さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

退却?

因縁の戦い・・・

 

どうしても勝ちたい・・・

でも、今は・・・今は勝てないよ・・・

 

悔しい・・・

 

メグミは思いっきり後ろに体重をかけてきた。腰が背骨が弓にように曲がる

 

マキ「んあああああああああああああ!!!!!!!!!」

 

しかし同時にメグミの長い髪も、私の前まで垂れてきた。

それを思いっきり引っ張った!!

 

メグミ「ふあああああ!!」

 

手が私の足から離れ、メグミは泥の上に投げ出された。

 

その間にフラフラとテントに歩き出す私・・・

 

メグミ「待ちなさい!」

 

私の方に駆け寄るメグミ。

だめ、追いつかれる・・・

 

メグミ「いやあああああああああああ!!!!」

 

どごっ!!

足を思いっきり振って、股間蹴りを食らわした・・・

 

いや・・・

 

食らったのはメグミだけじゃなかった・・・

メグミも同時に蹴りを放っていたのだ。

 

マキ「んなああああああああああ!!!」

 

あああ!!今日何度もやられた痛みが、また戻るような痛さ・・・

 

でも、今はメグミも動けない。

 

―チャンス!!

 

這いつくばって、テントに寄る・・・しかし、メグミも這いつくばって近づいてきている

早く!早く行かなきゃ・・・

あと1メートル・・・

 

そこで飛びついてきた!

 

マキ「あああああ・・・!!!」

 

あとほんの少しなのに・・・・・・

テント直前で絡み合った。

メグミは相変わらず私の胸を搾ってくる。

 

マキ「はぁはぁはぁはぁ・・・あんただって・・・ここなら・・・・・・」

 

私はメグミの股間を探した。そこへ指を当てて、振動させてやった。

 

メグミ「はん!はんん!!はあ!そ、そこは!!だめ!だっめえええ!!」

 

効いた・・・メグミの力が緩む。

その瞬間、私はテントに飛び込んだ。

 

他の選手はテントには侵入できない・・・

 

私は、なんとか戦いをくぐりぬけ、生き抜いた・・・

 

そして私は泥のようにその日は眠った・・・

 

 



スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2010/06/29(火) 00:02:59|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

勝利の後

なんとかユキから腕輪を奪い取った・・・これで脱落せずに済む

その後、雨が降り始めた

 

放送「無人島バトルロイヤル。アズサ選手が脱落しました。」

 

放送の声が聞こえた。どこかでアズサという選手が脱落したようだ。そして1日目の腕輪を取れなかった選手が1人。さらに私が倒した人数から考えると、残りは5人だ。

 

5人・・・

 

私・メグミ、後3人は誰かわからない。

 

でも、残っているんだから強いに違いない。明日からはさらに厳しい戦いになるにだろう

 

とりあえず今は、テントに帰ろう・・・

雨も降っている。これ以上体力を消耗させたらまずい・・・

 

私は歩き出した。

幸いテントは近いところにある。

雨に濡れながら、道無き道を移動・・・

 

そしてついに、

 

テント発見!

 

もうくたくただ・・・早く中に入って寝よう



【 続きを読む 】
    web拍手 by FC2
  1. 2010/06/28(月) 08:00:13|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

秘部と秘部

絞めつけの上に、泥もあるから呼吸ができないだろう・・・

来るしそうに暴れるユキ・・・

何とか呼吸するスペースを作ろうと、私の股間を押し上げようとする・・・

 

マキ「ふんんんんんん・・・・・・」

 

スペースができたら、攻撃されちゃう・・・・・・やらせないんだから!

 

ユキ「はむうう!!!ふむうううううううう!!!」

 

それでも全力で、押し上げてくるユキ・・・力負けしそう・・・

もう、私はこれ以上は・・・耐えられない・・・・・・

 

そんな時、ユキの股間が目に入った・・・

私は、足ではさみこまれないようにユキの足を押さえ、股間に顔を近づけた。

そして、その秘部を舌で舐めた・・・

 

ユキ「はんっ!はんんんん!!」

 

明らかに反応が変わったユキ・・・力が抜けている。

もうちょっと・・・

 

その瞬間、わずかに私の股間とユキの口の間にスペースができた。

 

―ユキは私のあそこに舌を入れた―

 

マキ「はあああああああん!!!!はああああああああ!!!!」

 

あああああああああ!!!!

