さくらのキャットファイト小説

マイナーなフェチであるキャットファイト(女同士の喧嘩)の小説を投稿していくブログです! 意見・感想なんでも言ってください!

・・・・・・・・・。

腕輪が無い

私が最後だっていうの?
周りを見渡す・・・ 誰もいない・・・

まずい・・・

私はすぐに走り出した。まだお昼過ぎたくらいだっていうのに、もうみんな動き出したっていうの?
昨日過ごしてみて、みんなそんなに他の選手にぶつかることはないと考えたのだろう。
それで早めに行動したのかもしれない

そんなことを考えながらたくさん走った・・・

いない・・・

だれもいない。
森の中を走りぬけ、海岸・沼も走った
くうううううううううう・・・

見つからない

いったいどうすれば・・・・・・

???「ああああああああああああああああああああ!!!」

悩んでいたその時、女の叫び声が響き渡った。

!!!

島の中央の方向からだった。 私はすぐにそこを目指して走った。人がいるって事は、腕輪もあるはず。
絶対に奪い取ってやる!

その場所を見つけるまで、なかなか時間がかかった。
その理由は対象の人物がほとんど動いていなかったからだ。



【 続きを読む 】
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
  1. 2010/05/04(火) 01:00:04|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

次なる・・・・・・

何とかアイカとの戦いに勝った

フェイスシットで潰した後、アイカの脱落が告げられた。
その後、どこからともなく係りの人が現れぐったりとしたアイカを抱えて帰っていった。
いい気味だわ

とりあえず、私が1人倒したから残る参加者は9人。

これからどうなるのだろう?

私は重たい足を引きずって、自分のテントの場所まで帰ってきた。
その道中誰も会うことは無かった。
それについてはよかった・・・
今の状態で戦ったら絶対に勝てない

テントに置いてある食料を食べて、私はすぐに寝た。
あっという間に寝ついて、夜が明けた・・・・・・

朝目覚めたら放送があった・・・

放送「無人島バトルロイヤル。サツキさんが脱落しました」

どうやら、昨日腕輪を取ることができなかったようだ。
ということは残り8人。
私も周囲を警戒しながらテントを出た
あくまで今のところだけれど、誰もいない

そのまま昨日と同じように島の中心、腕輪の場所まで歩いていった
これもまた昨日と同じで誰にも会うことはなかった

腕輪の置いてある箱に向かう・・・

ただしその箱に腕輪は入っていなかった。

    web拍手 by FC2
  1. 2010/05/03(月) 12:24:08|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エロバトル!!!

マキ「があああああああああああああ!!!」

動けない・・・体が押さえ込まれてる・・・

アイカ「早く・・・・・・落ちちゃえ・・・・・・」

どすっ!どすっ!!

痛い~~~~~~!

マキ「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」

・・・・・・・・・

もう・・・負けるわけには・・・いかないのに・・・

アイカ「ほらほら・・・・・・あんたの負けよ!!」

こんな女に・・・・・・

アイカ「落ちろぉぉぉぉぉ!!」

痛めつけられるなんて・・・・・・

マキ「このおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」

どすっ!

アイカ「ぎゃああああああああああああ!!!!」

股間が無防備なのは私だけじゃない・・・やられたように私もひざを入れ返した。

素の力なら私のほうが上・・・一発一発に重みを乗せて蹴りまくる。

アイカ「あああ!!ああああああああああ!!」




【 続きを読む 】
    web拍手 by FC2
  1. 2010/05/02(日) 22:15:10|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エロバトル!!

羽交い絞めされていた腕を振りほどき、

私は体を反転させ、密着させたままアイカの体を抱きしめた

アイカ「いやああああああ・・・・・・・・・」

私たちの胸が密着したまま、抱きしめたのでお互いの胸が戦う・・・
胸と胸が主張し合って、潰そうそうとする

胸を圧迫されるというのは、苦しい・・・
潰されれば潰されるほど苦しみは増す・・・

マキ「落ちちゃえぇぇぇ・・・・・・・・・」

アイカ「うえぇぇぇぇぇぇぇ・・・」

下になっていて苦しいのか、アイカは私の髪の毛を引っ張ってきた。
痛いいいいいいいいい!!

マキ「ひぎいいいいいいいいい!!!」

アイカ「んおおおおおおおおおおおお・・・・・・」

私もアイカの髪を引っ張って、反撃する。やられたらやり返す・・・相手にも同じ痛みを味合わせてやるんだから!

マキ「ほら・・・あんたの胸、潰れっぱなしよ・・・私の巨乳に勝とうなんて・・・不可能よ・・・」

アイカ「何よ・・・調子にのってるんじゃ・・・ないわよ・・・私のは形がいいのよ・・・・・・」

マキ「ふん・・・・・・負け犬ね・・・・・・」

アイカ「うるさいわね・・・・・・あんたの胸の弱点なんか・・・・・・わかってんのよ・・・・・・」

マキ「ひゃああああああ!!」

【 続きを読む 】
    web拍手 by FC2
  1. 2010/05/02(日) 09:39:48|
  2.   マキのキャットファイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

| ホーム |