さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

拍手コメントのお返事

こんにちは。さくらです。

ようやく、小説が一段落したんで次の小説をどうするかを今は考えています。

それで何ですけど・・・

いままで、拍手コメントの存在を僕は知らずに、今までにコメントを頂いていたことに気が付きませんでした。
申し訳ない!

その中にもすばらしいアイデアがあったのに・・・

こんなコメントを頂きました。

いつもすばらしい作品を見せていただき、ありがとうございます。今回の一進一退の攻防はとてもよかったです!あと僭越ながら自分が思いついたアイディアですが、部活のレギュラー争い、ジムに務めているインストラクター同士の闘い、彼氏の浮気相手との戦い、不慮の事故(例:体躯倉庫などに閉じ込めらる)による責任の押し付け合いによる喧嘩などが思いつきました。もしよろしかったら参考にしてみてください。それでは、今後も頑張ってください!応援しております!。

ありがとうございます。

どれも興味が湧くシチュエーションばかりです。僕は戦いが始まるまでを書くのが苦手で、いつもそこで時間がかかっちゃうのですが、こうして例を挙げていただくと非常に助かります。

他にも

お疲れ様です、さくら様。いつもすばらしい作品を拝見させていただいております。リクというほどのものではないのですが、柔道か相撲でのファイトを見てみたいので、もし余裕があればお願いしたいと思います。よろしくお願いします。


このようなアイデアを頂きました。たまにはこういう風にスポーツの中での戦いを描いてもいいかもしれませんね。
リクエスト、ありがとうございました。

他にも応援してくださったみなさん。
毎回、僕の小説を見に来てくださったみなさん。

ありがとうございました!

これからもよろしくお願いします。


スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2010/09/07(火) 10:37:05|
  2.   お知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ファイナル

メグミ「・・・・・・・・・・・・ぁぁぁ」

マキ「はぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・・」

私たちは重なり合い、抱き合いながら砂浜の上に倒れている。でも今は私のほうが上で重なっている・・・
今のうちに攻撃しないと・・・

マキ「んんん・・・・・・・・・」

私は体をずらして、メグミの顔に胸をあて体重をかけた・・・

メグミ「・・・・・・・・・・んんんんんぁぁぁ・・・・・・・・・」

マキ「落ちろぉ・・・・・・・・・・・・・・・・・」

私のブレストスムーザーは着実に呼吸を奪っているはず・・・しかし・・・

メグミ「はううううう!!!」

マキ「んあぁ!!」

押さえ込む力は残っていない。体をメグミに擦り付けるも、すぐに返されてしまった。

マキ「んぶうううう!!!」

メグミ「こ・・・・・・・・・のぉ・・・・・・・・・」

メグミもまた体をずらし、自分の巨乳を私の口に当ててきた。苦しい・・・
私の涙でメグミの胸がまた濡れる・・・

メグミ「はあああああああ!!!!落ちろぉぉぉぉぉ!!!!」

メグミはブレストスムーザーを完全に決めてきた。胸で口を塞ぎ、離れないように締め付けて密着させられる・・・

マキ「はむうううううう!!!!!」

私も必死に手で押し返そうとするが、本気で落としに来ている・・・返せない・・・




【 続きを読む 】
    web拍手 by FC2
  1. 2010/09/05(日) 19:23:31|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

| ホーム |