

 

今回のテストは11のファイトを行ってもらいます。対戦相手はこちらで抽選して選ばせていただきました。全てで25組です。この後、係りの人が先導しますのでついていってください。このファイトではどちらかがギブアップするか、審判が続行不可能と判断するまで戦い続けてもらいます。以上です。

 

マキ「え~!?」

思わず声を出して驚いてしまった。そんなことしなきゃダメなの?しかも単位がもらえないかもしれないなんて・・・

 

メグミ「なんか大変な授業をとっちゃったね。」

そういうメグミは何だか楽しそうにしている。メグミは私の高校からの友達・・・一緒に相談してこの授業をとることになった。

 

アイカ「のん気にしてる場合じゃないわよ。今日、私たちがお互いに戦わなきゃならないかもしれないんだから。」

 

ユキ「あんたたちとは当たりたくないなあ・・・」

この2人は、私が大学で友達になった女の娘。入学してすぐに気が合い、仲良くなった。

ホント、この中のだれと当たってもやだなあ・・・

 

マキ「でも、単位は落としたくないのよね・・・負けられないよ。」

 

メグミ「もし当たったら、どちらが勝っても恨みっこ無しよ。」

 

係りの人「マキさんとエミさん、ついてきてください。」

 

私が呼ばれた!どうやら今日は当たらないらしい・・・よかった。

 

ユキ「よかった、マキとは違う組みたいね。」

 

アイカ「がんばってね。負けたって単位を落とすだけだからね。」

 

マキ「それはいやよ!」

 

そう言い残してついていった。エミと呼ばれた娘も一緒だ。2人そろって小さな部屋、ただ2人で戦うには十分広い部屋へ連れられた。床にはマットが敷いてある。靴を脱いでその部屋へ入った。

ここで戦うのね・・・

 

係りの人「それでは2人とも向かい合ってください。ルールは顔面への攻撃、噛み付き以外何をしても大丈夫です。ルール違反があった場合には、その時点で負けが確定しますので、気をつけてください。それでははじめて下さい。」

 

マキ「お願いします。」

 

エミ「あ、こちらこそよろしくお願いします。」

 

私よりちょっと小さい娘かな。う~どうやって戦おう・・・

相手もどうしようか悩んでいるようだ。でももうやるしかない。動けなくして、ギブアップさせてやる!

マキ「ふんっ!」

 

エミ「はうっ・・・」

 

服を引っ張り合う2人・・・くうう倒れない・・・エミも踏ん張る。でも私も力では負けないんだから!踏ん張るのに夢中のエミに足を掛け、ひっくり返してやった。

 

エミ「はうううう・・・・・・」

 

派手に仰向けに倒れこむエミ・・・押さえ込む大チャンス!私は本能的にエミのお腹の上に乗りあがった。馬乗りの状態だ。

 

エミ「お、重い・・・・・・」

 

エミの手がのびて私の髪の毛を掴まれた・・・そして左右に引っ張ってくる・・・

 

マキ「あああん!髪の毛引っ張らないでよ!」

 

痛いなあ、もう!私もエミの髪を掴んで引っ張ってやった・・・

 

エミ「きゃあん!!」

 

お互いが髪を引っ張り合って、顔を近づける。エミはずっと馬乗りにされて苦しそうだった。このままギブアップさせたい!

 

と、思ったがエミが勢いよく腰を浮かせた。バランスが崩れてマウントから落ちてしまった。そこからはエミと取っ組み合った。

相手の肩を掴んで転がり回る・・・でもどうしても押さえ込めない・・・

 

マキ「はあ・・・はあ・・・ギブしてよ・・・。」

 

エミ「あなたが・・・したら・・・?」

 

だが、ついに勝った・・・エミに返す力が無くなった・・・

 

エミ「くううううぅ・・・」

 

マキ「はぁ・・・返せないでしょ・・・?ギブアップしたら・・・?」

 

体重をかけて、絶対押し返されないようにした。

 

エミ「はぁはぁ・・・・・・まだまだよ・・・・・・」

 

エミは手を伸ばして、私のシャツの中に潜り込ませてきた。そのままどんどん伸びて、それが私の双球に触れた・・・

マキ「ちょ、ちょっと何すんのよ・・・はあん・・・はぐ・・・や、やめてぇぇぇ・・・・」

 

その両手で私の胸が揉まれる・・・だめ、だめだってぇ・・・・・・

 

マキ「はあああああん!!!こんなの反則よお!!!!!」

 

エミ「胸を揉んじゃだめなんて・・・言われてないわよ・・・」

 