でも、もうちょっと・・・もうちょっと・・・・・・

もうすぐ、ユキは落ちる・・・・・・

 

私は舌を入れられたまま、絞めつけた

変な気分・・・でも、あと少し・・・・・・

 

マキ「んん!!んんんん!!早く落ちなさいってええええええ!!!!」

 

ユキ「んむむむ!!むふんんんんんん!!!」

はぁん!!だめえええええ!!!!もう、あんなところに舌が・・・舌が入ってる・・・

はぁ~~~~ん!これで負けたら、もっともっと攻められちゃう・・・

はぁはぁ・・・負けるわけには・・・・・・

でも・・・・・・でも・・・・・・・・・

だめ、もうだめえええええええええええ!!!!!!!!!

 

放送「無人島バトルロイヤル。ユキ選手が脱落しました。」

 

マキ「はぁはぁはぁあぁ・・・」

 

その瞬間、私はユキから離れた。勝った・・・

危ないところだったけど、勝った!!!

気を失ってひっくり返っているユキ・・・

腕輪を奪い取る・・・私は三つ巴の戦いを制し、腕輪を奪い取ったのだ!

 

白目をむいたユキ・・・

こんなに股間をむさぼり合った相手は初めてだった。

私はこんな戦い方もできる・・・強くなってる・・・

 

それに・・・

 

やっぱり、他の女を潰すのって・・・・・・楽しい・・・・・・


 



    web拍手 by FC2
  1. 2010/06/28(月) 00:02:51|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週は。

今週は結構時間があるんで、

小説のほうは、まあまあ進むんじゃないかと思います。

また、見たいファイトでもあれば、アドバイスお願いします。
やっぱり僕一人の頭では、別の作品であったシーンや台詞を何回も使ってしまいますね。

というわけで、もしよかったらお願いします。

    web拍手 by FC2
  1. 2010/06/27(日) 17:09:03|
  2.   お知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

泥だらけの決闘

マキ「ううう・・・」

 

ユキ「あ・・・ああ・・・」

 

もう・・・頭が回らない・・・わかるのは、今倒さないと一気にやられるっていうことだけ

それはユキも知っていたのか、私たちはゆっくりと起き上がり、フラフラと近づいた。

 

ユキは私の髪を掴んできた。

しかし私は、ユキの胸を掴む。

一瞬ひるんだユキ・・・

私はユキの腹に、膝を入れた。

 

ユキ「うええ・・・」

 

崩れるユキ。

私は胸から手を離した。

勝った・・・・・・

 

しかしユキは途中で踏ん張った。

そして、低い体勢から私の股間にアッパーパンチを放った。

 

マキ「かはああああ!」

 

あがああああ!!!

ぐしゃあ

泥に倒れこむ私・・・

今日は・・・秘部に攻撃されすぎ・・・・・・だめえ・・・・・・

その痛がり方を見たユキはさらに攻撃してきた

 

ユキ「はぁはぁはぁはぁ・・・」

 

私の股をこじ開け、鋭いパンチを何度も入れてくる・・・

 

マキ「はあああああああああああん!!!やめてええええええええ!!!!」

 

もう・・・おかしくなっちゃうって・・・・・・

 

ユキ「このぉ・・・・・・このぉ・・・・・・」

 

パンチを止めない、ユキ

 

マキ「だめだってえぇぇぇぇ・・・・・・」

 

私は股間に打ち込まれるユキのパンチを受け止めた。

しっかり手首を掴んで離さない。

 

マキ「はぁはぁはぁはぁ・・・ふんんん!!」

 

私はユキの体を引き寄せ、さらに巴投げの感じで足の上にユキを乗せ投げ飛ばした

ぐじゃああ

ユキも泥の上に仰向けで叩きつけられた・・・

 

マキ「はぁはぁはぁはぁ・・・だめえ・・・・・・」

 