ああ・・・力が・・・・・・そんなやりとりの間にむにゅむにゅと握りつぶしてくる・・・

あああああ・・・しこりがぁ・・・・・・

 

マキ「いやあああああああああん!!」

 

痛い・・・胸が熱い・・・もう我慢できない。押さえつけたエミを放して、離れてしまった。ずれたブラを直す。その間に背後から近づかれた・・・

シャツもブラも思いっきり上に上げられ、胸が露出してしまった。

 

マキ「きゃああああん!なにすんのよ・・・はあん・・・」

 

さっきより強い力で揉んでくる・・・反撃しないと・・・・・・

 

エミ「降参しなさいよ・・・」

 

マキ「だれが・・・こんなかっこで・・・あっは~ん・・・」

 

や、やめてよぉ・・・動けない・・・いつの間にかマットに這いつくばっていた。その後ろからエミにしがみつかれて揉まれている・・・

 

エミ「この無駄に大きいおっぱい・・・潰してあげる・・・」

 

マキ「あっ・・・ああん・・・」

 

あああ・・・・・・私の胸が・・・・・・どんどん潰される・・・・・・張りが無くなっていく・・・

そんなのだめぇ!!!

手をばたつかせて暴れ、なんとかエミの手をふりほどいた。そしてお互いに膝立ちになって向き合った。またしてもエミが私の胸を揉んでくる・・・でも、もう我慢しない・・・反撃してやる・・・

ぎゅううううううううううううううううう!!!

 

マキ「はあああん・・・はあっ・・・」

 

エミ「はんっ・・・・・・ひい・・・・・・」

 

仕返ししてやる・・・この胸に!潰れろお!!

 

エミ「はあぐ・・・あーん!!」

 

力いっぱい握ってやった!それでもエミも握り返してくる・・・

 

マキ「うううううううううう!!!!!」

 

握り合いが続く・・・自分の胸はもう真っ赤になっている・・・エミの爪あとも残り、痛々しい・・・なんだか猛烈な憎しみが沸いてきた。よくも・・・よくも私の胸に・・・

もう、なんでもしてあげるわ!!!

 

私は揉み続けてる手を離し、エミの両乳首を掴んだ。そのまま指先に力をいれて潰した。

 

エミ「はあああああああああ!!!!そ、それはだめぇ!!!そんなとこぉ!!!!」

 

マキ「許さない・・・許さないんだから!!!」

 

あまりの痛みにのけぞるエミ・・・仰向けにばたっと倒れた。その上にのしかかり、ずっと乳首を握り続ける・・・

 

エミ「くはあああああ!!!!!!!!!!お願い・・・そこは!!!そこはやめてぇぇぇぇぇぇ・・・・・・はぐうううううううううううう!!!!!!」

 

エミに何度も手を叩かれたが、離してやらない・・・さらに乳首を捻ってやった。

 

エミ「も、もうだめえぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!いたいよぉぉ!!!!!!!」

 

エミも私の髪の毛を引っ張ってくる。だがもうそんなことどうだっていい・・・これはそういう戦い・・・

 

エミ「お願いいいい!!!離してよぉぉ!!!!!!」

 

容赦なく乳首を引っ張る・・・

 

エミ「いやああああああああ!!!!!!!!!!ダメぇええええええええええええ!

ギブ!!!ギブアップ!!!!!!!」

 

こうして私の最初の戦いに決着が付いた・・・

 


 

その後はメグミ達が来るまで待った。

戦いに関しては、今日は全員勝ち残ったようだった。

 

どうやらみんなも本気でやりあったらしい・・・みんな髪を引っ張りあったり、胸を揉んだり揉まれたり、股間を蹴ったり、顔の上に座って押さえ込んだりと奮闘したようだ。

ともあれ、私は一日目で脱落しなかったことにホッとしていた・・・

家に帰った。いつものようにシャワーを浴びる・・・

ふと自分の胸をみると、赤く手の跡が残っていた・・・

マキ「人のものだと思って、思い切り握って・・・」

 

ふと、私がエミの乳首を摘んだときのことを思い出した。エミが涙目で痛がる顔・・・

試しに自分の乳首を掴んで握ってみた・・・ぎゅうううう・・・・

 

マキ「はううう!!」

 

結構痛い・・・でも悪いことをしたなんて思わない・・・私だってあんなに揉み潰されたんだから・・・

 

シャワーから上がる。その日の夜はよく眠れた。

 

 

あの日から1週間後、つまり2回目の授業の日が訪れた。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2010/03/24(水) 13:12:41|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もうちょっと前回の話 | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuracatfight.blog.fc2.com/tb.php/1-7b0ac3d1

| ホーム |