もう・・・これ以上股間をやられたら・・・・・・

変になっちゃうぅぅぅぅぅ・・・

 

ユキ「はぁはぁはぁ・・・はぁはぁはぁ・・・んぶぐうううううううう!!!」

 

私はユキの方に這っていき、股間をユキの口に押し付けた・・・

69の形になった。

 

マキ「もう・・・・・・攻めないでぇ・・・・・・」

 

ユキ「んむうううううううう・・・・・・ぐうううううう!!!」

 

相手の体に秘部を擦り付けて、攻撃させない作戦・・・

ユキの頭はしっかり股で挟んでいて、抜け出せないはず・・・

そして、このまま落ちろ!!!

    web拍手 by FC2
  1. 2010/06/27(日) 12:39:45|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ぶつかり合い

私たちも相当な疲労だった・・・

お互いに走れない。しかも地面はぐちゃぐちゃの泥。この追いかけっこは長くは続かなかった。

ユキは奪った腕輪を自分の腕につけ、私に振り返った。

逃げるのはもうやめ・・・・・・ってことか・・・

私たちは何も言わずに、向かい合った。そして両手を組み合って、相手を放さない・・・

両手を組み合った後の、髪のつかみ合い。

私たちはお互いの髪を引っ張って、相手を泥に引き込みあった・・・
しかし足場の悪いこの戦場、相手を崩しても自分まで崩れざるを得ない

私たちはほぼ同時に倒れこんだ。

どろどろの地面。体が凄く重い。今の疲労が一層それを感じさせる

ユキは私の髪を掴み、泥に押し込んできた・・・
苦しい・・・悔しい・・・・・・
負けずに顔を上げて、ユキの後ろに回る・・・・・・

そして、ユキの首を締め上げた。

しかし、苦しくなる前にユキは肘で私の横腹に突きを入れてきた・・・
くっそお!!だめ、我慢できない・・・・・・

首から手を放した・・・でも・・・・・・

ぎゅううううううううう!!!!!!!!

私はユキの胸を掴んで、そして立ち上がった。
ユキから叫び声が放たれる・・・
立ち上がる勢いで、胸を引きちぎるつもりで潰してやった・・・かなり痛いはず・・・・・・
そのまま、ぎゅっとユキの腰に手を回した。

そして・・・・・・

ジャーマンスープレックスに移った!!
思いっきり踏ん張って、ユキの頭を地面に叩きつけるつもりだった・・・
しかし、足場の悪さと、ユキの抵抗があってバランスが崩れた・・・

私たちの体は宙を舞い・・・

ズドン!!

私たち二人の頭が同時に泥に激突した・・・

ばったりと倒れる私とユキ。

その結末は?

続く


    web拍手 by FC2
  1. 2010/06/25(金) 12:04:48|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

三つ巴 2

マキ「ぐううううううう・・・・・・お腹が・・・・・・!!!」

私はお腹を押さえて、仰向けに倒れこんだ。
泥だらけになって、のた打ち回る。

そこへ・・・・・・

ぐっ!

マキ「はああああああああああああん!!!!」

あの女が起き上がり、私の股間を踏みつけてきた。

女「よくもやったわね、この!!!」

はううううううううう!!!

さらに踵で、股間をぐりぐりねじる。

マキ「あああああんっ!!!やめてぇ・・・・・」

女「私の顔にこんなものを・・・許さない!!」

ぐりぐりぐりぐり・・・・・・

くうう・・・泥の中で戦うって、こんなに疲れるものなの??
力が・・・でないよ・・・・・・

そんな中私は、踏みつけてくる足を掴み、捻った。

女「あああああああああああ!!!何すんのよ!!!」

今度は胸を直接踏まれた・・・

マキ「ぎゃああああああああああ!!!!」

体が沈んで・・・起き上がれない・・・・・・何とかしなきゃ・・・・・・

ガシッ!

女「やっ!!」

マキ「???」

見てみると、ユキがこの女の後ろから近づき、首に腕を回していた。
そのまま、ユキは後ろに体重をかけ、自らの体と一緒に倒れこんだ。

女「があ!!」

ぐぐぐぐぐぐぐ・・・・・・首を絞めて離さない。

ユキ「仕返しよ・・・・・・・・・」

女「はぁはぁはぁ・・・はぁはぁはぁはぁはぁ・・・・・・」

必死に引き剥がそうとするが、ユキも意地でも離さない。

しかし・・・・・・

ユキ「ひやぁ!!!」

あの女はユキの腕をはがすことをあきらめ、股間に狙いを変えてきた。
手を伸ばして、ユキの股間を思いっきり握った!

ユキ「はぁはぁはぁ・・・ああん!!!そこは・・・・・・」

女「はなせぇ・・・・・・はぁはぁはぁ・・・・・・」

マキ「人のばっかり潰しておいて、それは無いんじゃない?」

私はこの女の、両足を掴み股を開いた。

上半身はユキが締め付けているから動かない。

女「・・・・・・何を!?」

私は右足を彼女の股間に当て、ぶるぶると振動させた。
電気アンマを喰らえ!!!

女「んあああああああああ!!!!あ!!ああああああ!!!!あああああああああ!!!!!」

それを見たユキも、彼女の首を絞める・・・

女「はぁはぁはぁ!!!!があはぁはぁ!!!!うええええええ!!!!」

私の電気アンマとユキのスリーパーが同時に決まる・・・

マキ「喰らええええええええ!!!!!」

ユキ「落ちろおおおおおおお!!!!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放送「無人島バトルロイヤル。アヤネ選手が脱落しました。」

そうして、三つ巴の戦いの一人が消えた

その放送と同時に私もユキもアヤネと呼ばれた選手への攻撃をやめた。
彼女はもう失神している。
その間に攻撃してはいけないルールになっている

!!そういえば腕輪は・・・・・・・・・

するとその瞬間、ユキは腕輪を持って動き出していた!

しまった・・・いつの間にか腕輪を外していたんだ!!
私は、すぐに追いかけた・・・





    web拍手 by FC2
  1. 2010/06/25(金) 01:26:29|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

三つ巴

ユキ「あぐぐぐぐぐぐぐ・・・・・・」

ユキはあの女のふとももで首を絞められている・・・必死にふとももを外そうとするも、抜け出せないでいる

マキ「ぐっ!」

さっきユキにお腹を殴られた。それがまだ痛い。

でもあの女は攻撃に専念している。今がチャンスだ・・・・・・
あの女の顔に・・・・・・

女「落ちろぉ・・・・・・」

ゆっくり近づき、そして

マキ「あんたも落ちるのよ・・・・・・」

ドスッ!!

女「きゃああああ!!!!」

フェイスシッティング!!今まで何度も使ってきた技よ!これでこの女は倒してやる・・・

あそこが口に当たるように腰をスライドさせ、体重を全てこの女の顔に乗せた。

女「は・・・・・・はが・・・・・・・・!!!」

マキ「このぉ!!」

この女は私のお尻を持ち上げてきた・・・意外に力がある。その力に負けず私はお尻を突き出すようにして、この女の顔を潰しに行く・・・

女「負けてたまるか・・・・・・」

マキ「私だって・・・・・・・・・」

体重をかけているだけの私は当然優勢だった・・・

しかしそうも行かなかった。

この女は、いつの間にかユキ首からふとももを外し、両足を自由にしていた。
その足を勢いよく、私の方に突き出してきた!

マキ「んあああああああ!!!」

またしてもお腹に蹴りが突き刺さった・・・激しい痛みが再び襲う・・・

マキ「んあああああああ!!!ああ・・・・・・ああ・・・・・・」








    web拍手 by FC2
  1. 2010/06/24(木) 22:46:21|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

久しぶりに続き・・・

申し訳ありませんでした。

本当に。

先月から忙しい日々が続いて、全然更新できませんでした。

そんな中皆さんからコメントがあって、それでも見てくれているんだから頑張らないいけないなと思いました。

しばらく放置してすみません。

今日からまた少しづつ更新できたらと思います。

よろしくお願いします。

    web拍手 by FC2
  1. 2010/06/24(木) 21:49:19|
  2.   お知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |